食品・飲料 流通

休養も栄養も補給できる賢い選択肢となり、ママとご家族の健康問題の解決を目指します

株式会社MYPLATE
株式会社MYPLATE(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川端史紀)が運営する、“ママに休養と栄養を届ける”宅食サービス「ママの休食(ままのきゅうしょく)」は、おいしく食べ続けていたら健康になれる食の提供を通し、若年女性の低体重や妊産婦の低栄養、低出生体重児の割合の高さなどの日本の健康問題・社会課題の解決策のひとつとなることを目指します。「家事の生産性を高め、自由でゆとりある時間を増やし、得られた時間を“家族”や“自身”のために還元する」ママの休食では、そんなライフスタイルの実現を目指しています。 当社は、4月1日を夢を発信する日にしようとするApril Dreamに賛同しています。このプレスリリースは株式会社MYPLATEの夢です。


【ママの休食】AprilDream



ママの休食は「ママ」を通じてご家族の健康を支えたい

日本は、他の先進国と比較して低出生体重児の割合が高く、その原因の一つとして若年女性や妊婦の低栄養問題が指摘されています。
ママの休食では、日本の健康問題・社会課題に目を向け、「ママに休養と栄養を届ける」ことをテーマにサービスを展開してまいりました。

しかし、多くの方にママの休食をご利用いただく中で、妊活・妊娠期や産後・育児期という女性のライフステージだけでなく、「ご家族」というライフステージにも休養と栄養の大きな課題があると気づきました。
家事、とくに炊事を担うということは、家族の健康を担うということ。だからこそ、その担い手となるパパ・ママには、手作り家庭料理に固執することなく、外食や中食・外注などを含む幅広い選択肢の中で、自分自身にとっても家族にとっても、より健康的な選択をしてほしいと願っています。

ママの休食は“手抜きの手段”ではなく、“賢い選択肢の一つ”となって、ママそしてご家族に寄り添い続けます。


「おいしく食べ続けていたら健康になれる」自然と健康が手に入るサービスを目指して

食品に含まれる栄養素は薬とは違って即効性があるものではありません。そのため、栄養管理は“続けること”が大切です。若年女性や妊産婦の低栄養問題を解決する一手となるべく誕生したママの休食がヘルスケアサービスとして成長していくためには、「行動・習慣を変えること(行動変容)」という課題を無視することはできません。

ママの休食では、サービスの魅力をあらゆる方法で高め、利便性を追求し、「ママの休食」を日常生活の一部と化すことで、意識せずとも健康的な行動が継続できる状況をつくり出すことができると考えています。

1, サービスの魅力
例)料理を休むことに後ろめたさを感じない、ブランドからのサポート
例)料理の彩りが鮮やかで視覚的にもおいしさを感じる。
例)パッケージからも品質の良さを感じる。

2, 利便性
例)電子レンジでチンするだけで簡単に食べられて、しかもおいしい。
例)初回注文後、食数やプランの変更がLINEで簡単にできる。
例)LINEを使って管理栄養士に健康相談ができる。

3, 日常化
例)最適な頻度で定期的に届くお弁当をチンして食べるだけ。
例)あれこれ考えずに食べているだけで栄養管理が達成できる。


ママの休食について

ママの休食は、いのちを育むママとそのご家族に「休養」と「栄養」を届ける宅食サービスです。“休食”という言葉には、休む(適度な休養をとる)こと、給食のような栄養バランスのとれた食事をとることの2つの意味が込められています。新しい生命を育み・産み出す性である女性には、栄養バランスのとれた食事と適度な休養が必要です。 「家事の生産性を高め、自由でゆとりある時間を増やし、得られた時間を“家族”や“自身”のために還元する」ママの休食では、そんなライフスタイルの実現を目指しています。

公式サイト:https://shop.mamakyu.com/
公式Instagram:https://www.instagram.com/mama9_official/

<株式会社MYPLATE 概要>
会社名:株式会社MYPLATE
所在地:東京都渋谷区渋谷3-19-1渋谷オミビル4F
代表者:川端 史紀
設 立:2021年2月9日
従業員数:6名
事業内容:ママの休食の製造・販売、法人向け社食サービス
資本金:5,000,000円

この記事に関するお問い合わせはこちら
info@sevenrich.jp

「April Dream」は、4月1日に企業がやがて叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。私たちはこの夢の実現を本気で目指しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)