広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

ゲノム編集市場、2028年には169億8,000万米ドル規模に到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ゲノム編集の世界市場:2028年までの予測 - COVID-19の影響と分析 - 技術別、用途別、エンドユーザー別」(The Insight Partners)の販売を2022年3月29日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1059347-genome-editing-market-forecast-covid-impact-global.html





ゲノム編集市場は、2021年の51億9,000万米ドルから2028年には169億8,000万米ドルに成長すると予測されており、CAGR18.4%で成長すると推測されています。
ゲノム編集技術により科学者はDNAを変化させ、目の色や病気のリスクといった身体的形質の変化につなげることができます。科学者はこれを行うためにさまざまな技術を使用します。これらの技術はハサミのように作用し、特定の箇所でDNAを切断します。そして、科学者は切断された部分のDNAを除去したり、追加したり、置き換えたりすることができます。
CRISPRは、旧来のゲノム編集法よりもシンプルで速く、安価で、より正確な方法です。現在、ゲノム編集を行う多くの科学者がCRISPRを使用しています。

遺伝子編集ツールの継続的な技術的進歩
ここ数年、ゲノム編集技術の進歩は常に話題をさらっています。ゲノム編集技術は、精密で、比較的安価で、使いやすく、驚くほど強力であるため、生物学研究を変え、人間の健康、食糧安全保障、環境の持続可能性に大きな影響を与えることができます。

ゲノム編集の進歩は、1990年代にさかのぼります。近年、ゲノム編集技術の応用範囲と量が拡大しているのは、CRISPR-Cas9というDNA配列の正確な改変を容易に行えるゲノム編集ツールの登場が主な要因です。
例えば、2020年10月には、CRISPR/ Cas9がヒトの脳の神経細胞の特定の遺伝子を改変し、それによってアルツハイマー病の引き金となるβアミロイド蛋白の生成を遅らせることに利用できる可能性がシャーレの研究結果で明らかにされました。

バイオテクノロジー省(DBT)は、ゲノムを研究・操作するためのゲノム編集技術の可能性を認識し、研究開発においてゲノム工学技術およびアプリケーションをより身近で安価なものにするために、研究およびイノベーションを促進しています。
これにより、細胞恒常性の新規制御因子や、ライソゾーム貯蔵病の有望な治療標的を複数同定することに成功しました。これらのCRISPRシステム研究の要因は、市場の成長に有利に働く見込みです。

技術に基づく洞察
ゲノム編集市場は、技術別にCRISPR、TALEN、アンチセンス、その他に区分されます。CRISPRセグメントは2021年に最大のシェアを占め、予測期間中に市場で最も高いCAGRを記録すると予測されています。このセグメントの市場成長は、CRISPRの現用、大量消費、製品イノベーションに起因しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1059347-genome-editing-market-forecast-covid-impact-global.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)