広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

ポイントオブケア・迅速診断の市場規模、2027年に720億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション



ポイントオブケア(POC)・迅速診断の市場規模は、2022年の432億米ドルからCAGR10.8%で成長し、2027年には720億米ドルに達すると予測されています。ポイントオブケア市場の成長の背景には、感染症の高い流行率、政府による支援、医療機関や医療従事者の増加などがあります。また、CLIAで保護されたPOC検査が増加していることなどが要因として挙げられており、医療の分散化、製品開発への投資や資金調達の拡大が、POC市場のプレーヤーに成長機会を提供しています。一方、診療報酬の削減や予算の制約に起因する価格圧力に関する問題は、POC市場の成長を妨げることが予想されます。

COVID-19によるポイントオブケア市場への影響

COVID-19の発生により、ウィルス検出のための診断キットの需要が高まっています。しかし、多くの国では、実験室ベースの分子アッセイの不足に直面しており、多くのプレーヤーは検査の供給を増やすことに注力しています。

COVID-19を迅速に診断できるPOC検査の利用が増加していることから、同市場は2022年に大きな成長を遂げると思われます。迅速な診断へのニーズにより、ポイントオブケア検査は重要な診断ツールとなっています。COVID-19の症例数が急速に増加し、患者管理の改善に対する政府の圧力が高まっているため、ポイントオブケア環境で使用できる迅速抗原検査キットの需要が高まっています。また、呼吸器疾患の世界的な流行、分散型診断へのシフト、オンラインプラットフォームによるポイントオブケア機器へのアクセス向上なども、ポイントオブケア診断市場の長期的な成長を促進する要因となっています。

牽引要因:感染症の高い普及率

POC検査は、タイムリーな医療へのアクセスが難しく、医療インフラが古くまばらな発展途上国において、感染症の管理を大幅に改善することができます。UNAIDSによると、2018年、東・南アフリカのHIV感染者は約2,060万人でした。2019年には、中東・北アフリカで2万人の新規HIV感染者が登録されました(出典:UNAIDS Data 2020)。アジア太平洋地域では、2019年にインドと中国を中心に、推定580万人がHIVに感染していました。UNAIDSによると、2019年、インドでは約210万人がHIVに感染しています。HIVの高い感染率は、治療を迅速に進めるため、ポイントオブケア診断薬の採用を促進しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1064489-point-care-rapid-diagnostics-market-by-product.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)