広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

医療用放射線検出・監視・安全の市場規模、2027年に14億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医療用放放射線検出・監視・安全の世界市場:検出器(ガス充填、シンチレータ、ソリッドステート)、製品(個人線量計、パッシブ線量計)安全(全身保護)、エンドユーザー(病院、非病院) - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を3月30日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1065503-medical-radiation-detection-monitoring-safety.html




医療用放射線検出・監視・安全の市場規模は、2022年の10億米ドルからCAGR6.8%で成長し、2027年には14億米ドルに達すると予測されています。市場の成長は、癌の高い有病率、老年人口の増加、放射線診断手順の実行数の増加、放射線療法の採用の増加によってもたらされています。

COVID-19が医療用放射線検出、監視、安全市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、人々の健康に壊滅的な影響を与え、多くの国に多大な経済的影響を与えました。医療機関や医療提供者は、病気の蔓延を遅らせ、医療資源を節約するために、選択的外科手術や診察を中止するよう指示されました。その結果、多くの放射線科で画像診断の症例数が急激に減少しました。Harvey L. Neiman Health Policy Instituteが2019年1月から2020年4月にかけて実施した調査(Journal of the American College of Radiology(JACR)誌に掲載)によると、COVID-19の影響で週ごとに、撮影症例数が激減していたことが示唆されています。画像診断症例数の減少は場所によって異なり、外来での減少が最も大きく(前年比最大88%減)、次いで救急外来(46%)、入院(4%)となっています。外来画像診断に依存する診療所は最も深刻な影響を受けることになりました。また、画像処理量の減少はモダリティの種類によっても異なり、マンモグラフィ(94%)、核医学(85%)、MRI(74%)、超音波(64%)、インターベンショナル・ラジオロジー(56%)、CT(46%)、X線(22%)で減少が観察されています。しかし、RSNAに掲載された最近の論文によると、放射線科診療所は、地域のCOVID-19パンデミックの深刻度によって、3~4カ月の間、50~70%の画像処理量の減少が予想できるとされています。

牽引要因:核医学と放射線療法の増加

過去10年間、放射線薬剤、機器、ITの進歩により、核医学診療は大きな変化を遂げました。がんや循環器疾患など様々な病気の診断や治療に核医学が用いられるようになり、放射線の検出・監視・安全装置の需要が高まっています。NHSイングランドによると、2018年3月にイングランドで登録された画像検査は4,270万件で、2017年の4,210万件に比べ、1.4%の増加となっています。

市場機会:技術的進歩のための研究開発

一流の研究機関では、医療行為中の放射線被ばくを検出・測定する新しい技術の開発に重点を置いた幅広い研究が行われています。

課題:厳しい規制要件

医療用放射線に関する規制には、各国ごとに規制機関/部局が定めた標準的なものがあります。例えば、米国労働省は、原子力規制委員会(NRC)、国際放射線防護委員会(ICRP)、全米放射線防護委員会(NCRP)、食品医薬品局(FDA)、米国エネルギー省(DOE)を通じて、放射線に対する防護の基準を定義しています。これらの部門は、医療用放射線検出、モニタリング、および安全製品の承認のためのいくつかのガイドラインを実施しており、これらの厳しい規制により、製品の承認にかかる時間は長くなっています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1065503-medical-radiation-detection-monitoring-safety.html

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)