医療・医薬・福祉 その他

アプリ版「肺高血圧症診療ガイドライン2022」が完成、日本肺高血圧肺循環学会へ導入

株式会社Smart119
千葉大学発医療スタートアップ企業である株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、日本肺高血圧肺循環学会(JPCPHS)より委託を受けた「肺高血圧症診療ガイドライン」のアプリ版(以下、本システム)の開発を完了、2022 年3 月25 日より運用を開始することを発表します。


新たに開発されたのは、Minds 認証の「厚労科研 難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究班 肺高血圧症診療ガイドライン(提供元:日本肺高血圧・肺循環学会理事長、診療ガイドライン統括委員 巽浩一郎/千葉大学)」から主要部分を抜粋したアプリ版でApple iOS およびAndroid 端末に対応しています。





肺高血圧症(PAH)とは、心臓から肺に血液を送るための血管である"肺動脈"の血圧(肺動脈圧)が異常に高くなることで、心臓と肺の機能障害をもたらす予後不良な進行性の疾患群として、難治性呼吸器疾患(指定難病)と定められています。難解な診療プロセスにおいて、本システムの導入によりスマートフォンやタブレット端末を通じた閲覧が可能となり、クリニカルクエスチョン(CQ)を素早くチェックすることで正しい診断に導く効果が期待されます。

「安心できる未来医療を創造する」を経営理念に掲げる株式会社Smart119 は、救急医療を中心に、ICT による医療の発展を通じて幅広く日本の医療に貢献することを目指しており、昨年には「日本版敗血症診療ガイドライン J-SSCG2020」アプリ版を開発するなど、診療現場で役立つシステムを創出することに力を入れています。

■「肺高血圧症診療ガイドライン2022」アプリ版ダウンロードリンク
AppStore:https://apps.apple.com/us/app/%E8%82%BA%E9%AB%98%E8%A1%80%E5%9C%A7%E7%97%87%E8%A8%BA%E7%99%82%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B32022/id1612586273
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=biz.smart119.jpcphs


<株式会社Smart119 について>
株式会社Smart119 は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発スタートアップ」です。
『今の「119 」を変える』ため、音声認識と AI を活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市において、日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を実施。
緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時をはじめ、医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用を行なっています。Smart119 は「安心できる未来医療を創造する」を目指します。
※画像など当コンテンツを報道にて引用頂く場合は、「(株)Smart119 提供」と記載ください。また、その際はpress@smart119.biz までご一報いただけますと幸いです。



【株式会社Smart119 概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1 千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容: 音声認識とAI を活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)