広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

アカウンタブルケアソリューション市場、慢性疾患の増加が成長要因

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「アカウンタブルケアソリューションの世界市場(2021年~2028年)」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月29日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/dmin1063165-global-accountable-care-solutions-market.html





アカウンタブルケアソリューションとは、診療報酬のあり方を手技ベースのサービス報酬から、質・疾患・状態に応じた報酬に移行し、医療提供組織に対してケースバイケースの支払いを行うものです。
アカウンタブルケアソリューションは、医療従事者が既存のシステムやワークフローを使い続けられるようにしながら、異なる電子カルテ(EHR)データの収集を容易にするものです。主なソリューションには、ヘルスケア分析、クレーム管理、電子医療記録、ケアマネジメントソリューションなどがあります。

市場力学
アカウンタブルヘルスケアは、患者を中心とした安価な治療を促進しながらコストを削減できる可能性があり、人気を集めています。アカウンタブルケアソリューション市場の発展を促す重要な要因として、規制ガイドラインへの準拠に対する要求の高まり、高い投資収益率、eヘルスに対する政府の取り組み、医療費の増加を抑制する必要性の高まりなどが挙げられます。

慢性疾患の増加による市場成長の促進
世界的に老年人口が増加しており、それに伴い慢性疾患も大幅に増加しています。政府の多くの計画や指示により、患者中心のケア環境が醸成されています。また、アカウンタブルケア組織の増加も、レスポンシブル・ケア市場の拡大に拍車をかけています。

大手企業は、新興市場のパイの一部を獲得するために競い合っています。トッププレーヤーは、競争上の優位性を得るためにバリューベースの医療への注目を拡大しており、予測期間中に有益な見通しを生み出すと予想されます。クラウドベースのモデルの採用は急速に増加しており、今後も成長を続け、興味深い機会をもたらすと予想されます。

慢性疾患は、2020年までに全世界の死亡者数のおよそ4分の3を占めるようになると予想されています。慢性疾患による死亡の約半分は、心疾患によるものです。世界保健機関(WHO)によると、心疾患は世界の死因の第1位であり、毎年約1,790万人が亡くなっています。さらに、2020年には、新たに1,930万人のがん患者が発生し、1,000万人のがん関連死が発生すると推定されています。2040年には2,840万人に達し、2020年から47%増加する見込みです。そのため、増加する患者に効率的に治療を提供するためのアカウンタブルケアソリューションの需要が高まっています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/dmin1063165-global-accountable-care-solutions-market.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)