広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

光コヒーレンストモグラフィ血管造影装置市場、2028年には6億1,631万米ドル規模に到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「光コヒーレンストモグラフィ血管造影装置の世界市場(2028年までの予測)- COVID-19の影響と分析:タイプ別(ハンドヘルドタイプ、テーブルトップタイプ)、エンドユーザー別(病院、診療所、その他)」(The Insight Partners)の販売を2022年3月29日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1064247-optical-coherence-tomography-angiography-equipment.html





光コヒーレンストモグラフィ血管造影装置市場は、2021年の3億8,850万米ドルから2028年には6億1,631万米ドルに達すると予測され、CAGRは6.8%で成長すると見込まれています。
大手企業による光コヒーレンストモグラフィ血管造影装置の技術革新、老人人口の増加、迅速な市場承認が、2021年から2028年の市場成長の要因となっています。

北米は、2021-2028年の間、光コヒーレンストモグラフィ血管造影装置市場における優位性を維持すると思われます。この地域では、米国が最大の市場シェアを占めています。米国における光コヒーレンストモグラフィ血管造影装置市場の成長は、眼関連障害の有病率のエスカレートに起因しています。

米国国立衛生研究所(NIH)の報告によると、2005年から2010年にかけて、加齢黄斑変性症(AMD)を患う人の数は175万人から207万人に18%増加しました。2050年までには、この数は207万人から544万人に達すると予測されています。このような高い有病率を減らすために、政府やその他の機関は国民の意識を高めるための取り組みを行っています。

例えば、米国疾病管理予防センター(CDC)とVHIは、視力低下予防と目の健康増進のため、より効果的なマルチレベルのネットワークを構築するために協力をはじめました。
したがって、高齢者の間で目に関連する障害の負担が増加していることから、国全体で高度な眼科医療や意識向上プログラムの利用が促進され、市場の成長を支えているのです。

市場動向
大手企業による光コヒーレンストモグラフィ血管造影装置の技術革新が市場成長を牽引
Wolters Kluwer Health, Inc.のレポートによると、過去20年間における眼科イメージング技術の進歩は、臨床アプローチに革命をもたらし、眼科医療サービスの効率を向上させたとされています。OCT技術の進歩は、病気の発見を向上させ、病気の病態生理をよりよく理解することを可能にします。例えば、"SS-OCT "は広帯域の高速スイープスキャンパターンを採用し、より速いスキャン速度を可能にしています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1064247-optical-coherence-tomography-angiography-equipment.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)