医療・医薬・福祉 美容・健康

卵子凍結サービス等を提供するグレイスグループ、サイバーエージェントより約2.8億円の資金調達を実施

株式会社グレイスグループ
株式会社グレイスグループ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝見祐幸、以下「グレイスグループ」)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、以下「サイバーエージェント」)より約2.8億円の資金調達を実施いたしました。



【資金調達の背景と目的】
 女性の妊娠する力「妊よう性」は、20代後半から徐々に衰え始め、30代半ばから急速に低下します。その鍵は卵子の加齢にあり、卵子が若ければ、40代の体外受精による出産率は20代と大きく変わらないことが分かっています(米国CDC/疾病予防管理センター、2013)。卵子凍結は、今の自分の卵子を採卵時の若さのまま将来の自分に届けることのできる、言わば「卵子のタイムカプセル」です。

 日本では年間約46万件の体外受精が行われており、今や新生児の14人に1人は体外受精で生まれています(2019年)。ですが日米の不妊治療実績を比較してみると、体外受精を行っている件数に対してその成功率は日本はアメリカの約半分です。日本の体外受精の成功率が低いのは「取り組む年齢が高い=加齢した卵子を使用している」ことが一つの要因であるとも考えられています。



 卵子凍結は、体外受精のプロセスの一部を早めに行っておくことで、将来の出産確率を大きく高めることができる、安全性が確立された技術です。採卵技術の進化により、採卵時の侵襲性(体に与えるダメージ)も低減しており、麻酔を使うことで採卵時の痛みもコントロールが可能になっています。

 ですが生殖医療クリニックでの卵子凍結は、排卵誘発方法の違いや麻酔の有無、採卵・凍結する卵子の個数などによって、トータルの金額が大きく変わることから、特に若い世代において卵子凍結を検討した際に、金銭的負担がネックで決断に踏み切れないケースが多かったのが実情でした。

 グレイスグループは、卵子凍結サービス「Grace Bank」と2022年4月15日にオープン予定の「グレイス杉山クリニックSHIBUYA」の運営を通して、卵子凍結の時間的・金銭的負担のハードルを下げ、若い女性の選択肢が増える社会を目指しています。今回の資金調達によって、より多くの女性に卵子凍結という選択肢が届くよう更なるサービス内容の向上を目指します。また、グレイス杉山クリニックSHIBUYAを情報発信の拠点として、女性の妊よう性についてのリテラシー向上に向けた啓発活動、情報発信も行ってまいります。


【卵子凍結サービス「Grace Bank」について】
 卵子凍結サービス「Grace Bank」は、厳選したクリニックの全国ネットワークと22年間無事故の生体凍結保管施設での一括保管により、高い安全性と将来不妊治療を受ける際の高度な利便性を実現し、凍結卵子保管料に初期費用無料のサブスクリプションプランをご利用いただけるなど、使いやすい価格でお届けする日本最大級の卵子凍結サービスです。

サービスHP:https://gracebank.jp/

【「グレイス杉山クリニックSHIBUYA」について】
 2022年4月15日に渋谷cocoti5階にオープンする、生殖医療・婦人科クリニックです。60年の歴史を誇る杉山産婦人科グループ理事長の杉山力一医師を顧問に迎え、施術技術やスタッフ教育、院内オペレーションに関して、同グループの全面的なバックアップを得て運営してまいります。日本初の定額制卵子凍結パッケージプランを提供するなど、お客さまが使いやすい医療サービスを提供しながら、女性のヘルスリテラシー向上に向けた啓発活動、プレコンセプションケアの推進にも積極的に取り組んでいきます。

クリニックHP:https://grace-sugiyama.jp/




【グレイスグループ 会社概要】
 グレイスグループは、「子供を持ちたいと願う一人でも多くの女性の夢がかなう未来の創出」をミッションに掲げ、女性の医学的機能(月経・妊娠・出産など)にまつわる様々な負担やリスクを軽減するための最先端の総合医療サービスの提供を目指しています。


社名   : 株式会社グレイスグループ / Grace Group Inc.
設立   : 2020年8月31日
代表者  : 代表取締役 勝見祐幸
所在地  : 東京都渋谷区渋谷1丁目23-16-5F
事業内容 : 凍結卵子保管サービス事業、クリニック向けコンサルティング事業




【サイバーエージェント 会社概要】


社名   : 株式会社サイバーエージェント
設立   : 1998年3月18日
代表者  : 代表取締役 藤田晋
所在地  : 東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers
事業内容 : メディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、投資育成事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)