企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

東京女子医科大学附属足立医療センター様でのIPベースの医療映像プラットフォーム「NUCLeUS(TM)」の運用を開始

ソニーマーケティング株式会社
ソニーマーケティング株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:粂川滋)は、2022年1月に開院した東京女子医科大学附属足立医療センター様(所在地:東京都足立区、病院長:内潟安子)に、IPベースの医療映像プラットフォーム「NUCLeUS(ニュークリアス)」を納入しました。同医療センター様は、3月から全手術室でシステムの稼働を開始しています。納入したシステムは、IPベースで構築する医療映像管理システムとしては国内病院最大規模(※)であり、映像スイッチング機能や手術映像の録画・配信機能などを幅広く備えています。 ※2022年3月29日現在。ソニー調べ


〇ニュースリリースはこちら
https://www.sony.jp/professional/News/newsrelease/20220329/

手術室のイメージ
「NUCLeUS」は、病院内にある内視鏡システムや超音波診断装置など、さまざまな医療機器からの映像を、IPネットワーク経由で一元的に管理できる医療映像プラットフォームです。手術室内で映像を切り替えることに加え、手術中の映像をリアルタイムに院内に配信し、手術室内外で音声、映像での双方向コミュニケーションを可能にします。また、手術後にはサーバーで一元管理された映像データに院内のどこからでもアクセスでき、画像編集機能を活用して学会用の映像を簡単に編集するなど、医療現場における映像の利活用を総合的に支援します。

採用されたシステムは、同病院の手術室(12室)、ハイブリッドER、血管撮影室の計14室の映像を一元管理します。病院内の多様な医療機器はIPネットワーク上で統合的に管理されるため、機器ごとに接続や保存の設定を行うことなく、映像の録画、保存、編集が可能です。東京女子医科大学附属足立医療センター様では、数多くの医療機器の膨大な映像データを活用した手術が行われており、手術前の機器設定や手術後の映像管理にかかる作業工数の削減も期待されています。

また、今回「NUCLeUS」とあわせて、ソニーの医療施設向け4K術野カメラ『MCC-S40MD』12式が採用されました。術野カメラと「NUCLeUS」とを接続することで、医療現場に必要な4K高精細映像を遅延なく手術に活用できるほか、手持ちでの撮影から据え置き撮影が可能となったことで、手術中の医療従事者の身体的負担の大幅な削減が見込まれます。

東京女子医科大学附属足立医療センター様からは、ソニーがこれまで培ってきた4K映像技術やIP伝送技術に加え、「NUCLeUS」の機能拡張性をご評価いただいています。採用されたシステムは今後も、必要な機能や新たに開発される機能などをソフトウエアアプリケーションとして随時追加することで、医療現場のニーズに応じて機能を拡張できる柔軟性の高いシステムとして運用することが可能です。
システム構成イメージ
■主な納入機器およびソフトウェア
・ネットワークシステムマネージャー『NU-NM30E』
・スイッチング・ルーティングライセンス 『NU-SR30E』
・コンテンツマネジメントライセンス『NU-CM30F』
・IPコンバーター『NU-IP3T』『NU-IP3R』
・4Kビデオカメラ『MCC-S40MD』
・27型4K液晶モニター『LMD-X2705MD』
・液晶モニター 法人向けブラビア

※上記商品は、日本では医療機器ではありません。

■関連リンク
・「NUCLeUS」商品ページ https://www.sony.jp/professional/nucleus/index.html

◆お客さまからのお問合せ先 :ソニーマーケティング(株) 業務用商品購入相談窓口
TEL   0120-580-730(フリーダイヤル)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、当社休業日は除く)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)