医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

日産サティオ徳島が障がい福祉事業に参入 就労継続支援A型事業所「Ponte(ポンテ)」4月1日 開所

株式会社Ponte
日産サティオ徳島による障がい者就労支援会社「Ponte」、プロを目指す障がい者と労働力不足を抱える企業のかけ橋に。

株式会社Ponte(ポンテ)(徳島市佐古四番町 代表取締役社長:藤村泰之)」は、2022年4月1日より就労継続支援A型事業所※「Ponte」を開所します。同社は自動車販売の株式会社日産サティオ徳島(本社:徳島市応神町古川 代表取締役社長:藤村泰之)が障がい者の就労支援事業を行う子会社として2022年1月11日に設立されました。 ※就労継続支援A型事業所・・・障がいや難病により企業などで働くことが困難な方と雇用契約を結び、知識や能力の向上に必要な就労訓練や仕事を提供する福祉サービス。





■設立の背景 
全国の民間企業で働く障がい者数は年々増加傾向にあるなか、今もなお障がい者を取り巻く就労環境は厳しく、職業の選択肢は限定されています。一方で、人口減少と少子高齢化が加速する徳島県において、企業の働き手不足はより深刻化していくことが予測されます。日産サティオ徳島でも、2019年頃、中古車販売の現場で車の商品化作業(外装やエンジンルームを磨き、車内のシミや汚れを取り除く作業)をする人員不足に直面していました。その際、車のパーツの美装を得意とするA型事業所「アクティブ」を紹介され業務委託をしたところ、作業の効率化と事業拡大に成功。彼らの能力を実感したこの経験から、障がい者がさらに社会で活躍できる仕組みを作ろうと決意し、働きたい障がい者と働き手が必要な企業を繋ぐ新たな事業所をアクティブと共同で設立する運びとなりました。

■事業内容
Ponteでは、企業のノンコア業務を請け負い、労務管理、工程・納期管理、品質管理までの業務をトータルサポートします。業務には、1ユニット5人体制(職業指導員1人と利用者4人)で従事し、利用者の個性に合わせた業務配置や指導・補助を行います。開所時の業務は、主力事業となる中古車の商品化作業をはじめ、住宅メーカーの新築・中古住宅の美装作業等を行います。また、農業、飲食、警備、IT関係等、多業種との業務提携も視野に入れ、利用者が幅広い知識や経験を得られる環境を整備していく予定です。一般就労に必要な知識や能力が高まった利用者については、企業等への就労移行を積極的に支援し、就職後も利用者と受け入れ企業を継続的にサポートしていきます。なお、利用定員は20人で初年度に満員を目指しています。(4月1日より募集開始)

Ponteは、“全ての個性が輝く社会の実現”を目指し、障がい者の雇用創出、企業の人手不足解消の一助となれるよう努めてまいります。




【株式会社Ponteについて】
2022年1月11日、日産サティオ徳島の新規事業会社として設立。“全ての個性が輝く社会の実現”をミッションとして掲げ、障がい者の就労継続支援事業を行う。Ponteという社名はイタリア語で「橋」。働きたい障がい者と働き手が必要な企業とを繋ぐ「かけ橋」となり、相互の選択肢を増やすサポートを行っていく。本事業のプランで、徳島ニュービジネス支援賞2021大賞を受賞。

<会社概要>

会社名:株式会社Ponte
設立:2022年1月11日
事業開始:2022年4月1日
代表:藤村 泰之
所在地:徳島市佐古四番町13-8
資本金:600万円
従業員数:6名(2022年3月時点)
事業内容:就労継続支援事業
ホームページ:https://ponte-act.jp/


【日産サティオ徳島について】
1966年設立。日産自動車の販売をはじめ、中古車販売、カーライフの提案および整備・修理などの技術提供、保険代理店等の事業を行っており、現在、徳島県内に11店舗を展開している。「徳島の交通社会を安全、安心、快適にする」をミッションに掲げている。2021年、育児休暇の取得や復帰しやすい環境整備の取り組みにより徳島県知事賞受賞。経済産業省の令和3年度事業継続力強化計画(BCP)認定を取得。社員数125人。
https://ns-tokushima.nissan-dealer.jp/


【株式会社アクティブについて】
2018年設立。就労継続支援A型事業所「アクティブ」を運営している。中古自動車パーツの清掃・修理・インターネット販売業務(写真撮影・データ作成)・梱包作業をはじめ、縫製工場での衣類の梱包・アイロンがけ、ゴルフ用ロストボールの洗浄・仕分け・インターネット販売業務など、多岐にわたる生産活動を行っている。2020年5月より日産サティオ徳島との協業を開始し、Ponte設立に参画。現在、利用者を含む従業員数は29名。
https://active-shien.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)