自然・環境 医療・医薬・福祉

日本政策投資銀行の「DBJ環境格付」取得のお知らせ

株式会社シード
コンタクトレンズの製造販売を行う株式会社シード(本社:東京都文京区、代表取締役社長:浦壁 昌広、東証1部:7743)は、2022年3月31日に株式会社日本政策投資銀行(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 一、以下「DBJ」)から「環境への配慮に対する取り組みが十分」であると評価され、格付を取得し、「DBJ環境格付」に基づく融資を受けました。




「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により、企業の環境経営度を評点化し、優れた企業を選定するという世界で初めての融資メニューです。

今回の格付では、以下の点が高く評価されました。

1. QC活動(QC:Quality Control 品質管理)における環境関連改善活動の社内表彰や研修の実施等により従業員の環境貢献意識の啓発を行いながら、製造工程の効率化や水の再利用等、環境負荷低減を推し進めるとともに、新たに環境方針の策定と全社横断的な環境マネジメント体制の構築を行い、環境経営の基盤強化に取り組んでいる点

2. 使用済み包装容器(ブリスター)の回収とリサイクルを行う「BLUE SEED PROJECT(ブルーシードプロジェクト)*」にて、他社製品も含めた回収体制を整備し、拠点数の拡大とコンタクトレンズ販売店・消費者への啓発を通じて、業界共通課題であるプラスチックの資源循環促進に積極的に貢献している点

当社は、今後も環境保全への取り組みを積極的に行い、サステナブルな社会やカーボンニュートラルの実現に貢献してまいります。

*当社活動にご賛同いただいている眼科やコンタクトレンズ販売店等に回収ボックスを設置し、自社・他社製品問わず使い捨てコンタクトレンズの空ケースを回収、物流パレットへ再製品化。活動で生じた収益は海の保全団体である一般社団法人JEANへ全額寄付するプロジェクト。

画像データ:https://onl.bz/wwZ1xsr(期限:4月7日)

【会社概要】
会社名:株式会社シード(SEED Co., Ltd.)
代表:代表取締役社長 浦壁 昌広
本社:〒113-8402 東京都文京区本郷2-40-2 電話03-3813-1111(大代表)
設立:1957年10月9日
資本金:18億4,128万円(東京証券取引所市場第一部:証券コード7743)
事業内容:(1)コンタクトレンズ事業 (2)コンタクトレンズケア事業 (3)その他事業(医薬品・眼科医療機器等)

ホームページ:
https://www.seed.co.jp
シード広報Twitter(公式):
https://twitter.com/SEED_koho
                                                 
                                                
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)