医療・医薬・福祉 美容・健康

農業体験による心理療法をうつ病の新たな治療法として全国の医療機関で提供します

株式会社Flourishing
農業体験によるメンタルケアサービスを提供する株式会社Flourishing(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中沢 草太)は、農業体験による心理療法を全国の医療機関と提携して提供します。うつ病を含む心の不調を治療する新たな選択肢になることを目指しています。 *当社は、4月1日を夢を発信する日にしようとするApril Dreamに賛同しています。このプレスリリースは「株式会社Flourishing」の夢です。





農業体験の可能性

株式会社Flourishingではこれまで農作業がメンタルヘルスに及ぼす影響に着目し、農業体験によるメンタルケアサービス「WeFarmCare」(https://thewefarm.com)_、法人向けメンタルヘルス研修「WeFarmBiz」(https://thewefarm.com/biz)を提供してきました。より多くの方にサービスをお届けするため日本エイプリル大学と共同研究を行い、農業体験が抑うつにもたらす影響を調査してきました。

調査結果ではセロトニン分泌量増加、血中コルチゾール量低下、うつ病のスクリーニングテストPHQ-9のスコアが有意に低下するなどの変化が見られました。これらは屋外活動による日光や運動、土との触れ合いが影響していると考えられています。またDigital Phenotypingというスマホのセンシングデータを用いたアプローチで農業体験前後の抑うつ度を比較したところ、体験後の通時的な抑うつ度の低下が確認されました。
エイプリルな有意差のグラフ


うつ病治療の新たな選択肢へ

うつ病の治療では抗うつ剤による投薬治療、カウンセリング、TMS治療など様々な選択肢があります。しかし一人ひとり症状や体質が異なるため、副作用に悩まされる方が少なくありません。そうした背景を受けて農業体験による心理療法を医療機関で提供することを目指しました。

農業体験は自然の中で人が本来持っている力を高めることを目的としています。また生態系における土壌の役割や植物同士の相互作用を学ぶことで認知的な内省を促し、身体的要因と心理的要因の両面からケアすることが可能です。


研究による実証と医療機関での提供開始はまだ先の夢となりますが、これからもより多くの方が自分とのつながりを回復し、一人ひとりのウェルビーイングを実現できる機会をお届けしていきます。


お問合せ

本プレスに関するお問合せはこちらのフォームからお願いいたします。
https://forms.gle/aYd3uebMxVMHveU77

●株式会社Flourishingについて


株式会社Flourishingでは誰もがウェルビーイングを実現できる社会を目指し、農業体験によるメンタルケアサービス「WeFarmCare」、法人向け体験型メンタルヘルス研修「WeFarmBiz」、食×メンタルヘルスのオンライン研修「WeFarmVege」を提供しています。
Flourishing HP:https://flourishing.jp
WeFarmCare:https://thewefarm.com
WeFarmBiz:https://thewefarm.com

「April Dream」は、4月1日に企業がやがて叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。私たちはこの夢の実現を本気で目指しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)