美容・健康 ネットサービス・アプリ

運動習慣をつくる日めくりオンラインフィットネスサービス「CALENDAR」応援購入サービスMakuakeにて先行販売開始

株式会社CALENDAR
3/28(月)12:00よりMakuake限定価格でご購入いただけます。

株式会社CALENDAR(本社:東京都千代田区、代表取締役:松迫崇道)は、スマート日めくりカレンダー(Android端末)を通じて運動習慣をつくるオンラインフィットネスサービス「CALENDAR」の先行販売を、応援購入サービスMakuakeにて、本日2022年3月28日より開始いたします。




Makuake掲載先URL: https://www.makuake.com/project/calendar/



CALENDARとは

CALENDARはスマート日めくりカレンダー(10.1インチAndroid端末)を使った、習慣化にフォーカスしたオンラインフィットネスサービスです。習慣化しやすいメソッドをサービスに活用しており、育児や在宅勤務などでの運動不足に課題を感じ、日々の運動習慣をつけたい方の在宅での運動習慣づくりをサポートします。


CALENDARの3つの特長

1.習慣化しやすいメソッドを製品・アプリに導入
心理学や認知科学に基づく習慣化のコツを体系的にまとめた習慣デザインメソッドを活用し、習慣化が苦手な方でも運動習慣が定着しやすいようにサービスを設計。



2.トレーニング科学領域の著名研究者による運動プログラム監修
筋力トレーニング研究の第一人者である東京大学の石井直方名誉教授や、NHKのみんなで筋肉体操でおなじみの近畿大学の谷本道哉准教授による監修の、自宅での運動に適した科学的な筋力トレーニングやストレッチプログラムを提供。



3.ビギナーからハードレベルまでに対応した全身運動プログラムを提供
筋力トレーニングは「ビギナー・スタンダード・ハード」の3つのレベルから自分に合ったプログラムを選択できます。ストレッチは、体が硬い方から柔らかい方まで、できる範囲で行えるプログラムになっています。

筋力トレーニングの「ビギナーレベル」の1週間のプログラム構成例(週一回の休息日を含む)


サービスの構成

1.スマート日めくりカレンダー(10.1インチAndroid端末)



CALENDARでは10.1インチのAndroid端末(VASTKING Kingpad K10)と専用カバーで構成される「スマート日めくりカレンダー」を購入して、ご利用いただきます。
習慣化しやすくするためには、始める手間を極限まで減らすことが鍵になります。このスマート日めくりカレンダーを使うことで、運動するタイミングになったらワンタッチですぐに運動がスタートできます。
スマホなどで動画を見て運動をしようと思っても、手元にスマホがなかったり、メールやSNSの通知が気になって見ていたら時間がなくなった、ということがあります。
そういったことを防ぎ、確実に習慣化するために専用のスマート日めくりカレンダーをご用意しています。

2.CALENDARアプリ



スマート日めくりカレンダーで「CALENDARアプリ」を立ち上げて利用していただきます。
習慣しやすいアプリの設計になっており、毎日日替わりで運動レベルに合った運動メニューを提供。毎日3-5分ほどで完了します。


サービスの流れ

<習慣プランニング>(初期設定)
1.まずログインして、習慣化したい運動メニューを選択
2.運動レベルをビギナー・スタンダード・ハードから選択(筋力トレーニングの場合)
3.運動を実施したいタイミングを設定

※先行販売時は「筋力トレーニング・ストレッチ」の2メニューですが、有酸素運動やヨガなど、プログラムの種類は今後拡大予定です。


<日々の運動の流れ>(筋力トレーニングの場合)


1.日々決まったタイミングでスタートボタンをタッチするだけで、その日の運動メニューがスタート


2.1日1つのToday’s Menuを行うだけ(所要時間は3-5分程度)


3. 時間のある方はさらに2つのエクストラメニューを実施
(それを行うことでより広い範囲を鍛えられます。全て行っても1日10-15分程度)


監修者




筋力トレーニングプログラム監修
石井直方氏

1955年、東京都出身。東京大学理学部卒業、同大学院博士課程修了。理学博士。東京大学大学院 総合文化研究科教授を経て、現在東京大学 名誉教授。
専門は身体運動科学、筋生理学、トレーニング科学。
1981年ボディビルミスター日本優勝・世界選手権第3位、1982年ミスターアジア優勝、2001年全日本社会人マスターズ優勝など、競技者としても輝かしい実績を誇る。少ない運動量で大きな効果を得る「スロトレ」の第一人者。エクササイズと筋肉の関係から老化や健康についての明確な解説には定評があり、テレビや雑誌でも活躍中。



ストレッチプログラム監修
谷本道哉氏

大阪大学工学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。
現在、近畿大学生物理工学部 准教授。専門は筋生理学、身体運動科学。
著書は「10秒から始める!ストレッチスタートBOOK」(Gakken)、「スポーツ科学の教科書」(岩波書店)など多数。NHK「みんなで筋肉体操」「あさイチ」「所さん!大変ですよ」「ホンマでっか!?TV」、テレビ朝日「モーニングショー」などメディア出演多数。現在ではNHK「筋肉アワー」などに出演中。



トレーナー




筋力トレーニングプログラムトレーナー
岡部紗季子氏

14~21歳まで体操日本代表として様々な国際大会に出場、引退後は指導者としての道を歩み、体操やスポーツを通して得た希望や夢を様々な方に伝えたいと強く思うように。
カナダとオーストラリアにいた一流体操コーチのもと教育スタイルを学んだのちに、現在は株式会社W.O.Eを立ち上げ、スポーツを通して笑顔や感動をより多くの人に広めるべく活動。その中でも、幼年層への体操・アクロバット指導を中心にスポーツのかっこよさを表現し、伝えている。Instagramでは逆立ち女子として356回を達成。今もなお1000回を目標に日々継続中。



ストレッチプログラムトレーナー
小西夏生氏

元新体操日本代表であり、2017年ミス・ユニバース・ジャパン ファイナリスト。
中学1年生よりその技術と身体能力が評価され、千葉県のイオン新体操クラブの強化選手に選出されてから、数々の大会で活躍する。
引退後は新体操だけではなく、ミス・ユニバースの長野県代表に選出され、日本大会Best4へと輝く。
現在は新体操の指導や、新体操パフォーマーとして多方面で活躍。



コンセプト動画







応援購入サービス概要

・プラットフォーム:Makuake(マクアケ)
・目標金額 : 200,000円  ※目標金額に達しない場合でも製品を受け取れる「All in」方式で実施
・期間:2022年3月28日~5月28日
・リターン内容例:
【超超超早割】19,800円:Android端末 / 専用カバー / サービス利用券3ヶ月分(マクアケ限定41%OFF/先着20個)
【超ペア早割】39,600円:Android端末 × 2 / 専用カバー × 2 / サービス利用券3ヶ月分 × 2(マクアケ限定41%OFF/先着20セット)
・発送スケジュール:2022年7月中旬頃より順次発送
・URL:https://www.makuake.com/project/calendar/


代表者紹介





松迫崇道
株式会社CALENDAR 代表取締役 CEO / Habit Designer
千葉大学大学院工学研究科デザイン科学専攻 修了。
パナソニック株式会社デザイン本部未来創造研究所にて、主に新規事業開発やサービスデザインなどに携わる。また、研究活動「ハビットデザイン研究」にて習慣デザインメソッドを体系化。
2022年に株式会社CALENDARを設立。習慣化にフォーカスしたオンラインフィットネスサービス「CALENDAR」を展開。


<CALENDARを始める背景>
CALENDARを立ち上げるきっかけは、私自身の経験がもとになっています。
もともとジムに通っていたのですが、子育てが始まったことでジムを解約して以降、家で筋力トレーニングをしようとしても全然習慣化できませんでした。どうしてできないのだろうかと思い、習慣化に関する勉強を始めました。そこでわかったことは、習慣化にはコツがあり、そのコツを掴みさえすれば誰でも習慣化できるということでした。そこから、パナソニック在籍時に習慣化を成功させやすくする方法論の研究を始め、20の習慣デザインメソッドとして体系立ててまとめ上げました。
今はそのメソッドを活用して運動に取り組み、自宅でもしっかり習慣として定着しています。私は、私と同じように満足に運動を習慣化できずに困っているという多くの方をサポートしたいと思い、このCALENDARを起業してスタートすることを決めました。


会社概要


会社名:株式会社CALENDAR
所在地:東京都千代田区神田神保町2-3-1 岩波書店アネックス 1F
代表者:松迫崇道
設立:2022年2月

URL:https://calendar.jp/
Twitter:https://twitter.com/CALENDARJP
Instagram:https://www.instagram.com/calendar_jp/


本リリースに関する報道お問い合わせ先



株式会社CALENDAR


e-mail:info@calendar.jp



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)