医療・医薬・福祉

日本ストライカー、K2M社事業を統合 脊椎疾患治療製品の増強で領域リーダーを目指す

日本ストライカー株式会社
医療機器メーカーの日本ストライカー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:佐伯 広幸、以下日本ストライカー)は、日本メディカルネクスト株式会社を総代理店として株式会社サージカル・スパインが日本で販売を行っていた米K2M社の事業を移管し、2020年3月1日から同製品の販売を開始します。なお、この事業統合は、日本ストライカーの親会社である米ストライカー社が、K2M社の買収を2018年11月に完了したことを受けたものです。


K2M社は脊椎固定治療に特化したインプラントメーカーとして成長してきました。小児や若年の女性に多く見られる脊柱側弯症の治療のため、皮膚表面に影響しないよう平坦な形状を持つスクリューヘッドや、従来の円柱形からレール形に変えることで成長期においても脊椎の矯正力を維持するロッド(スクリューに装着される金属棒)など、独創的な脊椎治療製品を多く開発・提供してきました。


日本ストライカーは、多様な医療機器を取り扱っており、整形外科領域は主力分野の一つです。今回の事業統合を通じて、K2M社の製品が当社のこれまでの脊椎領域での経験や実績に加わることで、複雑な脊椎病変の治療や低侵襲の脊椎手術などの幅広い選択肢を医療現場に届けることができ、医療従事者や患者さんにより一層貢献することが可能となります。


■日本ストライカー株式会社について

整形外科、外科、脳神経外科、脳血管内科、耳鼻科、口腔外科、形成外科、泌尿器科等、様々な診療科目で使用される医療機器を取り扱うグローバル企業、ストライカーコーポレーションの日本法人です。ストライカー社は米国ミシガン州に本拠地を置き、世界100カ国以上で事業を展開しています。
当社製品は、人工膝関節や人工股関節、骨折治療や脊椎用のインプラント製品をはじめ、脳血管内治療用の製品、内視鏡、手術器械、無影灯や画像統合システム等の手術室関連製品、ベッドやストレッチャー、体外式除細動器、自動心臓マッサージシステムなどの循環器救急医療領域の製品など多岐にわたります。詳しくはwww.stryker.co.jpをご覧ください。

【製品画像】MESA(メサ)スパイナルシステム

【参考】日本ストライカーが販売するK2M社製品(2020年3月1日時点)



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)