広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

医療機器市場、プライバシーとセキュリティが市場の主な阻害要因

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医療機器市場:デバイスタイプ別、機能別、耐久性別、治療セグメント別、リスク分類別、製造方法別、配信/収集別、運用支援モデル別、接続性別、地域別 (2022年~2027年)」(Mind Commerce)の販売を2022年3月23日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/min1051496-medical-device-market-by-device-type-function.html





予防医療、診断、緊急医療に重点を置いてきたコネクテッドメディカルデバイス市場は、一般的な健康・福祉分野とのクロスオーバーがますます進んでいます。

特に、スポーツやフィットネスのカテゴリーで使用されるウェアラブルデバイスは不整脈などの早期発見のための器具を兼ねている場合があります。不整脈は、より深刻な問題の発生を示唆する可能性があるため重要です。
コネクテッドメディカルデバイスは、マイクロエレクトロニクスやディスプレイの進化、医療機器市場の急成長に加え、ICT全般の著しい向上により、一般的になってきています。コネクテッドメディカルデバイスの定義は、遠隔医療シナリオのように、遠隔で情報を伝達したり、制御したりすることができるものです。

接続は、ゲートウェイ装置(ルーターなど)を介した長距離通信を伴うローカル(WiFi、Bluetooth、またはいくつかの独自のローカルまたはパーソナルエリア無線経由)、またはLTEや5Gなどのセルラー技術によるワイドエリアネットワーク(WAN)に直接接続することができます。

医療機器市場の導入に関して、利用を阻害するいくつかの重要な要因の最たるものが、エンドユーザーと企業レベルの両方におけるセキュリティ/プライバシーに対する懸念です。特に、マルウェアやハッキングの危険にさらされる可能性のある接続型医療機器では、その傾向が顕著です。

セキュリティの面では、医療機器のソフトウェアやオペレーティングシステムへの不要なアクセスにより、機器が機能しなくなったり、権限のないユーザーのコントロール下に置かれたりする可能性があります。プライバシーの問題では、コネクテッドメディカルデバイス市場では、機器が有線・無線接続を介して機器の状態、測定値、患者の状態を通信するため、顧客の機密データが継続的に生成されます。

医療機器市場のサプライチェーンでは、従来の製品とサービスとしての医療機器のそれぞれについて、配送のための保管と使用の両方の観点から、効率的な機器の追跡が必要とされています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/min1051496-medical-device-market-by-device-type-function.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)