医療・医薬・福祉 美容・健康

「murak 抗体」コロナの感染阻害効果を第三者機関にて確認! 原料供給を開始、いよいよ製品化へ

DDサプライ株式会社

DD サプライ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:小谷一)は、東京理科大学名誉教授である村上康文博士が設立した抗体医薬ベンチャー、株式会社オーダーメードメディカルリサーチ(OMR)とともに開発した「murak 抗体(ムラック抗体)」の 1 種、「IgY 抗体(*1)」の原料供給を開始いたします。原料供給にともない、本抗体を使用したマウスケアスプレーが、パートナー企業の ODN global 株式会社(https://odnglobal.com/)より発売予定です。
(*1)卵黄エキス(ニワトリ抗体)


当社は 2021 年 9 月、新型コロナウイルスの感染を阻害する抗体「murak 抗体」開発の発表を行い、韓国・ソウル大学システム免疫医学研究所(WRII)と共同研究を行いながら、製品化・医薬品化に向けて取り組んでまいりました。この間、感染予防の観点より開発した IgY 抗体の製造方法を改良し、第三者機関にてウイルス中和試験を実施したところ、新型コロナウイルス(デルタ株等の変異株 4 種を含む)の感染を阻害することが示されました。試験結果を受け、本抗体の量産化に着手、このたび量産化に成功し、原料供給を開始する運びとなりました。なお、オミクロン株についても OMR 社および第三者機関にて試験を行った結果、効果を確認しましたことをご報告いたします。


IgY 抗体の改良




ニワトリ抗体(IgY 抗体)が、新型コロナウイルススパイクタンパク質の ACE2 受容体への結合を阻害することを示したグラフ。抗体の製 造方法を改し、改良後の IgY 抗体(2021 年 9 月製造)は、改良以前の IgY 抗体(2021 年 3 月製造)と比較して低い濃度で高い活性阻害効果を示した(改良前抗体の約4倍(*2)。
(*2)50%阻害濃度での比較

IgY 抗体のオミクロン株に対する試験結果



※オミクロン株に対する感染の阻害効果を示したグラフ(OMR 社による試験結果)。他の変異株同様、効果が確 認された。


IgY 抗体について

IgY 抗体(*1)は、鶏卵の中に含まれる自然由来成分。新型コロナウイルスの抗原をニワトリに投与すると、新型コロナウイルスに対する IgY 抗体がニワトリの体内で作られます。この IgY 抗体の一部は、産卵された卵にも含まれるため、当社は産まれた卵から原料となる抗体を精製しています。なお、当社の IgY 抗体原料はポリクローナル抗体である為、理論上変異にも左右されにくく、実際に過去の主要な変異株 4 種(デルタ株等)、さらにオミクロン株についても感染を阻害することを確認しています。
(*1)卵黄エキス(ニワトリ抗体)


村上康文について

東京理科大学名誉教授。ソウル大学システム免疫医学研究所招聘研究員。薬学博士。 東京大学大学院薬学系研究科修了後、米国・ニューヨークのスローンケタリング記念癌研究センターにて、3 種類のウイルス(SV40, アデノウイルス、ポリオ―マウイルス)の研究に従事。ポリオ―マウイルスの試験管内 DNA 複製系世界で初めて確立。(PNAS に発表) 二種類の癌ウイルスの宿主域が DNA 複製プロセスにあることを世界で初めて証明しウイルス学の重要な課題の一つを解決(PNAS などに論文発表)。アルバートアインシュタイン医科大学(ニューヨーク)でモノクローナル抗体作製法を習得。帰国後、理化学研究所にて抗体医薬・ゲノム生物学の研究に従事した後、東京理科大学基礎工学部生物工学科教授に就任。 2021 年、新型コロナウイルスの予防・治療の双方に有効な「murak 抗体(ムラック抗体)」を開発・発表。商品化・医薬化へ着手している。


■会社概要
【社名】DDサプライ株式会社
【所在地】東京都千代田区神田猿楽町 2-8-11 VORT 水道橋III 2F
【代表者】小谷 一  
【設立】2009 年 11 月 11 日
【事業内容】研究用試薬・機器、医療用医薬品、栄養剤、医療機器、体外診断薬・機器、診断薬・医薬品原料の 輸出入、製造開発および販売
【URL】http://ddsupply.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)