ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

「健康にアイデアを」の明治ホールディングス株式会社とGOKURI開発のPLIMES、資本業務提携を実施

PLIMES株式会社
ウェアラブル嚥下計 / 摂食嚥下モニタリング解析サービス「GOKURI」の技術と知見を活用

「すべての人が自由に生きる力を」をビジョンに掲げ、社会問題の解決に向け技術をデザインするPLIMES株式会社(本社: 茨城県つくば市、代表取締役: 鈴木健嗣・下柿元智也、以下「PLIMES」)は、明治ホールディングス株式会社(本社: 東京都中央区、代表取締役社長CEO: 川村和夫、以下「明治ホールディングス」)を引受先とする第三者割当増資により資金調達を実施いたしました。資本業務提携もあわせて実施し、嚥下評価に基づく食品開発の支援や事業化を促進させます。


■ 資金調達の目的と背景
このたびの資金調達により、主たる事業である嚥下モニタリングの医療福祉現場への提供に向けた事業の促進に加え、飲み込みにくさを感じている方々(嚥下困難者)のより良い食品・医薬品選択をサポートする事業開発を進めます。今後、医療福祉領域にととまらず、食品・製薬領域を巻き込んだビジネス連携、ビジネス開発に取り組みます。

明治ホールディングス及び傘下の明治グループ各社は、「栄養素をおいしく食べる」という基本を大切にしながら、商品や情報、サービスなどさまざまな付加価値を加えた“栄養“の提供を栄養ステートメントとして掲げ、一般食、とろみ調整剤、研究としてのSwallow Visionなどを展開し、ものを飲み込む仕組みを深く理解し、商品開発を進めており、弊社の目指す「1日でも長く食事を楽しめる社会」に向けた取り組みとのシナジーが期待されることから資本業務提携の運びとなりました。

Swallow Vision
https://www.meiji.co.jp/meiji-eiyoucare/knowledge/swallowing/004.html

■ PLIMESのビジョンとビジネスアライアンス
PLIMESは「すべての人が自由に生きる力を」をビジョンに据え、個人の自由をさまたげる社会課題に解を与える活動を推進しています。食べたい食事を選べなくなる「嚥下」「誤嚥性肺炎」の社会課題に対し、口から食べ続ける選択のための新たなエコシステム創出を行い、未来開拓に取り組みます。

PLIMESでは嚥下(飲み込む・口にすること)に関わる社会課題を共に解決するビジネスパートナーを探しています。ぜひ一度コンタクトフォームよりお問い合わせください。
https://plimes.secure.force.com/contact/

■ プロダクト概要
GOKURI(ゴクリ)は、2010年より基礎研究を開始した、国立大学法人筑波大学及び筑波大学附属病院における研究成果の社会実装により、1日でも長く自分の口で食事を楽しめる社会の実現をめざしています。専用に設計されたウェアラブルデバイス(ネックバンド)と嚥下(えんげ / 飲み込むこと)の識別技術により、嚥下音と姿勢を計測します。

ウェアラブル嚥下計 / 摂食嚥下モニタリング解析サービス GOKURI
https://gokuri.com

■明治ホールディングスについて
設立: 2009年4月1日
所在地: 〒104-0031 東京都中央区京橋二丁目4番16号
代表者: 代表取締役社長CEO 川村和夫
ウェブサイト: https://www.meiji.com/
明治グループでは、「健康にアイデアを」をスローガンに、幅広い製品ラインアップを通じて、CURE(なおす)・CARE(まもる)・SHARE(わかちあう)のサイクルで、ひとりの健康をみんなの笑顔につなげていくことを目指しております。また、23中計よりオープンイノベーションを積極的に取り入れ、創業100年の明治グループが培った知恵やバリューチェーンと、スタートアップ企業様のさまざまなアイデアを掛け合わせ、一歩先行く価値の創造を図ります。

■サービス概要
サービス名: ウェアラブル嚥下計/摂食嚥下モニタリング解析サービス「GOKURI」(ゴクリ)
サービスステータス: 訪問歯科、病院、福祉施設等にて導入中、大学病院の臨床研究・コホート研究にて利用中
URL: https://gokuri.com

■ 運営会社社名
PLIMES株式会社 (PLIMES Inc. / プライムス株式会社)
つくば本社: 〒305−8577 茨城県つくば市天王台1-1-1 ILC棟201
設立: 2018年4月18日
代表者: 代表取締役 鈴木健嗣・下柿元智也
コーポレートサイト: https://plimes.com
GOKURI Webサイト: https://gokuri.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)