医療・医薬・福祉 ゲーム・おもちゃ

社会課題を解決する印刷製品の商品化プロジェクトでBtoC事業展開を目指します【カードゲーム×介護レク】【視覚障害者をサポートするシール】

(株)明成孝橋美術
パッケージ印刷会社と大学生による産学連携の商品開発【懐話ふだ】【デコペタシール】

当社は、4月1日を夢を発信する日にしようとするApril Dreamに賛同しています。このプレスリリースは「株式会社明成孝橋美術」の夢です。 自社発で製造販売を行う介護レク・認知症リハビリに使える新感覚のカードゲーム『懐話ふだ』と、視覚障害者の生活をサポートするシール製品『デコペタシール』を、より多くの必要とされている方のお手元に届けるための活動に取り組みます。



株式会社明成孝橋美術(めいせいたかはしびじゅつ)は、主に化粧品・健康食品等のパッケージを扱う印刷会社です。当社の前身となる印刷所の開業から培ってきた技術を活かして、自社発のカードゲームやシール製品の事業展開・拡大を目指します。


商品化第1弾『懐話ふだ』




法政大学生とのコラボで誕生したカードゲーム・『懐話ふだ(かいわふだ)』は、BtoB事業がメインの印刷会社が初めて自社製品として製造販売をスタートした商品です。



企業と学生が共同で新商品開発に取り組むインターカレッジ・Student Innovation College(Sカレ)の第14回大会(2019年)で法政大学生のチームにより『懐話ふだ』が発表され、約半年間の活動実績が評価され、同大会の総合優勝を獲得しました。


大学生チーム自らが作成した商品紹介動画。クラウドファンディングを実施し、開発背景に共感いただいた皆様から支援を募る(現在は終了しています)

『懐話ふだ』の大きな特徴の一つとして、ルールに”回想法”を取り入れている点が挙げられます。
”回想法”は、認知症当事者が自身の過去の話をしたり、思い出のもの・写真を見たりすることで認知機能の改善につながる療法の一つで、医療・介護の現場でも認知症予防・リハビリの目的で活用されています。

『懐話ふだ』は、プレイ中に自身の思い出話をすることで、手軽に”回想法”に取り組むことができるカードゲームです。介護レクを行う現場はもちろん、ご家族・ご友人と一緒に楽しみながら思い出話を振り返ることができます。

ボードゲーム・カードゲームの中には複雑な遊び方をするものが多いですが、『懐話ふだ』はトランプの神経衰弱ゲームに近いシンプルなルールを採用しています。様々な世代の方と遊んでいただけるよう、はっきりとした色合い・文字の大きさにもこだわりました。



トランプの神経衰弱ゲームはカード表面の数字を揃えますが、『懐話ふだ』は色を揃えます。青座布団と赤座布団を1枚ずつめくり、お題の色が揃えば持ち札として獲得し書かれているお題を読み上げて思い出話をします。色が揃わなければカードを裏返して、次の人に順番を回します。

当初は過去のことを振り返る長期記憶と、カードの位置を覚える・思い出す短期記憶を刺激し認知機能の改善につながるカードゲームとして医療・介護施設との販売取引を予定していました。今後はより多くの皆様にお届けできるようご家庭向けのプロモーション活動も視野に入れ、様々なイベントでの周知拡大を目指しています。



商品化第2弾『デコペタシール』

続いて、Sカレ第15回大会(2020年)では、商品化第2弾となる『デコペタシール』が法政大学生チームにより発表されます。「多くの人々が視覚障害をもっと身近に感じられるよう、私たちが架け橋になりたい」という学生の思いからアイデアが生まれました。



『デコペタシール』は、シール表面の突起によって、形の似ているものを触り分けることのできるアイデア商品です。調味料のチューブ容器や家電製品のスイッチなどを見分けることができない・難しい視覚障害の当事者の皆様のために商品化されました。



商品化決定後、まずは視覚障害を持つ60名の当事者に『デコペタシール』の試作品を送り、オンライン通話アプリでやり取りを重ねて商品をブラッシュアップすることに。実際に使っていただいた方の意見をデザインに落とし込むことで、開発チームだけでは気づかなかった課題を解決することに成功します。

その後は商品化実績が評価され同大会の総合準優勝を受賞し、量産化発表前のテスト販売では、点字図書・録音図書の製作・貸し出し、視覚障害者用具・点字図書の販売などを行う日本点字図書館内の売店及びオンラインショップにて販売が実現しました。


第47回KBCラジオ・チャリティ・ミュージックソンの企画『LinQとリンク』より。アイドルグループ「LinQ」メンバーのお二人が視覚障害の当事者の方と『デコペタシール』を体験

当社は『懐話ふだ』『デコペタシール』の製造販売に続き今後も様々なジャンルの製品の開発プロジェクトを立ち上げ、社会の様々な課題を解決いたします。




イベント・販売情報




愛知県刈谷市某所の地域サロンで交流イベントが開催されます。

『懐話ふだ』で遊びながら東海社会人リーグ所属サッカークラブ・FC刈谷キャプテンの佐々木宏樹選手とお話を楽しめるイベントが予定されています。




日本最大のアナログゲームイベント・ゲームマーケットで『懐話ふだ』の販売を予定しています。当日は医療系広告代理店 Medic Art8様とのコラボユニット「心身健やかラボ(https://twitter.com/shin2sukoyaka)」として出展し、事前の予約販売(取り置き)も受付中です。
=============================================
ゲームマーケット2022・春
場 所:東京ビッグサイト 西展示棟1,2ホール
日 時:2022年4月23日(土) 11:00~17:00
ブース:【ス-23 懐話ふだ】(https://gamemarket.jp/booth/4301
※イベントは土・日の開催ですが、当社ブースは土曜日のみの出展です。
※隣接ブース【ス-24 ツボかるた】(医療系広告代理店 Medic Art8様)とのコラボ出展になります。
※入場チケット・イベント情報はゲームマーケット様にお問い合わせください。

予 約:予約販売(取り置き)専用フォーム
https://forms.gle/7FnuTjjqbDgb7Nsf7
締 切:2022年4月18日(月)23:59
※ゲームマーケット2022・春にお越しいただく方向けの予約販売です。
=============================================


『懐話ふだ』は学生メンバーによる提案で、2020年にクラウドファンディングを開催しました。Makuakeで支援を募り、開始1週間で達成率100%を超え最終的に153%で幕を閉じ、現在はAmazonとBASEからご購入いただけます。
=============================================
懐話ふだの販売情報
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B08L93YT8W?ref=myi_il_dp

BASE
https://ideapot.thebase.in/items/34847208

Makuake(クラウドファンディングは現在終了しています)
https://www.makuake.com/project/kaiwafuda/

=============================================


『デコペタシール』は視覚障害の当事者の方により届きやすい施設との販売取引を目指しました。日本最大の視覚障害者用図書館・日本点字図書館内の売店及びオンラインショップでの試験販売を経て本格販売が始まり、現在もお取り扱いいただいています。Amazon・BASEからもご購入いただけます。
=============================================
『デコペタシール』の販売情報
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B09MHHVZBG?ref=myi_title_dp

BASE
https://ideapot.thebase.in/items/58372522

日本点字図書館 わくわく用具ショップ
https://yougu.nittento.or.jp/product1863_130.html

=============================================



受賞歴・メディア紹介実績

=============================================
『懐話ふだ』の受賞歴・メディア紹介実績
Sカレ2019 総合優勝

シニアライフ総研(R)ビジネスアワード2020 プロダクト賞受賞
https://www.seniorlife-soken.com/bzaward2021_b/2020bizaward

東京新聞「認知症をカードで笑顔に 法政大生が開発、同級生の言葉がきっかけ」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/59770

TBSラジオ「蓮見孝之 まとめて!土曜日」
https://www.tbsradio.jp/archives/?id=p-554991

テレビ埼玉「ずっとずっと青春だあ^^!」
https://youtu.be/wQ61M8Eavzg

産経新聞出版「終活読本 ソナエ Vol.35(2020年新春号)」
http://www.sankei-books.co.jp/sp/sonae/

=============================================
『デコペタシール』の受賞歴・メディア紹介実績
Sカレ2020 総合準優勝

WelSearch「視覚障害者の生活を便利にするグッズを学生が開発!デコペタシール開発秘話をインタビュー」
https://welserch.com/interview/unique?fbclid=IwAR1ZxgAOpADUBSzmOl9xU0AR48IxGr4cnrtucXTWfPEourTw-ugNmxc_ZWA

Spotlite 視覚障害のいろは「経営学部の大学生がなぜ? 視覚障害者の声を取り入れた新製品の開発秘話。」
https://spot-lite.jp/dekopetashiru/?fbclid=IwAR01thgEFQJAawZ07sWhY9iSRTGuKFfTZaZN7-4AZIPACljzz84fOYtHJ2w

障がい者のライフスタイルメテ゛ィア Media116「学生プロデュース!視覚障害グッズが商品企画で全国優勝するまで」
http://www.media116.jp/society/10510

文化放送「SDGs Voice」
https://joqr.co.jp/sdgs/topics/800/

ラジオ放送局 ゆめのたね

ラベル新聞「凹凸で”触り分け”を支援」

=============================================



企業情報

株式会社明成孝橋美術は、主に化粧品・健康食品等のパッケージと、ポスター、パンフレット、チラシ、POP、ラベル等、SPツールの企画デザイン・特殊印刷加工を行う大阪の印刷会社です。前身である「孝橋美術印刷所」は酒類や食料品のレッテル(シール)印刷から始まり、終戦後は化粧品のラベルやパッケージを製造するようになりました。初代より技術への向上心が強く、品質の高さが求められる商業印刷を数多く手がけてきたことから”美術印刷”を社名に。時代とともに革新的な印刷技術をいち早く取り入れてきました。
そして現在「明成孝橋美術」となり、”印刷”技術だけにとらわれずメーカーとユーザーの方々を繋ぎ喜んでいただけるモノづくり・コトづくりのため、様々な取り組みにチャレンジしています。2019年度より参画したビジネスコンテスト・Sカレをきっかけに、認知症リハビリの”回想法”を取り入れたカードゲーム『懐話ふだ』や、視覚障がい者の生活をサポートするシール製品『デコペタシール』の製造販売をスタート。今後も様々なジャンルに参入する新商品を企画進行中。

【株式会社明成孝橋美術】
代表取締役:孝橋 悦逹
所在地:大阪市天王寺区清水谷町12-7
設立年:1984年11月
事業内容:化粧品・健康食品のパッケージや販促物の企画デザイン、特殊印刷加工

ホームページ:http://ideapot.co.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/ideapot8/
Twitter:https://twitter.com/IdeaPot1934
Instagram:https://www.instagram.com/ideapot1934/


「April Dream」は、4月1日に企業がやがて叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。私たちはこの夢の実現を本気で目指しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)