美容・健康

ノーベル賞技術(※1)から生まれた日本初(※2)のウロリチンサプリがリニューアル

株式会社 協和
『オートファG ウロリチン』 2022年3月30日(水)新発売

生命科学を活用した先端美容を追求し、エイジングケア美容液No.1(※3)ブランドの「fracora(フラコラ)」は、ノーベル賞技術※2から生まれた全身を若々しくする日本初(※2)のウロリチン配合サプリメントをリニューアル。『オートファG ウロリチン』を2022年3月30日(水)より発売いたします。



製品特徴





・日本初(※2)のウロリチン成分配合サプリメント
・安心安全の国内製造
・大阪大学発のベンチャー企業(株)AutoPhagyGOとの共同開発


『オートファG ウロリチン』ご紹介ページ
https://www.fracora.com/products/27902701.html



ウロリチンとは

ウロリチンは、ザクロ・ベリー・ナッツなどに含まれる主要ポリフェノールでもあるエラグ酸を摂取すると、腸内細菌の作用により体内で作られます。身体の土台からケアし若々しさを導いてくれるとされており、私達が目指すエイジングケア(※4)を実現してくれる切り札と考えた成分です。しかし、食べ物より摂取をしても、腸内細菌の関係で約半数の方はウロリチンを生成することができないため、フラコラではウロリチンそのものをサプリメントとして摂取したほうが効率的であると考えました。


リニューアルのポイント

・内容成分はそのまま、お求めやすい価格へ改定
 最先端技術をより普段の生活へ取り入れやすくいたしました。
・パッケージをリニューアル


製品概要



製品名:「オートファG ウロリチン」
内容量:60粒入り(30日分、1日2粒目安)
主な成分:ザクロ抽出発酵物粉末
価格:5,556円(税込) 5,145円(税抜)
発売日:2022年3月30日(水)
販売:通信販売

■「オートファG ウロリチン」ウェブサイト
 https://www.fracora.com/products/27902701.html


フラコラおすすめ次世代のインナーケアセット

人生120年時代の若々しさをサポートする「オートファG ウロリチン」と「NMN+サイタイ」を併用いただくことで、より毎日のキレイと元気をサポートできるとフラコラでは考えています。

「NMN+サイタイ」「オートファG ウロリチン」セット定期便 月額9,000円(税込)
■NMN+サイタイに関する情報はこちら
 https://www.fracora.com/products/03010601.html


フラコラでは、身体の中に37兆個あるといわれている細胞をケアする機能「オートファジー」と「サーチュイン遺伝子」の研究に着目しています。

「オートファジー」とは、細胞の中にある壊れたミトコンドリアの除去を促進してくれるもので、その研究は2016年にノーベル賞を受賞しています。また、「サーチュイン遺伝子」は、長寿遺伝子とも呼ばれ、細胞を修復してくれることが様々な研究から明らかとなっています。

*「オートファジー」「サーチュイン遺伝子」に関する詳細は下記動画をご覧ください。
 https://youtu.be/MwuN8tenhio
 https://youtu.be/lfRRnSEDSVU


フラコラは今後も最先端美容を追求し商品を提供することを通じて、お客様の前向きで健康的な毎日を応援してまいります。


■エイジングケア美容液ブランドシェアNo.1(※3)
■2019年度「東京都スポーツ推進モデル企業」に選定:オリンピック・パラリンピック準備局
 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/03/08/02.html
■2017年度より4年連続スポーツ庁認定「スポーツエールカンパニー」に選定:スポーツ庁
 https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/houdou/jsa_00064.html

※1 ノーベル賞受賞のオートファジー研究に着目した技術
※2 ウロリチンAを高濃度含有するザクロ抽出発酵物「ウロリッチ」(ダイセル社製)の製品化として
※3 化粧品マーケティング要覧2021No.1美容液抗老化2020年実績 (株)富士経済
※4 年齢に応じたお手入れ



会社概要

●会社名:株式会社 協和
●設立:1960年
●住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル9F
●代表取締役:堀内 泰司
●事業内容:ビューティー&ヘルス事業
      ブランド名『フラコラ』 https://www.fracora.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)