スポーツ・アウトドア 医療・医薬・福祉

クオールホールディングス株式会社と一般社団法人日本障がい者サッカー連盟がパートナーシップ契約を締結

一般社団法人日本障がい者サッカー連盟
一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(JIFF/東京都文京区、会長:北澤豪)は、クオールホールディングス株式会社(東京都港区/代表取締役社長:中村敬)とパートナーシップ契約を締結しました。契約期間は、2022年4月1日から2023年3月31日までの1年間です。


左:JIFF 北澤会長、右:クオール(株) 柄澤社長
クオールホールディングス株式会社は、クオールグループとして全国に約800店舗の薬局を展開しており、従業員には多くのスポーツファーマシストや管理栄養士の資格保有者がいます。同社は、これまで特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会による視覚に障がいがある方やそのご家族を対象とした「おたすけ電話相談窓口」事業への薬剤や食事の相談、特定非営利活動法人日本アンプティサッカー協会およびデフサッカーチーム(聴覚障がい者を中心としたインクルーシブチーム)へのアンチ・ドーピングや食事・栄養相談を行うなど、障がい者サッカーへの支援を行ってきました。本契約締結によりスポーツ団体およびアスリートへのメディカルサポートや栄養相談などの支援を拡大してまいります。
高度な専門知識を持ったスポーツファーマシストおよび管理栄養士によるサポートの場を広げることで、薬局機能を向上し、すべての人が安心して相談できる薬局づくりおよび、障がいの有無に関わらず医療サービスを受けられる共生社会の実現を目指します。

■クオールホールディングス株式会社について https://www.qolhd.co.jp/
クオール薬局など全国に約800店舗の保険薬局を展開。医療機関と1対1の信頼関係に基づくマンツーマン薬局のほか、ローソンなどの異業種と連携した薬局など、質の高い医療と健康サポート機能を備えた薬局を拡充しています。また、医療従事者の紹介・派遣や医薬品製造販売などの事業も行っており、研究開発から始まり製造・販売・調剤を経て患者さまに至る、切れ目のない良質な医療サービスを提供しています。医療に携わる企業として、“あなたの、いちばん近くにある安心”をスローガンに、地域の皆さまの安心な暮らしを引き続き支えてまいります。

■一般社団法人 日本障がい者サッカー連盟について https://www.jiff.football/
日本障がい者サッカー連盟は、7つの障がい者サッカー団体*の活動をサポートする中間支援組織です。公益財団法人日本サッカー協会(JFA)の加盟団体で、JFAと協働し、理念に掲げている共生社会の実現と7つの障がい者サッカー団体の強化・普及を推進しています。
*=日本アンプティサッカー協会(切断障がい)、日本CP サッカー協会(脳性麻痺)、日本ソーシャルフットボール協会(精神障がい)、日本知的障がい者サッカー連盟(知的障がい)、日本電動車椅子サッカー協会(重度障がい)、日本ブラインドサッカー協会(視覚障がい)、日本ろう者サッカー協会(聴覚障がい)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)