医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

Medii、令和3年度の広島県との実証実験結果を公表

Medii
広島から全国に!オンライン専門医コンサルで地域医療格差低減を!

 遠隔専門医コンサル『E-コンサル(R)︎』を提供する株式会社Medii(東京都渋谷区、代表取締役医師:山田裕揮、以下Medii)は令和3年度に広島県で実施された「ひろしまサンドボックス D-EGGS PROJECT」にて地域医療における専門医偏在課題に取り組む実証実験を実施しました。この度、その結果がまとまりましたので詳細情報を初公開いたします。



「ひろしまサンドボックス」とMediiの取り組み


 「ひろしまサンドボックス」は、広島県が中心となって企業の新たな付加価値を見出す取り組みです。地域課題の解決をテーマとし、企業と共創できる新たな事業構想の場としてこの度、Mediiはニューノーマル時代の課題をデジタル技術を通じて解決するひろしまサンドボックス「D-EGGS PROJECT※₁」に応募。その結果、Mediiが提案した「広島県内での専門医偏在化問題の解決を通して全国の地域医療格差の解決を図る」アイディアが全国計391件の応募の中から最終採択30件(FINAL30EGGS)に選定され、患者負担の大きい病院間の不要な患者紹介割合をオンライン専門医コンサルにより減らすことができるかの検証を行いました。




実証実験の成果


 実証実験には広島県内の13の医療機関と20名を超える医師が参加し、期間中の「E-コンサル(R)」を通じた遠隔専門医コンサルでは、目標であった50件以上の地域患者に関する課題を解決に導きました。また、診療所や小規模病院から大病院へ患者を紹介する際に「E-コンサル(R)」を活用することで、不要な患者紹介を45%減少させることにも成功しました。つまり、専門医の知見がシェアされたことにより、患者の身体的・金銭的な負担の軽減に繋がることが実証実験により証明されました。
 また、地域医療の専門医不足による住民課題調査はデータや資料が世界的にも乏しく、住民や難病患者がどのような課題を持っているのかを明確にするため、実証実験と並行して三次市甲奴町全住民と広島県内の難病患者を対象にした無記名アンケートを実施しました。

 その結果、難病である潰瘍性大腸炎や関節リウマチなどの特殊な治療が必要な患者の総数は「5大疾病※2」の脳卒中や心筋梗塞の患者数と同水準存在することが明らかとなりました。さらには、住民の受療行動においては、脳卒中、悪性腫瘍などの疾患をもつ患者は通院への時間的負担が少ないと回答する一方で、専門医偏在傾向にある指定難病をもつ患者は、遠方から専門医のいる市内中心部へ移動を余儀なくされているため、「通院に負担」を感じていると回答しています。

市内中心部に専門医が偏在


その他にもアンケートでは、かかりつけ医が遠隔専門医コンサル『E-コンサル(R)』を活用することで、患者が遠方への移動負担軽減に繋がることへの期待も数多く寄せられました。
広島市立舟入市民病院小児科 佐藤友紀医師の調査結果より参照
今後もMediiは、さらなる広島県の地域医療の貢献のための取り組みを継続できるよう尽力し、今回培ったノウハウを活かしながら他の地方自治体に対しても引き続き展開し、地域における専門医偏在問題の解決のため真摯に取り組んで参ります。



実証実験の概要





『E-コンサル(R)とは』



『E-コンサル(R)︎』は開業医や医療機関に在籍する医師が1対1で、院外や遠方の専門医にチャット機能及びビデオ通話により、コンサルを受けることが可能なプラットフォーム。従来の院内専門医コンサルと同様に自身の専門外の領域に関するアドバイスや、経験豊かな院外の医師からのセカンドオピニオンを得られる。相談内容に応じて、登録専門医の中から適切な医師をシステムが判断し、登録専門医に相談内容が提案される。

提案された専門医が回答の意思表示することでマッチングが成立する(特許出願 2020-0145514)。地域偏在の課題が大きく知見が行き渡っていない免疫難病や希少難病を中心に全40専門領域を扱っている。現在500 名以上のMedii認定専門医が登録しており、回答までにかかる時間の平均は約45分と迅速に回答に出会えるようになっている。迅速に的確な回答を得られ目の前の患者の治療に活用できる点が評価され、満足度、リピート率も高まっている。現在はリウマチ膠原病内科を含めた免疫難病、間質性肺疾患を中心とする呼吸器内科、感染症内科、血液腫瘍内科、神経内科、希少難病などの登録専門医を拡充し、偏在率が高い領域に強みを置いている。将来的には地域で足りていない専門医リソースを須くカバーしていくことを目指している。


【会社概要】
「どこにいても より良い医療を 全ての人に」を掲げ、ドクターtoドクターのオンライン専門医相談システムを運営するヘルステック領域のスタートアップ企業。500人以上の専門医が登録し、地域偏在の課題が大きい免疫難病や希少難病を中心に全40専門領域を網羅し、専門知見を必要とする医師とオンライン相談でマッチングしている。代表の山田は現役のリウマチ膠原病専門医であり、同時に自身も免疫難病患者でもある。医師と患者の双方向から捉えた地域医療の課題である専門医偏在問題の解決を目指している。


会社名:株式会社Medii
所在地:東京都渋谷区2丁目6-6 Good morning building by ANRI 201
設立 :2020年2月20日
資本金:100,000,000円
代表者:代表取締役医師 山田 裕揮
事業内容:オンライン専門医相談システム『E-コンサル(R)︎』の提供
WEB :https://medii.jp





【 ひろしまサンドボックス「D-EGGS PROJECT」※₁】とは


広島県がデジタルフォーメーションのネクストステップとしてニューノーマル時代における課題をデジタル技術を通じて解決し実現するアクセラレーションプログラムです。全国からアイディアを募り広島県をまるごと実証フィールドとして活用し新しい生活様式や新しい価値観に適応するソリューション
(製品・アプリ・サービス等)をオープンに実証実験のできる場を支援しています。(https://newnormal.hiroshima-sandbox.jp

「5大疾病※2」がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)