スポーツ・アウトドア 美容・健康

日本初「インドア・トライアスロン」空間が東京にOPEN!流水プール設置の室内で3種目トレーニングが可能

株式会社アースアカデミー
アーストライアスロンは、トライアスリートのための会員制のトレーニング空間

アースアカデミーは、日本初「インドア・トライアスロン」空間である「アーストライアスロン」を3月30日に施設OPENしました。アーストライアスロンでは、東京都豊島区にて、スイム(水泳)・バイク(自転車ロードレース)・ラン(長距離走)の3種目をインドアにてトレーニングが可能な空間です。


株式会社アースアカデミー(代表取締役 阿部政樹)は、国内で初めてトライアスロン3種目を屋内にて実施できるインドアトライアスロン空間である「アーストライアスロン」を施設OPENしました。

アーストライアスロンは、トライアスリートのための会員制のトレーニング空間です。

「アーストライアスロン」について

アーストライアスロンは、これまでインドアゴルフ施設を国内に29店舗展開しているアースアカデミーがスタートする新規業態で、インドアにてトライアスロン3種目を実施できる国内で初めての施設です。

3月30日に施設OPENし、4月20日から施設利用が可能となる体験受付をまもなく開始予定。その後、会員の受付や大会出場に向けたチャレンジ企画の実施を予定しています。


インドアトライアスロン / Movie

「アーストライアスロン」は、インドアにてトライアスロンを行える空間で、トライアスロン種目である、スイム(水泳)・バイク(自転車ロードレース)・ラン(長距離走)の3種目を、同じ空間、同じフロア内にて行うことが可能です。

流水プール設置の室内で3種目トレーニング


「アーストライアスロン」スタートのきっかけ
トライアスロン種目の特性として、3種目を連続して1人で行うという特徴があります。ただ、大会当日以外では3種目を行う一方で、トレーニングとなると、1日に2種目までしかトレーニングしにくい課題がありました。

例えば、スイムを、屋内プールで練習した後「着替えて(心拍数が元に戻って)」から、バイク or ランのトレーニングに移る。もしくは、バイクの練習をやって、バイクをどこか(駐輪場など)に置いてから、ランのトレーニングに入る。など、本番環境とは異なる身体状況のトレーニングをする必要がありました。

今回、アーストライアスロンでは、これまでの大きな課題であった「流水プール」の導入を決め、同じフロア内にて3種目とも実施できる環境を整え、トランジションも思うがまま。本番の身体状態に近い環境でトレーニングが行える空間を用意しました。

「アーストライアスロン」の特徴
天候・気候に左右されない。安心安全な空間でできること。
トレーナー・メンバーらと一緒にトレーニングができること。

経験豊富なトレーナー陣の協力により、初級者から上級者に向けたレッスンをご用意する予定です。大会に関する傾向や対策、その大会に向けた的確なトレーニング内容などをトライアスリートの皆様にアドバイスしていく予定です。

フォーム確認とデータ活用
スイム:屋内の流水プールだからこそ「フォーム」をチェックできる。
バイク:専門のサイクリストが自転車の「フォーム」をチェックする。
ラン:専門のランニングコーチが適切なフォームやトレーニング内容をチェック。

ZWIFT導入。オンラインで世界中の人と一緒にサイクリング。スマートバイクで勾配や負荷も自由自在です。


ビオレーサーエアロ導入。空気抵抗を解析してバイクポジションの最適化を図る。仮想風洞実験シミュレーターです。

「アーストライアスロン」を利用していただきたい方
トライアスロンで「アイアンマン」を目指すようなハードなトレーニングを行いたい方から、トライアスロンをこれからスタートしたい方それぞれに向けたレッスンをご用意していく予定です。

今後の「アーストライアスロン」の受付スケジュールについて
施設OPENを迎えた本日(3月30日)から4月中旬まで、施設を利用したトレーニングプログラムの開発期間に利用いたします。4月20日(予定)より、先行OPEN。一般の体験希望者の受け入れをまもなくスタート予定。5月からはトライアスロン大会に向けたチャレンジ企画をスタート。その後、アーストライアスロンにおける会員受付をスタート予定です。

「アーストライアスロン」の今後のオープン情報など、最新情報をお求めの方は、以下のリンク先にてメールアドレスのご登録をお願いいたします。
https://form.run/@et-info
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)