美容・健康 アパレル・ファッション

『排卵日共有率』は8割!ただし共有方法は男女に差あり。ふたりの“ベストタイミング”は?男性はカレンダーやアプリ使用が女性の2.5倍で“妊活テック”に頼る傾向

株式会社ダンテ
【速報】全国男女の妊活に関する意識調査結果発表(第3弾)

男性不妊の原因を研究することで『ふたりの妊活』を応援する広島大学発のベンチャー企業「株式会社ダンテ」(東京都港区、代表取締役:瀧本陽介 以下当社)は、2021年9月から、全国の男女を対象に妊活に関する「意識調査」を行いました。その結果を、これまで第1・2弾として発表。その内容は(1)9割以上の男女が”ふたりでの妊活”を望んでいる(2)男性の6割は「排卵日」を意識した妊活をやってみたい というものでした。  今回は第3弾として、第2弾のアンケートで関心が高かった「排卵日」についてさらに詳細にまとめ、分析しました。その結果、男女とも排卵日に対しては高い理解や関心が見られた一方で、男性と女性とでは共有のタイミングや共有の方法に対しての意識に差があることが新たにわかりました。本内容は、当社の運営するコミュニティサイト「妊活新時代」でご紹介しています。 https://www.ninkatu-sinjidai.jp/blog/20220329






調査内容

調査内容:男女の妊活に関する意識調査
調査対象:全国20~60代の男女
調査日:2021年9月14日~12月31日
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:105人(女性45名、男性60名)
対象の妊活期間:まだ始めていない人(40.0%)6カ月未満(23.8%)6カ月~1年未満(13.3%)1年以上 (22.9%)

排卵日把握の重要性は9割超、しかし共有の意識に男女で差

 『妊活において排卵日の把握が重要と知っているか』というアンケートを実施したところ、妊活をまだ行っていない人も含め全体で94.3%と、非常に高い理解を得ていることがわかりました。


          【図1】妊活において排卵日の把握が重要と知っているか(全体)


 排卵日の共有について意識では、「積極的に共有したい」が女性は80%、男性は60%と共に大半を占めました。しかし、次に多かった「簡単な方法があれば共有したい」では、女性は20%に対して男性は38.3%と2倍近い結果となりました。
 実際に排卵日を体験しない男性も共有の意欲が高いことがわかった一方で、女性に比べると積極性が低く、共有の方法が難しい、または難しいのでは?と尻込みしている傾向が明らかになりました。

             【図2】排卵日の共有についての意識(男女別)




排卵日を実感できない男性こそ”妊活テック”活用を

 実際に排卵日を共有している人は全体で8割近くに及びました。共有するタイミングでは、女性は「排卵日が近くなった時に共有している(48.9%)」が約半数を占めていましたが、男性は「生理が来た時に共有している(31.7%)」が「排卵日が近くなった時に共有している(25.0%)」を上回り、男女のタイミングに微妙な意識のずれがあることがわかりました。


                 【図3】排卵日の共有率(全体)



             【図4】排卵日を共有するタイミング(男女別)

 さらに、妊活期間別で分析したところ、女性は妊活を行う前と後で「生理が来た時」から「排卵日が近くなった時」に変化した一方、男性は妊活の期間が長くなるにつれ「カレンダーやアプリでの共有」の割合が高まる傾向が見られました。理由としては、男性は、排卵日が近くなる実感が得難いため、タイミングをカレンダーやアプリといったテクノロジーに頼らざるを得ないからだと思われます。
ちなみに、「カレンダーやアプリで共有」する人の割合は"6カ月以上の妊活を行っている男性"に最も多く、同じく6カ月以上の妊活を行っている女性に比べて2.5倍に及びました。

            【図5】排卵日を共有するタイミング(男女の妊活期間別)



妊活も仕事もアクティブに!男性にオススメの妊活

 排卵日の共有以外でパートナーの方との妊活の意識共有の方法について聞いたところ、男女ともに「将来の家族について話す」が1位でした。一方で、「休日や帰宅時間を合わせる」「ふたりでサプリメントを飲む」「ふたりで医療機関を受ける」といったより積極的な妊活において、いずれも男性に比べて女性の割合が高い結果でした。


             【図6】パートナーとの意識共有について(男女別)






ふたりの”ベストタイミング”に役立つ情報をチェック

 当社は、ふたりの妊活をサポートするコミュニティサイト『”パパも主役” 妊活新時代』で最新の男性の妊活に関する情報を中心に発信しています。男性の妊活に役立つ”妊活テック”も紹介していきます。
”パパも主役” 妊活新時代
https://www.ninkatu-sinjidai.jp/




妊活テックで”ベストタイミング”を逃がさない

【ベストタイミングで「ふたりの妊活」を応援する】
ふたりの妊活サポートサプリ『ファミリープログラム』


2週間飲み切りタイプの男性用妊活サプリメント。生理が始まる日に「ファミリープログラムを摂り始めてね」と伝える&摂取するだけなので、排卵日をお互いに意識することができる。


【あなたに最適な妊活を提案する検査キット 】
精液成分郵送検査『バディチェック クレアチン』


自宅で採取した精液を郵送して、精液成分を測定することができる”セルフケア”の検査。結果をスマホで受け取れる。これから妊活をスタートしたい方も、まずはご自身のコンディションを調べてみては?


■株式会社ダンテ 会社概要
設立:2017 年 3 月
所在地:〒105-0004 東京都港区新橋4‐6‐15 日新建物新橋ビル7F
事業内容:男性機能に関する郵送検査事業およびソリューション開発事業
URL: https://www.dantte.jp/
グループ企業:
株式会社ヘルスケアシステムズ(名古屋大学発ベンチャー)
株式会社アデノプリベント(静岡県立大学発ベンチャー)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)