ビジネス・コンサルティング デジタル製品・家電

KDDIエボルバ、168社参加のチャリティウォーキングイベントで「参加者数1位」に ~運動不足による健康二次被害を予防するウェルネス推進で行動・意識変容にアプローチ

KDDIエボルバ
株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:若槻肇、以下KDDIエボルバ)は、ウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」の企業対抗ウォーキングイベント「1day3000ウォーキングチャレンジ第6弾(以下1day3000)」に参加し、参加企業168社6,577名の中で参加者数第1位(参加者854名、賞の対象人数5日以上達成者731名)を獲得しました。


オンライン開催の閉会式/「参加者最多企業」として表彰
「1day3000」は、株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川 礼)が運営するウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」が主催し、イベント期間中に毎日3,000歩の達成を目指すもので、企業ごとに達成した日数の平均値で競い合います。上位入賞企業に賞品が贈られるほか、第6弾の今回、3,000歩を達成した人数に応じてスポーツ用義足の普及活動をする特定非営利活動(NPO)法人「ギソクの図書館」に寄付するチャリティイベントを実施しました。

KDDIエボルバは、人との適度な距離を保ち、安全に気軽に楽しめる「ウォーキング」の「一歩」が誰かの「一歩」につながる社会貢献活動に賛同し、社員の健康増進とウェルネスの意識変容を目的に参加いたしました。

KDDIエボルバが会期後に実施したESサーベイでは、過半数が「イベント参加による健康意識が高まった」と回答、「日々の運動のきっかけになった」「階段を使う・少し遠回りをすることが自然と増えた」といった行動・意識の変容が見られ、また、アプリの使い方や歩数を話題にしたコミュニケーションの広がりを実感する声が多く寄せられました。

■株式会社ONE COMPATH 「1day3000」責任者 山岸 靖典 氏コメント
『コロナ禍で急速に普及したテレワークによって、多くの方が“通勤”という運動の機会を失いました。「1day3000」は、そんなテレワーカーに少しでも運動する機会を創出したいという想いで企画しました。
「1日1万歩」という言葉もありますが、小さくコツコツと毎日3,000歩を目指すという手軽さが、多くの方にご参加いただき、また継続いただける理由になっていると思います。
KDDIエボルバ様には他社を圧倒し非常にたくさんの方にご参加いただき感謝申し上げます。ESサーベイの結果からも、多くの方の運動のきっかけになったとのこと、とても光栄です。改めまして、1位入賞おめでとうございます!』


KDDIエボルバは、今後も、運動不足による筋力低下、肥満、生活習慣病、ウイルスから身を守る免疫力低下などの課題解決に向けたアプローチや、従業員が健康維持と仕事の両立を目指せるウェルネス推進に取組み、未来の健やかな生活を目指す健康経営を実践してまいります。


・本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

◎お問合せ先

プレスリリース(企業サイト) https://www.k-evolva.com/news/detail20220329.html
KDDIエボルバ プレスリリース一覧 https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/19180
主要センター紹介 https://www.k-evolva.com/services/place/
報道関係者さま窓口 adv@k-evolva.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)