アパレル・ファッション 流通

紫外線対策専門ブランドEPOCHAL(エポカル)が、小学生のための紫外線対策用UVカット制帽を企画・販売開始

株式会社ピーカブー
株式会社ピーカブーは、エポカルブランドで、小学生のための紫外線対策用UVカット制帽を新たに企画・販売を始める。日本全国だけでなく、世界からもオリジナルの製品を企画から製造、納品まで受付する。

小学生の制帽に不満を持つ子供・親は多い。株式会社ピーカブーは、自社ブランドEPOCHAL(エポカル)の製品で、その問題を解決し、肌と目の健康を守るUVカット帽子を制帽として提供する。


報道関係各位
2022年3月31日
株式会社ピーカブー

紫外線対策専門ブランドEPOCHAL(エポカル)小学生のためのUVカット制帽の開発・販売を始める
~ どうせ被るなら目と肌を守り、防災の観点からも「使える」ものを子どもたちに使ってほしい~
株式会社ピーカブー(本社:埼玉県和光市、代表取締役:松成紀公子)は、小学生の子どもたちのための「制帽」を従来のものよりもつばが長く、UVカット率が高く、さらに「簡易ヘルメット」を内蔵できるUVカット制帽を開発・販売する。

UVカット制帽 エポカル


製品誕生の背景
エポカルはこれまで、たくさんのUV対策製品を制作してきました。
最初は、アトピーだった子供の肌を守るためにたった1枚のパーカーから始まりました。
たくさんの方々が日焼けや紫外線で悩み、この3月と言う時期は「今まで守ってきた子供の肌を集団生活でどうやって守ったらいいのだろう」と言うご相談メールがたくさん来ます。


当社は、エポカルブランドで、スクールシリーズを展開し、「こそこそUV対策」ができるようにUVカット素材を使用した高いUVカット率をキープできる体操服やポロシャツなどを制作、日本学校保健会推薦用品にするなど活動してきました。


小学生の子どもたちは、特に「日焼けしやすい」時間に通学し、野外活動を行います。
WHOは、SUNPROTECTIONという文書の中で「子供こそ紫外線対策をしなければならない対象だ」と言っています。


当社は、自社のエポカルブランドで、小学校の通学時間もUVケアができるようにと、UVカット制帽を10年前から企画、今までは幼稚園や保育園、こども園などを中心にオリジナル製品を販売してきましたが、昨年の4月奈良県の帝塚山小学校様の全校児童の皆さんのUVカットフラップ帽子を制作したことから、温めてきた企画である小学生向けの制帽も展開することになりました。

エポカル UVカット制帽 小学生用


株式会社ピーカブーの作るエポカルブランドとは

エポカルブランドは、代表の子どもがアトピーと診断された際に皮膚科医から「日焼け対策もするように」と指導されたことから始まり起業、そしてブランドを制作するに至りました。分厚くてUVカットするものは当たり前、また洗濯によって取れてしまう、低減するようなUVカット製品では安心して外には出られません。
薄く、軽く、通気性が良く、これからのような季節(春・夏・秋)でも、「着ているほうが快適だ」と思えるような「木陰の心地よさ」と「高いUVカット効果」があるUVカットウエアを作ることがエポカルのブランドです。
製品すべてにセラミック(酸化チタン)を練りこんだ繊維を採用することにより、高いUVカット効果が生まれます。
エポカル UVカット素材

驚くほど薄い素材(布)なのに、UVカット率91%以上を実現しているのは、この酸化チタンの練りこまれたUVカット素材を使用しているからです。
ブランド基準としては、

UVカット率91%以上(もちろん布1枚で/最高値は完全遮蔽です)
肌に優しい柔らかい素材(敏感肌の方のため)
デザインは、効率の良い紫外線対策ができること(エポカルのオリジナルデザイン)

敏感肌から難病のお子様のためのUV防護服まで、エポカルはあらゆる方のための紫外線対策を応援しています。

多くの人が不満に思う制帽

お母さんたちに聞いた今までの制帽の問題点

洗えない
汚い
硬い
つばが短い
すぐに小さくなる
かっこ悪い
ゴムが伸びる
ゴムがかゆい
ひっかけるところがない
暑い
通気性がない


等のご意見をお客様から頂き、子育て経験のあるスタッフも納得しました。
これをすべて解決できるUVカット帽子を制帽として制作することを企画しました。


株式会社ピーカブーのエポカルブランドでは、子供のためのUVカット帽子のつばの実験をしています

子供の帽子のつばは、5cm以上、さらに角度も必要です。
エポカルブランドの実験


エポカルオリジナルの小学生のためのUVカット制帽の特徴と詳細


小学生のための紫外線対策を目的とした「制帽」
UVカット率98.5%(特殊なUVカット素材使用)
つばの長さ7cm(目と肌の紫外線対策ができる長さ)
UVカット素材を使用(洗ってもUV遮蔽効果は落ちません)
吸汗性速乾性のある素材(汗をかいても心地よい柔らかい素材)
再帰反射テープつき(暗いときでも居場所を知らせる)
顎ゴム取り換えループ付き(ゴムが伸びてしまっても簡単に取り換えられる)
緊急連絡用情報ポケット(必要な情報を帽子の内側に記して入れられる)
サイズ調整可能(小さく2~4センチサイズ調整可能)




エポカル UVカット制帽 小学生用








制帽は、エポカルオリジナルのデザインの3WAYUVカット帽子。つばの上げ下げが可能なため、3つのスタイルで有効な紫外線対策ができます。

株式会社ピーカブーは、スタッフ全員が育児経験のある母親の会社です。
子どもたちに、”被るだけ”の紫外線対策をして、

肌と健康を守りながら、安全に、心地よく通学をしてほしいと願っています。





UVカット制帽のヘルメット内臓について
<特別な機能として>
制帽の中に簡易ヘルメットを内蔵したものも製造可能になりました。
オリジナル製品をご要望の際は、お問い合わせください。上記帽子以外にも、紫外線対策・防災など目的をもって製品を制作できます。制帽・フラップ帽子など子供の健康と安全を守る製品をご要望の場合は、株式会社ピーカブー 企画室へお問い合わせください。


UVカット制帽の販売について/オリジナル制帽の製作受付はこちらから

お問い合わせ先:
株式会社ピーカブー ヘッドオフィス(和光理研インキュベーションプラザ内305号室)
製品企画室 電話048-458-3015 ファックス048-458-3017 mail:office@epochal-uv.com

株式会社ピーカブー


株式会社ピーカブーについて
2022年4月18日で創業20周年を迎える。EPOCHAL(エポカル)という紫外線対策ウエアブランドを展開し、子育て経験や、女性ならではの視点で製品開発を行い、使う人に優しいオリジナル製品を作り続けてきた。また、紫外線対策の啓蒙、情報発信も行っている。現在、理研インキュベーションプラザに本社を置き、服のファッション性を追求するだけではなく、UV対策を科学的な視点からも研究し健康を守るためのウエア作りを目指している。

【会社概要】
会社名:株式会社ピーカブー
所在地:埼玉県和光市南2-3-13 和光理研インキュベーションプラザ305
代表者:松成 紀公子
設立:2002年4月
URL:https://www.epochal.co.jp

【事業内容】
・紫外線対策用品総合ブランドEPOCHAL(エポカル)の企画・開発・販売
・情報提提供・紫外線.comの運営
【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社ピーカブー
TEL:048-458-3015 (平日10~16時)
e-mail:order@epochal-uv.com

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社ピーカブー  佐藤一枝
TEL:048-458-3015
e-mail:office@epochal-uv.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)