医療・医薬・福祉

コロナ禍の推計外来患者数の推移 回復基調も受診控えか

メディカル・データ・ビジョン株式会社
 医療情報のネットワーク化を推進するメディカル・データ・ビジョン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎博之)が、新型コロナウイルス禍の外来患者数を拡大推計(※)して集計したところ、2021年12月に向け回復基調を見せているものの、依然19年水準を下回り、受診控えが続いているものとみられる結果となりました。21年12月の外来患者数は19年比2.7%減(20年は19年比6.1%減)でした。


 今回の集計では、当社が二次利用の許諾を得ている急性期医療を提供する全国462病院からの診療データベース(実患者数3,912万人、2022年2月末日集計)のうち、集計期間のデータが全て揃っている378病院のデータを用いました。

※国全体の外来患者数を算出した「拡大推計」とは、MDVが保有する医療機関由来のDPCデータと健康保険組合由来のレセプトデータと厚生労働省のNDBオープンデータを用いて、推計値を算出する機能です。


■拡大推計に関するWebセミナー 5月19日開催

 MDVは株式会社データック(同、代表取締役兼医師:二宮英樹)と2022年5月19日(木)、「リアルワールドデータ(RWD)から全国値を推計する拡大推計機能のアルゴリズムについて」をテーマにした無料Webセミナーを共催します。セミナーの視聴を希望する報道関係の方は、以下のURLからお申込みください。

https://forms.gle/xsjuM7NiLPAyfcow5
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)