広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

光学イメージングシステムの市場規模、2030年に46億5,000万米ドル到達予想

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「光学イメージングシステムの市場動向・市場シェア・市場規模の予測 (2022-2030年):技術・製品・用途・エンドユーザー・治療領域・地域別」(Grand View Research, Inc.)の販売を3月23日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/grvi1062896-optical-imaging-systems-market-size-share-trends.html




光学イメージングシステムの市場規模は、2022年からCAGR12.9%で成長し、2030年には46億5,000万米ドルに達すると予想されています。技術の進歩と眼科疾患の有病率の上昇が、市場の成長を後押しすると予測されています。バイオ医薬品や製薬分野の前臨床および臨床研究において、診断や治療を目的とした光学イメージングシステムの採用が増加していることが、今後数年間、さらに市場を牽引すると予測されています。

COVID-19パンデミックの前半に、同市場は売上高の減少を観察しました。政府によって課された制限やガイドラインによって、診断や治療目的での光学イメージングシステムの使用が制限され、市場の成長にマイナスの影響が及びました。しかし、経済の発展、ワクチンの導入、さまざまな用途での光学イメージングシステムの利用が増加していることから、2022年から2030年の間、市場は安定した成長を遂げ、大きな利益が得られると期待されています。

パンデミック時には、感染者の治療という医療の優先順位の変化により、市場成長はマイナスの影響を受けました。また、世界各地で規制や閉鎖が行われたため、ウイルスの蔓延を防ぐために研究開発活動が停止しました。その後、ワクチンの導入や経済が正常化したことにより、市場は回復に向かい、今後の成長が予測されています。

光学イメージングシステム市場のハイライト

技術別に、血管内画像診断分野での採用が進んでいることから、2021年は光コヒーレンス・トモグラフィ分野が市場を独占しました。

製品別に、その幅広い応用により、眼科分野が2021年の市場を支配しました。また、臨床研究や医療診断での採用が進んでいることも同分野の成長につながっています。

用途別に、2021年は病理学分野が最大の収益シェアを占めました。これは、座りっぱなしのライフスタイルの急増により、慢性疾患の有病率が上昇したことに起因しています。

エンドユーズ別に、研究開発での利用が増加していることから、研究所分野が2021年の市場を独占しました。

治療別に、がん研究などの早期発見のための採用が増加していることから、がん分野が2021年の市場を独占しました。
地域別に、熟練した専門家の利用可能性、研究開発活動に対する政府の注力度の増加、技術的に高度な製品の迅速な採用により、北米が2021年の売上シェアを占めました。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1062896-optical-imaging-systems-market-size-share-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)