教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

国境を超えた「医療の質向上」を叶えるグローバル企業になります!

MEC
臨床や医学研究に携わるジェネラリストを育成するナレッジとマインドを兼ね備えた教育サービスを、日本の医学教育で展開致します

当社は、4月1日を夢を発信する日にしようとするApril Dreamに賛同しています。 このプレスリリースは「株式会社メック(本社・本校:東京都千代田区/代表取締役:日高順子/以下、メック)」の夢です。 医師国家試験対策のパイオニア、株式会社メック(以下、メック)は、医師国家試験合格のための教材開発だけにとどまらず、利用した医学生が「医療の未来」を考えられるサービス・環境もご提供しています。次なる夢は、日本はもちろん、世界で活躍する医師を輩出し、国境を超えた「医療の質向上」を叶えるグローバル企業に成長すること。 世界の医療発展に貢献する! そのために、臨床や医学研究に携わるジェネラリストを育成するナレッジとマインドを兼ね備えた教育サービスを、日本の医学教育で展開致します。 そして、国境を超えた「医療の質向上」を叶えるグローバル企業になります!



■「そもそも、医師国家試験対策の企業なんて初めて聞いた!」
そうですよね。メックをご存知の方って国内でもかなり限定されているのが現状です。そのほとんどが医学生と医師。
メックが開発してお客様にご提供しているものは、「医師国家試験に合格すること」を目的とした教材やサービスです。これでは医学生や医師以外の方がご存知ないのは当然の話。

でもメックでは、ただ「医師国家試験に合格すれば良い」という考えで教材やサービスを生み出していません。
メックの教材やサービスを使って勉強していれば、「医師国家試験に合格」し、さらにそれだけでなく、勉強している間に自然と「医師とは、医療に携わるとはどういうことか、を自分の中で常に意識し、医療の未来を考えられる」人になっている。
この2つを目的としてメックは、医学教育分野だけでなく、ITや人材キャリアに関わる多くのスタッフによって教材やサービスを開発し続けています。

「医師とは、医療に携わるとはどういうことか、を自分の中で常に意識し、医療の未来を考えられる」人材は、医療現場で長きに渡り活躍できる医師になることでしょう。
そういった医師が日本中の病院に溢れたら……?
それは間違いなく、「日本の医療の質向上」を叶えることになると確信しています。
こう聞くと、今までメックをご存知なかった方も、自分にも少しだけ関係のある企業かもしれないって思っていただけたのではないでしょうか。

■メックの夢
2019年終わりから今なお続いているコロナ禍で、私たちは日本のみならず世界の医療の現状を突きつけられることになりました。
そして、自国の医療の質向上だけを考えれば良い時代は終わった、とも感じました。
地球上のどの国でも、先進国同様の医療を受けられるのが当たり前にならなくてはなりません。

それを叶えるためにメックができることは微々たるものかもしれません。
でも、これまで幾多の「医師とは、医療に携わるとはどういうことか、を自分の中で常に意識し、医療の未来を考えられる」人材を日本の医療の現場に送り出してきた企業として、彼らはきっと日本を超えて世界で活躍する医師になる力があると確信しています。

メックの教材やサービスを利用した日本の医学生が、日本の医療の質の向上を、そして、世界の医療の質向上を考えられる医師となって世界にも飛び出して行けるよう、メックのミッション「より良い医師を育み、医療の質向上に貢献する」を追求してまいります。
そして近い将来、このミッションを掲げ、世界で「医療の質向上」を叶えるグローバル企業となります。

「April Dream」は、4月1日に企業がやがて叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。私たちはこの夢の実現を本気で目指しています。


▼株式会社メック 概要
医師国家試験予備校のパイオニアとして40年前に創立し、現在は全国4カ所の医師国家試験予備校だけでなく、全国の医学部でも広く教材・模試・プログラム等を導入していただいております。“より良い医師を育み、医療の質向上に貢献する”を企業理念に、医学部生から医師まで幅広いサービスを提供しています。
https://www.gomec.co.jp/
所在地:〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-3-12 水道橋ビル6F
業務内容:医師国家試験対策予備校、卒業試験対策・医学部進級試験予備校
医師国家試験対応公開模擬試験、出版(医師国家試験対策書籍)
医師人材紹介業(シーメック:有料職業紹介事業 許可番号13-ユ-313402)
医学教材制作事業


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)