医療・医薬・福祉 住宅・建築・建設

福岡地所株式会社との地域創生を目的とした業務資本提携について

株式会社サイフューズ
株式会社サイフューズ(本社:東京都文京区、代表取締役:秋枝静香、以下「サイフューズ」)は、福岡地所株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:榎本一郎、以下「福岡地所」)との間で、再生・細胞医療分野及び教育分野等における事業活動を通じた地域創生を実現することを目的とした業務資本提携をいたしました。


福岡地所は「福岡」を中心として、オフィスビル・商業施設・マンション・ホテル・物流施設等の企画開発など幅広い事業を総合的に展開する九州随一の不動産ディベロッパーです。
2021年9月には、福岡県福岡市が主導する再開発プロジェクト「天神ビッグバン」による規制緩和第一号の「天神ビジネスセンター」(https://tenjinbc.jp/)を竣工するなど、地域に根ざした独自の取り組みを通じた都市開発を進めております。

詳細は、福岡地所のプレスリリース(https://fukuokajisho.com/)からご覧いただけます。

サイフューズは、成長拡大市場である再生・細胞医療分野において、独自の基盤技術を活用し、細胞のみから作製した立体的な組織・臓器を難病に苦しむ患者さまや先端医療の現場へお届けし、未来社会の次世代「医療」に貢献することを目指し、革新的な再生医療等製品を新たな治療法の選択肢として実用化するための研究発を進めております。

サイフューズでは、今回の業務資本提携と自社研究開発拠点(サイフューズ九州ラボ)の天神ビジネスセンターへの移転を機に、自社の製品開発を促進するとともに、大企業とスタートアップが協業して共に成長していく新たなエコシステムの実現へ向けた取り組みを進めてまいります。
また、福岡地所及びサイフューズ両社は、今回の業務資本提携を通じて、九州・福岡地区を拠点とするバイオメディカルコミュニティ構想の実現へ向け、ライフサイエンス・ヘルスケア分野における様々な研究開発や技術開発を行う企業が集積したコミュニティの構築を目指し協業を進め、共に地域創生に貢献してまいります。

サイフューズでは、今後も様々な企業の皆様とのパートナーシップのもと、企業や研究機関と地域行政のエコシステムとの連携に基づく共同体を構築し、次世代につながる研究開発や製品開発に取り組むとともに、医療及び教育分野における様々な活動を通じて、未来社会に新たな価値を提供することを目指してまいります。

【会社説明】
サイフューズは、人工足場材料を使用せず細胞のみで立体的な組織を作製する独自の基盤技術(バイオ3Dプリンティング)を搭載したバイオ3Dプリンタ「Regenova(R)(製品名:レジェノバ)」及び「S-PIKE(R)(R)(製品名:スパイク)」を開発・販売するとともに、この基盤技術を活用した3D細胞製品の各種受託を行っております。サイフューズの事業・基盤技術・3D細胞製品開発、バイオ3Dプリンタ等については、当社動画サイト「CYCHANNEL」(サイチャンネルhttps://www.cyfusebio.com/cychannel)をご覧ください。

また、サイフューズでは、「未来に触れよう」をキーワードに、学生や社会人向けに、サイエンス、バイオ、テクノロジーなどの理系の世界に興味を持っていただくこと、研究者・技術者やベンチャー企業といったユニークな職業・会社を知っていただくことなどを目的とした教育プログラム「CyCamp」(サイキャンプ)を実施しています。本活動についてご興味ございましたら、下記より、お問い合わせください。



【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社サイフューズ 経営管理部
所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷2-27-1
Tel:03-4455-7872 Email:info.jp@cyfusebm.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)