美容・健康 医療・医薬・福祉

<補聴器トラブルを未然に防ぐ> ビギナー向けの限定レポート、予約開始。 【 耳あな型補聴器カタログ】とセットで全国に無償提供

The補聴器専門店合同会社
けっして他人事ではない。急増する補聴器トラブルを未然に防ぐ方法

大阪市天王寺区で耳あな型補聴器に特化した専門店を運営する『The補聴器専門店合同会社』は、全国のビギナーを対象とした”トラブルに巻き込まれないための補聴器レポート”を発行します。作成中の最新版 耳あな型補聴器カタログ(4月末完成)とともに一読することで、初めての補聴器購入の不安を払拭することが可能になります。 開業10周年を迎えた同社の感謝キャンペーンの一環として実施します。


レポート イメージ
<2021年2月25日:公表 独立法人国民生活センターホームページより転載 >

国民生活センターへ寄せられた苦情


特に通信販売での苦情が目立っている
<一例>誰でも装着可能という補聴器を購入したが、耳に合わない

「小さな声が聴き取りにくい」と言う母のために、ラジオ広告で電話の音や大きな音もきれいに聞こえ、ノイズも入りにくいという補聴器を購入しようと思い、販売店に問い合わせた。耳あなの大きさがみんな違うので、装着可能かが心配だったが、「S・M・Lと、3サイズに変更可能なキットが付いているので、全ての人に対応可能」と言われたので、片耳が約4万円で高かったが申し込み、母にプレゼントした。
しかし、母は届いた補聴器が合わないようで、母から連絡をもらって返品の申し出をしたが、電池を入れて通電していたので、返品は受けられないと断られた。決して安いものでなく、安易に、「誰にでも装着可能」とした売り方に、納得できない。
補聴器トラブル1
補聴器トラブル2
上記のような国民生活センターへの苦情事例を踏まえ、当社代表の中村は、補聴器を前向きに検討している皆様に、最初の補聴器選びで『絶対に失敗してほしくない』という強い思いに駆り立てられました。

<今、補聴器ビギナー向け限定レポートを発行する理由>

同社代表はドイツの補聴器メーカー出身者で、数々の補聴器販売事例を見てきた。
業界歴22年目となる現在も、昔と変わらない補聴器トラブルが通販市場中心に目立っている。
コロナ禍、マスクや飛沫防止プレートの増加で会話に不自由を覚えるな軽度難聴者が急増。(軽度難聴者は推定約1000万人)

レポート付きカタログのご請求はこちらまで
https://onl.bz/6K4Tx5w

<急増する耳あな型補聴器と注目されるその理由>

2021年、耳あな型補聴器出荷台数  217,492台(補聴器全体の構成比36.9% 対前年比126.7%の伸び)

コロナ前は、その装用感の良さ、目立ちにくさの面から小型の耳掛け型補聴器に大きく押され、憂き目にあっていたが、それが一体何故???



コロナ禍の大転換 この1年で耳あな型補聴器が再び脚光を浴びた理由
1、マスク装着の影響

メガネ使用者は、マスク、メガネ、耳掛け型補聴器と耳に3つ掛かることがかなりの負担となる。また、マスク脱着時に耳掛け型補聴器がひもにからみつき、そのまま飛ばしてしまい、片耳数十万円もする補聴器を紛失するケースも発生している。

※その点耳あな型補聴器はマスクと干渉しません

2、デザイン・機能性を重視した耳あな型補聴器の登場

イヤホンタイプと見分けがつかない。オシャレ

3、充電対応の耳あな型モデルが登場

耳掛け型限定であった充電モデルに耳あな型対応モデルが登場

その他、補聴器工業会に属さない異業種(=大手電機メーカー)からの大型参入もあり、ユーザー側から耳あな型モデルの指名が増えたことも理由に挙げられる

<今回のレポート発行の意義>
新しく作成する「耳あな型補聴器」カタログをお渡しするだけではなく、特別レポート『あなたにピッタリ合う耳あな型補聴器の見つけ方』を付属させることで、初めての補聴器でトラブルに巻き込まれることなく、購入前にしっかりと補聴器を理解してからお店に向かってほしいと考えた次第です。

開業10周年を迎える本年、自店舗のある大阪市内のお客様だけなく、聞こえや補聴器でお困りの全国の皆様にもご提供したいと考えました。

<耳あな型補聴器カタログ>
作成中の耳あな型カタログでは、超小型耳補聴器、充電式補聴器、高機能補聴器の価格を抑える方法、何度も補聴器販売店に通わなくても良い補聴器、アプリだけで解決できる補聴器等もご紹介します。(4月末発行)
カタログ ※イメージ


<当社代表・プロフィール>
主なドイツの補聴器メーカー「シーメンス補聴器」に12年勤務。営業担当として主に関西圏の補聴器販売店を担当。その間、関わった補聴器業界関係者は3000人超。メーカー勤務時代に補聴器および業界の問題点を痛感し、自ら改善すべく2012年に独立開業。
YouTube初期の頃から補聴器に関する動画を約800本発信。2014年10月には出版社からのオファーを受け「間違いだらけの補聴器選び」(コスモ21社)を出版。(※認定補聴器技能者単独執筆としては業界初。AMAZON耳鼻喉部門では初登場2位を達成した)
また、2016年には、コミュニケーション術の向学のため、通常業務の傍ら、吉本興行の裏方スタッフ養成スクール「YCC」(よしもとクリエイティブカレッジ)に入学。1年間通学。日々の接客業務に役立てている。
現在はThe補聴器専門店合同会社代表社員として店舗運営に当たる他、ハスキーボイスな補聴器伝道師として日々、補聴器情報発信している。
当社代表 中村雅仁
著書「間違いだらけの補聴器選び」
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)