広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

臨床アラーム管理市場、医療従事者による安全の重要性に対する意識の高まりが牽引

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「臨床アラーム管理の世界市場(2021年~2028年)」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月24日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1064586-global-clinical-alarm-management-market.html




臨床アラーム管理は、個人情報や健康情報などの隔離されたデータを扱う際に、高いセキュリティとプライバシーを提供します。
臨床アラームは、患者の健康を正確かつ精密に維持するために、長期介護施設や病院などで広く採用されています。市場の拡大は、健康ツールやビッグデータの重要性と利用の高まりに後押しされる見通しです。これらのアラートの利用が増えれば、医療費が下がり、医療ミスの危険性も減るため、臨床アラームに対する業界のニーズが高まります。

市場力学
臨床アラーム管理は、医療従事者の患者安全の重要性に対する意識の高まり、政府の医療技術投資の増加、アラーム疲労の増加、バイオデータおよびmHealthツールの注目度と利用の増加により、予測期間中に成長すると予想されています。

電子カルテの利用拡大、慢性疾患患者の増加、アラーム疲労の増加、人口の高齢化などの要因が、臨床アラーム管理市場の成長を加速させる可能性があります。さらに、2022年から2029年の予測期間においては、誤警報の減少や製品技術の革新により、市場全体の成長は抑制されると予想されます。患者の安全性を向上させるための医療従事者の意識の高まりや、ビッグデータおよびmHealthソリューションの利用拡大などの要因が、予測期間を通じて臨床アラーム管理市場の成長を悪化させるでしょう。

mHealthやアラート管理システムなどの高度な技術を使用して患者の安全性を高めることに対する医療従事者の意識の高まりは、入院期間の長期化と対になる慢性疾患の有病率の上昇に起因しています。また、政府や民間の医療機関が医療インフラへの投資を拡大することで、同産業は成長すると予測されています。十分に管理・標準化されていないシステムでは、誤った警告が発せられ、患者の健康が危険にさらされる可能性があります。経済協力開発機構(OECD)の「Health at a Glance 2019」レポートによると、OECD27カ国の15歳以上の人の約3分の1が、がん、心臓発作や脳卒中、慢性呼吸器疾患、糖尿病など2つ以上の慢性疾患を抱えて生活していると報告されています。ドイツとフィンランドでは、ほぼ2人に1人が慢性疾患に罹患しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1064586-global-clinical-alarm-management-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)