広告・マーケティング 美容・健康

ファロの市場規模、2027年に3億3,020万ドル規模に到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ファロの世界市場:タイプ別(ホールグレインファロ、セミパールファロとパールファロ)・性質別(従来、オーガニック)・流通チャネル別(オフライン、オンライン)・地域別展望、業界分析、および予測 (2021年~2027年)」(KBV Research)の販売を2022年3月24日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/kbv1060416-global-farro-market-by-type-whole-grain-farro-semi.html





ファロの市場規模は、2027年には3億3,020万ドルに達し、予測期間中にCAGR10.3%の市場成長率で上昇すると予測されています。
一般的に殻付き小麦として知られるファロは、地中海地方で最も古い穀物作物の1つです。Triticum monococcum(アインコーン)、Triticum dicoccon(エマー)、Triticum speltaの3種のみが、栽培されている外皮付き小麦の種です。ファロは、有機栽培と慣行栽培の両方で栽培されています。

消費者の間で、ヘルシーで便利な食べ物の人気が高まり、主食用穀物の需要が高まっています。健康、環境、倫理的な理由から、消費者は有機栽培された健康的な穀物を好むようになっており、これがファロ市場を前進させる原動力となっています。その結果、植物由来のオン・ザ・ゴー(外出先での食事)の消費が急増しています。
さらに、消費者の間で食品のトレーサビリティが著しく向上しており、自分が何を食べているのか、それがどこから来たのかをより気にするようになっています。消費者は食事に多様性と独創性を求めます。その結果、消費者は新製品を試し、植物由来の食品を食生活に取り入れており、市場の成長を促進することになると推測されています。

ここ数年、消費者の行動や食事形態は変化しています。インターネットアクセスの改善、バランスの取れた食品消費への理解の向上、肥満レベルに対する懸念の高まり、技術的側面の変化、食品生産などの原因が食生活の変化を促進しています。
日頃から食事に気を配り、予防策を講じている潜在的な消費者が多いため、全粒粉と高繊維質の食品は人気を集めている2つの健康的な食品の選択肢となっています。ホールグレイン・ファーロ食品は、種やナッツなどの全粒穀物を最終製品に調理したものです。

市場の成長要因
ヴィーガン人口の増加
ヴィーガン食の普及により、消費者の植物性食品への嗜好が拡大しています。それに伴い、動物愛護への意識が高まり、消費者は動物由来の製品を避け、全粒粉ファロなど、より健康的な植物由来の代替品を好むようになってきています。動物虐待に対する人々の懸念の高まりは、動物性食品を使わない食生活の導入を促し、様々な植物由来の栄養価の高い食品の需要に寄与しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/kbv1060416-global-farro-market-by-type-whole-grain-farro-semi.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)