広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

ドラッグデリバリーシステム、肺に直接働きかける経肺投与分野の市場規模は2030年に911億2,861万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「経肺ドラッグデリバリーシステム (PDDS) の世界市場の成長機会・産業予測 (2021-2030年):製品・用途 (喘息・慢性閉塞性肺疾患・嚢胞性線維症)・流通経路別」(Allied Market Research)の販売を3月28日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/amr1053812-pulmonary-drug-delivery-systems-market-by-product.html




市場の概要
経肺ドラッグデリバリーシステムの世界市場は、2020年には497億8,276万米ドル規模となりました。2021年から2030年まで、市場はCAGR6.08%で成長し、2030年には911億2,861万米ドル規模に達すると予測されています。

標的ドラッグデリバリー(Targeted Drug Delivery)とは、薬物を狙った部位に送達することです。経肺ドラッグデリバリーシステムは、薬物を下気道に誘導する標的ドラッグデリバリーシステムの一種です。吸入経路は、喘息や慢性閉塞性肺疾患の治療において、ドラッグデリバリーのためのより良い代替手段を提供します。経肺ドラッグデリバリーは即効性があり、喘息発作や急性気管支炎を素早く緩和することができます。エアロゾルは、経肺ドラッグデリバリーに使用される、特に設計されたデバイスです。

市場の動向
世界の経肺ドラッグデリバリーシステム市場は、大気汚染の増加、喘息や慢性閉塞性肺疾患などの肺疾患の有病率の上昇、病院や診断センターの数の増加、肺疾患治療のための民間および政府組織からの資金提供の急増、肺の健康に対する意識の高まりが主な要因となっています。世界保健機関(WHO)によると、10人中9人が高レベルの汚染物質を含む空気を吸っており、2018年には周囲(屋外)および家庭の大気汚染が原因で毎年700万人が死亡するという驚くべき数字が見積もられています。
また、慢性閉塞性肺疾患の有病率も増加しています。肺に炎症が起き、空気の流れが阻害される呼吸器疾患群です。WHOによると、慢性閉塞性肺疾患(COPD)は世界第3位の死因であり、2019年には323万人の死亡を引き起こしたとされています。
さらに、経肺ドラッグデリバリーシステムの開発は、市場の成長に向けて貢献すると予想されます。例えば、2018年10月、健康技術の世界的リーダーであるフィリップスは、InnoSpire Goを発売しました。これは、小型で且つ軽量で、簡単に携帯できる携帯式ネブライザーシステムで、わずか4分で薬剤を送達するように設計されています。加えて、肺疾患の管理・治療に対する個人の意識の高まりや、病院・診断センター数の増加が、予測期間中の世界の経肺ドラッグデリバリーシステム市場拡大のための有益な機会を提供すると期待されます。さらに、経肺ドラッグデリバリーシステムの主要な製造企業の存在と肺疾患の治療技術の進歩が市場の成長を後押ししています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/amr1053812-pulmonary-drug-delivery-systems-market-by-product.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)