広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

創傷治療の市場規模、2030年に295億7,000万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「創傷治療の市場動向・市場シェア・市場規模の予測 (2022-2030年):製品 (外科的・従来型)・用途 (慢性・急性創傷)・エンドユーザー (病院・クリニック)・アクティブ創傷治療別」(Grand View Research, Inc.)の販売を3月23日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/grvi1062886-wound-care-market-size-share-trends-analysis-by.html




創傷治療の市場規模は、2022年からCAGR 4.12%で成長し、2030年には295億7,000万米ドルに達すると予測されています。手術症例の増加、人口の急速な高齢化、糖尿病患者の増加などが、市場成長を促進する主な要因となっています。例えば、エイジング・アジアによると、2019年にインドでは1億3,900万人以上、すなわち全人口の約10%が60歳以上となり、2050年には全人口の19.5%に達すると予想されています。高齢者は傷害を受けやすいため、老年人口の増加が市場成長を促進すると予想されます。肥満は、糖尿病や心血管疾患(CVD)など他の病気や合併症を引き起こす、主要な健康上の懸念事項です。

WHOによると、2016年には、19億人以上の成人が太り過ぎと診断され、そのうち約6億5千万人が肥満であり、さらに毎年約280万人が肥満を原因として死亡しています。このような事例は、減量手術や関連手術の需要を増加させ、同市場の成長を促進すると予想されます。さらに、COVID-19ワクチンの導入や監禁令の解除により、今後数年間で市場は急成長を遂げ、延期されていた多くの選択的手術が実施されることが予想されます。また、多くの大手メーカーが新製品を投入しており、創傷ケア製品の需要増につながる事が予想されます。

創傷ケア市場ハイライト

高度創傷被覆材製品分野が、糖尿病性褥瘡患者の増加により、2021年の最大収益シェアを占めました。

アクティブ創傷ケア別に、生体材料分野が市場を支配し、高いCAGRで拡大する事が予想されます。これは、世界的な火傷患者の増加と急速な技術進歩によるものです。

用途別に、慢性創傷分野が、外傷の増加に伴い、高いCAGRを記録すると思われます。

最終用途別に、病院分野が、患者の手術感染の多さから2021年の市場を支配しました。一方、在宅医療分野は、最高のCAGRを記録すると予想されています。
2021年の地域別市場は、手術件数の増加や技術の進歩により、北米が圧倒的なシェアを獲得しました。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1062886-wound-care-market-size-share-trends-analysis-by.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)