美容・健康 医療・医薬・福祉

CTBE社、国内スタートアップとして初めてJPOD@Bostonに採択

CoreTissue BioEngineering株式会社
「脱細胞化技術を用いた人工靭帯」の米国での早期事業化を目指す


 CoreTissue BioEngineering株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:城倉 洋二、以下「CTBE社」)は、このたび日本の医療機器スタートアップとして初めて米国ボストンにあるJohnson&Johnson Innovation-JPOD@Bostonに採択されました。これにより、CTBE社は、脱細胞化された動物組織に由来する人工靭帯の米国でのビジネス展開を加速させていきます。

【CTBE社について】
CTBE社は、神奈川県横浜市に拠点を置き、2016年に早稲田大学からスピンアウトしたスタートアップです。早稲田大学 岩崎 清隆 教授が開発した厚い組織でも脱細胞化が可能な技術と強度が保持され、再水和が容易に行える凍結乾燥・滅菌技術を応用した「脱細胞化組織注」を用いて、膝前十字靭帯の再建手術に用いる人工靭帯の製品化を世界に先駆けて行っています。

膝前十字靭帯再建術を受ける患者は世界で年間80万人以上いると推定され、日本だけでも年間約2万人、米国においては年間約17万人が再建手術を受けています。多くの患者は、自身の健康なハムストリング腱や膝蓋腱等から採取・加工した移植片を膝に移植するといった、体に高負荷な治療を余儀なくされています。自身の組織を取らずに済むこの革新的な医療機器が医療現場で活用されることで、世界中の多くの患者の負担を大幅に軽減することが可能となります。

CTBE社は開発されたプロトタイプを使用したヒツジの大動物試験により、既に製品の概念実証(POC)を獲得しており、国立開発研究法人日本医療研究開発機構(AMED)からの助成金および投資会社/事業会社からの出資金による治験の準備を進めています。
また、膝前十字靭帯再建術用の人工靭帯の開発に加え、当社の技術プラットフォーム用いて、筋骨格系の再建に適応する医療機器の開発も計画しています。



写真:脱細胞化した人工靭帯

詳細については、https://www.coretissue.comをご覧ください。

【会社概要】
企業名:CoreTissue BioEngineering株式会社
設立日:2016年11月29日
本社所在地:神奈川県横浜市鶴見区末広町1-1-43 ライフサイエンス研究センター 301
代表取締役:城倉洋二
事業内容:脱細胞化技術を用いた生体組織由来の膝前十字靭帯再建術用の人工靭帯の開発、製造、販売


<用語解説>
注)脱細胞化組織
 動物組織から拒絶反応を引き起こす可能性のある細胞成分を除去し、体内に移植すると自己の組織が再生する組織。

本リリースに関するお問い合わせ先
CoreTissue BioEngineering株式会社 
経営企画部 和氣千明
〒230-0045神奈川県横浜市鶴見区末広町1-1-43 ライフサイエンス研究センター301
chiaki.waki@coretissue.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)