医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

クリニック×アートギャラリー|開院のご報告

AFRODE CLINIC
豊かな人生を見出す生活と健康のプラットフォーム

この度、半蔵門線・表参道駅A2出口から徒歩5分の場所に「AFRODE CLINIC(アフロード・クリニック)」が開院しました。以下より、当院のコンセプト、施術、チーム体制についてご説明いたします。




豊かな人生を見出す選択肢を創造する


「AFRODE CLINIC(アフロード・クリニック)」は患者さんが”自らの納得感”を抱きながら、豊かな人生の過ごし方を追求するための機会を創造します。



わたしたちが生きる日本社会は物質的な豊かさに恵まれていることに加えて、生命を存続させるための医療技術及び体制が成熟化しつつあります。1950年以降、平均寿命は緩やかに伸び続けており、今後も更なる進展が期待されています。

今後、現代医療が生命を維持するセーフティーネットとして着実に発展し続けることを踏まえると、次世代の関心ごとはSOL(生命の尊厳)を基調にQOL(生命の質)を考え始めるフェーズに移行しつつあると言ってよいでしょう。つまり人生の豊かさです。

どれだけ衣・食・住が満たされ、さまざまな病気を治療できたとしても、自らの生活において幸福を実感できる基盤がなければ、躍動感のある生を謳歌することは困難です。それゆえ、生命の存続を前提としたうえで、「一人ひとりが豊かな人生を送るために何ができるのか?」という問いに応える必要があると感じています。

しかし、幸福のあり方は杓子定規に決められるほど単純なものではないはずです。そこには自ずから死生観やライフスタイル、生活の有り様を含めた”自分が自分であり続ける”総合的な健やかさを求めるための選択肢が求められるのではないでしょうか。

だからこそ、当院では医療を根幹に据えたうえで、食事、運動、美容、アートなどの他分野と積極的に連携しながら、みなさまの新たな形のウェルビーイングを創造する新しい医療機関を目指しています。


医療を超えたアプローチが活力ある生活を育む

当院では、医療分野を超えた包括的なアプローチを行うために、COREHEALTH,RECOVERY,BEAUTY,の3領域を施術の柱に据えています。

COREHALTHでは、検査を踏まえた上でメンタルケア、睡眠、食事、運動に関するケアを行います。心身の状態をよりよく保ち、生活習慣のなかに隠れているリスクに対処することで、みなさまの健康なライフスタイルを実現します。



また、グローバル化やデジタル化によって、ヒト、モノ、情報が目まぐるしく関わり合っているなかで、生活環境から受けるストレスも複雑化しています。例えば、リモートワークが浸透したことで私生活と仕事場の境目が曖昧になり、切り替えがうまくできずに適応できないといった課題を抱えている人たちも多いのではないでしょうか。

こうした時流に即して、当院では、絶えず変化する環境のなかで見失われる自分と向き合い、「あり方の違和感」を取り除く機会を提供するために、メディテーションルームを設けています。そこでは、マインドフルネスの講座を定期的に開講し、日頃からご利用していただくことも可能です。


RECCOVERYでは、日常生活のなかで蓄積された心身の変化を回復させる視点から、幹細胞上清液点滴、カイロプラクティックを提供します。とりわけ、近年、再生医療分野で注目されている「幹細胞培養上清液点滴」は関係者が独自に開発した国内の製品を使用しており、安全性を担保したうえで関節内の炎症沈静化や組織修復を促進する効果が期待できます。また、投薬や手術で病気を治すだけではなく、カイロプラクターと協力して「医療×X」のシナジーを生み出してまいります。




BEAUTYでは、インナービューティーを基調としたうえで健康的な美しさを自然に維持・促進する最新の医療技術を採用しています。当院の特徴的な施術には、PDLLA(poly-D-L-lactic acid)をベースとするバイオスティミュレーター「AestheFILL(エステフィル)があります。コラーゲンの効果的な生成を活発化させることにより、自然なしわの矯正と肌の若返りを促します。加えて、前述の「幹細胞培養上清液点滴」はアンチエイジングにも応用可能です。その他最新のレーザー治療なども多々兼ね備えております。


老いに伴う美の喪失感を外見を変える方法だけで解決するのではなく、身体に備わる機能を活発化させて、”自分らしい自分”をサステイナブルに実現する美容技術を取り入れています。

以上の3領域から心身の状態を総合的に診療することを通じて、患者さんが実現したい豊かさをともに見つめ直し、活力のある生活を送るための施術を提供いたします。



クリニックのチーム体制

上記のコンセプトを基盤とする分野横断型の施術を提供するために、当院は医療とビジネスのプロフェッショナルから組成したチーム体制によって運営されています。



Concept Doctor/ 株式会社Medical Wellness Partners CEO
道下 将太郎
(プロフィール)
2016年 東京慈恵会医科大学卒業
2017年 東京慈恵会医科大学脳神経外科医局入局
2019年 株式会社Re・habilitation創業
2021年 株式会社 Medical Wellness Partners創業
2022年 AFRODE CLINIC監修


Chief Doctor/院長 
岡本安納

(プロフィール)
2016年 東邦大学医学部卒業
2018年 東邦大学医療センター佐倉病院麻酔科入局
2022年 AFRODE CLINIC院長就任

Chief Chiropractor
水野安祥

(プロフィール)
オーストラリア・公立マードック大学卒業 健康科学士
韓国・ハンソ大学大学院 カイロプラクティック理学修士
年間1万人以上の施術実績を誇る「S‐BODY JAPAN」を運営
株式会社M‐STYLE代表取締役
一般社団法人日本S‐BODY協会理事
2022年 AFRODE CLINICに参画

株式会社Medical Wellness Partners COO/CTO
山田 慎也

(プロフィール)
2014年 京都大学大学院情報学研究科卒業
2016年 株式会社GRI データアナリティクス部
2018年 AGAクリニックを六本木・札幌に創業
2020年 株式会社セブン&アイ・ホールディングス AIデータテクノロジーユニット所属
2021年 株式会社 Medical Wellness Partners創業


日常に溶け込む生活と健康のプラットフォームを目指して


当院は日常のなかに溶け込む生活と健康のプラットフォームを目指しています。すなわち、病気になったときに訪れる「病院」としての機能だけではなく、心身のケア、運動やヨガを楽しむスタジオ、アートを鑑賞するギャラリーなど、日々のなかで変化や楽しみを求める人たちにとって開かれた空間作りを心がけています。病院が苦手な方たちも是非一度、当院に遊びに来てみてください。ご来院される方たちが豊かな人生を送るきっかけ作りに貢献できれば幸いです。

また新規開業に伴い。当院とNFTアーティストとのコラボレーションを実施し、今後も様々なアーティスト様とのコラボレーションを順次予定しております。
https://afrode-clinic.art/information/information003/

アーティストとのつながりが、当院との入り口をたたくきっかけとなると同時に、NFTアートと当院を結びつけ、より豊かな精神性を育む空間を提供して参ります。

『関連リンク』
・公式WEB:https://afrode-clinic.art/
・創業における想い:https://afrode-clinic.art/workshop/workshop001/
・NFTコラボレーション企画:https://afrode-clinic.art/information/information003/
・医療とアート:https://media.b-ownd.com/archives/article/collectors-06
・たのしむリハビリ-Re habilitation https://re-habilitation.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)