医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

予防医療テック企業のリンケージが約5.5億円を資金調達。職域向けの予防医療テック事業を強化し、健康温度の向上を目指す

株式会社リンケージ
予防医療テックで職域向けにオンライン診療などの健康支援プログラムを提供する株式会社リンケージ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:生駒恭明)は、2022年3月30日、株式会社マイナビ、Medical Development Support 1号投資事業有限責任組合、個人投資家の竹内真氏、上沢仁氏などを引受先とした第三者割当増資を実施しました。本ラウンド(シリーズA)の累計調達額は約5.5億円となります。これにより累計調達額は8億円となります。調達した資金は、主にプロダクトの機能拡充、及び質の高いサービス提供のための人材採用に充てる予定です。




【引受先 一部】
・株式会社マイナビ
・Medical Development Support1号投資事業有限責任組合
・帝人株式会社
・加賀電子株式会社
・竹内真(個人投資家)
・上沢仁氏(個人投資家)


資金調達の背景と目的

日本に暮らす私たちはいま「健康」についての考え方を転換することが求められています。急速な少子高齢化によって、医療費は毎年1兆円を超えるペースで増加しており、「現役世代が高齢者医療を支えるという構造には限界が見えはじめている」といった指摘もあります※1。

また、日本が誇る「平均寿命」と健康な日常生活を送ることができる「健康寿命」には開きがあり※2、この差を縮めることも大きな課題です。さらに、新型コロナウイルスの流行によって暮らし方・働き方が大きく変わる中で、コミュニティからの孤立やストレスの増加など新たな課題も生まれてきています。



コミュニティからの働きかけで「予防医療」をすべての人に届ける

充実した医療保険制度をもち医療にアクセスしやすい日本において、心身の不調は「症状が出てから、必要であると思えば治療するもの」という認識が一般的です。しかし、表面化しづらい心の不調や、自覚症状の乏しい生活習慣病、不調があっても“病気”として認識されづらい更年期症状など、発見が遅れることで重症化する病気は多く存在します。

医療を取り巻くさまざまな課題を解決し、個人のウェルネスも実現させるために重要なのが、一人一人が健康意識を高め「病気になりにくい状態を保つこと」「自分の心身の変化に気づくこと」です。こうした考え方は「予防医療」として注目されていますが、目まぐるしい暮らしの中で「自分の心と体の状態」について関心を持ち続け、専門家からアドバイスを得ることは容易ではありません。

「テクノロジーとのつながりで健康意識の温度をあげる」をミッションに掲げる当社は、2011年の創業以来、「オンライン禁煙診療」や、オンライン問診を起点に従業員の心身の健康課題を可視化し、必要な医療へのアクセスや組織の生産性向上につなげる「Rasika」「FEMCLE」などの企業向けヘルスケアサービスを展開して参りました。延べ174組合、企業1,550社への健康サポート実績があり、加入者数約600万人以上のネットワークを有しています。

企業や団体などのコミュニティから個人に働きかけることで、より多くの人に「気づき」のきっかけを与えることが可能になります。さらに、コミュニティ全体の健康意識が高まれば、より健康的な働き方・治療を受けながら働く仲間への理解を深めることができます。これらはESG経営を目指す企業にとっても、多様化する組織の健康課題を把握し、一人一人の従業員がより自分らしく働ける環境を実現するために重要な取り組みです。


企業の従業員に対する健康保持・増進の取り組みは、従業員の活力向上や生産性の向上等で組織の活性化をもたらし、将来的に収益性等を高める好循環をもたらします。さらに、労働力不足が叫ばれる昨今、離職防止や優秀な人材の確保としても重要です。健康経営を将来に向けた「投資」として捉え、積極的に推進する必要性は年々高まっています。早くから社内の健康意識を高め、病気を未然に予防することで、あらゆる効果が期待できます。





「予防医療テック」推進を目指した事業展開

この度はこれまでの実績とネットワークを活かした、さらなる成長・拡大に期待していただき資金調達に至りました。当社は企業コミュニティを起点とした健康意識の向上・予防医療の普及をより推進するために、今回調達した資金をもとに「予防医療テック」の普及を推進します。本シリーズAラウンドでの累計調達額は約5.5億円となります。調達した資金は主に、プロダクトの機能拡充、及び質の高いサービス提供のための人材採用に充てる予定です。

当社が考える「健康」とは、“自分らしくあることを阻害する、こころとからだの不調がないこと”です。創業以来、あらゆるネットワークを活用し、企業コミュニティを通じて人々の健康意識を高めてきました。厚生労働省の「国民医療費の概況」にある医科診療費の傷病別内訳では、生活習慣病、老化に伴う疾患、精神疾患、その他(腎不全等)の順に続きますが、リンケージではこれらの領域のほとんどをカバーしています。


この度、さらなる企業成長を見据え、上場準備室を設置しました。ヘルスケアスタートアップとしてのノウハウを活かした事業展開で健康総合支援企業となるビジョンを体現し、次のステージへの到達を目指します。

今後も、職域向けに予防医療テック事業の展開を通し世の中の健康意識をさらに向上すべく、事業を拡大させてまいります。




引受先担当者さまからのコメント


株式会社マイナビ 経営企画本部 ベンチャー企業支援統括部 統括部長 須山 俊介さま

リンケージは、様々なオンライン予防医療サービスで企業の健康経営を支援しています。企業が従業員の心身の健康状態を把握し、健康の維持・改善を支援することは採用・定着の観点からますます重要になるでしょう。当社は、人生100年時代を迎える日本の健康経営に向き合っていくリンケージとの様々なコラボレーションを模索し、企業の健康経営を支援して参ります。


Medical Development Support1号投資事業有限責任組合 時田太郎さま

株式会社リンケージに於かれては禁煙補助プログラム、婦人科疾患予防サービス、コロナ時代に求められる従業員のメンタルケア等、時代を捉えた優れた事業性を持ち、デジタルだけでなく、アナログと融合させたサービスを提供できる経験豊富な経営陣が、経産省認定ホワイト企業を初めとする多くの企業に於いて顧客満足度の高いサービスを提供しておられる事から投資致しました。


個人投資家の竹内真さま

人生100年時代、健康経営、健康寿命などが叫ばれる中、医療費も比例して増大し、社会保障基盤自体が揺らぎ始めている日本において「予防医療」はその両方を叶えることの出来る手段のひとつです。予防医療は治療と異なり、自覚症状が薄い段階で効果を発揮する手段であるため、ITを活用した定期的な心身の状態のモニタリングが欠かせません。私自身もひとりの投資家でありサポーターとして、リンケージ社を応援していきます。


個人投資家の上沢仁さま

これまで予防医療テックは成功が難しいビジネス分野でした。潜在的な社会ニーズはとても大きいのに、日本の独特な健康保険制度の中では、わざわざ予防サービスにお金を費やす企業や団体は少なかったからです。

それが今、SDGsや健康経営、保険者データヘルスといった新たな価値尺度や、データによる効果の可視化により、ユーザーにとって予防サービスは経済合理性が明確にjustifyできるものになりました。もともと潜在ニーズは巨大であり、リンケージが取り組む領域を筆頭に、大きな成果が次々と上がる分野だと期待しています。

私もこれまでの医療データ活用や行動変容促進での事業経験をもとに、微力ながらリンケージの発展に貢献できれば幸いです。




参考情報:リンケージが展開する職域向け健康支援サービス


当社は、禁煙支援や特定保健指導、糖尿病重症化予防、メンタルヘルス対策、女性の健康支援などさまざまな視点で職域向けの健康支援サービスを提供し、「健康経営」や企業価値向上を目指す企業を包括的にサポートする体制を整えています。延べ174組合、企業1,550社への健康サポート実績があり、加入者数600万人以上のネットワークを有しています。

テレワークなどの新しい働き方にも対応したメンタルウェルネスサービス「Rasika」


東京大学医学部附属病院 心療内科との共同研究により開発した独自のストレスチェックの質問項目により、テレワークや生活習慣との相関を含め、従業員のストレス要因を多角的に分析可能なメンタル×フィジカルウェルネスサービスです。誰でも直感的に操作ができるモダンなインターフェースで、ストレスチェックの準備、実施、集団分析まで一気通貫でサポートします。心療内科・精神科の専門医による産業医面談、専門医へのメール相談、メンタルヘルスに関する研修など、多数のメンタルヘルスサポートも展開しています。

<「Rasika」詳細について>
「Rasika」へのお問い合わせは、Webサイトのお問い合わせ窓口よりお送りください。
https://rasika.linkage-inc.co.jp/


働く女性の健康課題を可視化し、専門医のフォローで労働生産性を改善する「FEMCLE」


NPO法人日本子宮内膜症啓発会議(JECIE)及び豊富な経験・実績を持つ約100名の専門医のサポートのもと展開する、働く女性の健康課題に着目したサービスです。月経や更年期など女性特有の健康課題を「Web上の問診」「E-learning」「チャット相談」等で解決し、女性はもちろん、男性も含め誰もが働きやすい組織づくりをサポートします。 また、組織診断により労働損失をはじめとする組織の課題を明らかにし、具体的な改善まで繋げます。

<「FEMCLE」詳細について>
「FEMCLE」へのお問い合わせは、Webサイトのお問い合わせ窓口よりお送りください。
https://femcle.linkage-inc.co.jp/

従業員を気にかけるヘルスケアサポーター「かかりつけ保健師 for LINE」


従業員が「些細なことから、いつでもLINEで」「継続的・双方向的に」「幅広いテーマに関して」経験豊富な保健師や医師・看護師・管理栄養士など、国家資格を持つ専門家に相談ができるチャットサービスです。導入企業の従業員は、「かかりつけ保健師 for LINE」のLINE公式アカウントを友だち追加するだけで、簡単に相談ができます。

また、導入担当者は従業員の利用状況や相談の傾向を定期レポートにて把握することができ、従業員のストレス軽減や人事労務の負担削減、職場環境改善や離職防止などに繋がる対策が可能になります。

<「かかりつけ保健師 for LINE」詳細について>
「かかりつけ保健師 for LINE」へのお問い合わせは、Webサイトのお問い合わせ窓口よりお送りください。
https://line-kakaritsuke.linkage-inc.co.jp/

その他サービスについては当社Webサイトをご参照ください。( https://linkage-inc.co.jp/



株式会社リンケージの会社概要



社名:株式会社リンケージ
設立:2011年6月1日
代表者:代表取締役社長CEO(Chief Executive Officer) 生駒 恭明
役員:取締役COO(Chief Operation Officer)/ CSO(Chief Strategy Officer) 夏目 萌
取締役CMO(Chief Medical Officer) 石澤 哲郎(医学博士/司法試験合格者)
取締役CPO(Chief Product Officer) 澤 智明
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1-19-14 ホーメスト木箱銀座ビル7階
URL:https://linkage-inc.co.jp/

出典
※1
https://www.kenporen.com/health-insurance/basic/02.shtml
※2
https://www.med.or.jp/people/info/kaifo/incharge/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)