美容・健康 企業向けシステム・通信・機器

最先端IT技術と運動塾の指導ノウハウでスイミングスクールが進化!

コナミスポーツ株式会社
~運動塾デジタルノートはお子さまの新しいチャレンジをサポートします~

コナミスポーツ株式会社(以下、弊社)は、2022年4月より運動塾スイミングスクールにて「運動塾デジタルノート」の提供を開始します。


「運動塾デジタルノート」とは、映像とAIを活用して練習効果を向上するソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が展開する「スマートスイミングレッスンシステム」と、コナミスポーツクラブインストラクターの指導技術との相乗効果により、楽しく学び続けることをサポートする新たなデジタルサービスです。
2022年4月より順次導入を開始し、2022年度末までに全国に展開する運動塾 スイミングスクール約100店舗への導入を目指してまいります。

「運動塾デジタルノート」サービス紹介はこちら
https://www.konami.com/sportsclub/undojuku/swimming/smart_swimming_lesson/
<タブレットを使用しながらのレッスン>

【コナミスポーツクラブ スイミングスクールの進化】
昨今、あらゆるもののデジタル化が進む中で、学校では1人1台タブレット端末配備に向けた取り組みがされる等、教育現場においてもオンライン化が推進されています。加えて、コロナ禍における行動様式の変化により、スクールにおいてもデジタル化・オンライン化は必須であり、今回の新サービス導入によりさらに進化したスイミングスクールを展開して参ります。

【「運動塾デジタルノート」でできること】
■動画を活用した指導(気づく・すぐ実践)
お手本動画を確認しながら具体的にアドバイスをすることができ、指導のバリエーションが増えます。また、自身の泳ぎをプールサイドのタブレット端末で振り返ることで、お子さまの理解度も上がります。

■お手本動画の配信(予習・確認)
手持ちの端末でお手本動画を見てレッスン内容の予習・確認ができます。目標が明確になることで上達への良い循環が実現でき、お子さまが自分から積極的に考えて行動するアクティブラーニングに繋げます。

■レッスン動画や進級テスト結果動画の配信(記録・記念)
レッスンを直接見ることができなくても、手持ちの端末でお子さまの成長をしっかり確認できます。また、進級テストでは水中カメラで動画を撮影し、普段確認できない動きも確認することができます。


<プールサイドのタブレット端末>
<タブレットで自分の泳ぎをチェック>


「スマートスイミングレッスン」とは(ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社HP)
https://ict.sonynetwork.co.jp/sports/swimming/member.html

※「スマートスイミングレッスン」は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の登録商標です。

「運動塾デジタルノート」は、今までの声掛けでの指導に加え、お手本や自分の動画を見る新たな“体験”をプラスすることで、お子さまに能動的な気づきを促し、成長できる場を増やしてまいりたいと考えています。
コナミスポーツ株式会社は、デジタル化が進む社会において時代の進化にあわせた高品質なサービス提供を行い、お子さまの成長をサポートしていきます。

                                                以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)