医療・医薬・福祉

クラウドファンディングに挑戦!聖マリアンナ医科大学病院での勤務犬3代目育成プロジェクト【日本介助犬協会】

社会福祉法人 日本介助犬協会
●聖マリアンナ医科大学病院の勤務犬モリスが今年度引退予定により、3代目となる勤務犬育成のためのクラウドファンディングを実施


【クラウドファンディング概要】
・プロジェクト名:『これからも患者さんと一緒に活動を。勤務犬3代目育成プロジェクト』
・期間:2022年4月1日(金)~5月31日(火)23時まで
・目標支援金額:4,000,000円
・URL:https://readyfor.jp/projects/kinmuken-morris




クラウドファンディング開始の背景



 聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市)には勤務犬がいます。2015年4月に(社福)日本介助犬協会により貸与された初代勤務犬ミカがハンドラーである医師・看護師と共に活動を開始しました。ミカ引退に合わせて2019年2月にモリスと看護師のハンドラー2名に引き継がれ、闘病意欲の向上、リハビリのサポート、疼痛の軽減、情緒的安定など補助療法として治療計画の元にモリスが介入してきました。今年度モリスが引退するにあたって3代目勤務犬の育成をするべく、かかる費用をクラウドファンディングにて募ることになりました。



勤務犬モリスの活躍




 
モリスは聖マリアンナ医科大学病院にて週2日、患者さんに寄り添ってきました。初代勤務犬ミカの時から関係を継続している患者さんもいらっしゃいます。10年以上の闘病歴の中で入退院を繰り返し、発声も難しい時、身体の苦痛や呼吸苦をともなう時、入院治療が思うように進まない時、食事も摂れない時、眠れない時、様々な苦痛と闘う入院生活の中でいつも動物介在療法を楽しみにして下さっている方がいます。その方にとってこの動物介在療法は症状のある中でも離床を図り、身体機能を少しでも維持向上させるために必要な時間です。いつもはなかなか気が進まない車いすへの移動も、モリスの訪問の時はその時間を楽しみにベッドから起き上がり車いすに移動し、呼吸補助を外し酸素チューブに切り替え、モリスの様子やハンドラーとの雑談で声を出して笑ってくれます。モリスの手をずっとずっとなでてモリスの要求に応えてくれます。その間は苦痛の訴えもなく常に笑顔で溢れています。辛い症状の中での一歩を進めるために、勤務犬の訪問時間は自然に向かいたくなる、苦痛を忘れられる、楽しみとなる、とても大切な時間になっています。勤務犬の存在が多くの人の人生に関わり、温かいぬくもりを与え、優しい記憶を残しています。


(社福)日本介助犬協会について

 手足に障がいを持ち、自立や社会参加に支障がある障がい者の方を、介助犬を通して支援する介助犬訓練事業を行っています。また、人と犬をつなぐ「Dog Intervention(犬による介入)」の取り組みとして、動物介在活動・動物介在療法、虐待や性被害を受けた子ども達に寄り添う付添犬、そして、発達障害や知的障害など様々な障がいを抱える方のご家族へ犬を譲渡する「With Youプロジェクト」などの取り組みを行っています。2015年より聖マリアンナ医科大学病院との共同事業による勤務犬の動物介在療法を行っています。


【問い合わせ先】
社会福祉法人 日本介助犬協会 https://s-dog.jp/
TEL:045-476-9005
Mail:info@s-dog.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)