ビジネス・コンサルティング 教育・資格・人材

【武蔵野大学】世界初!緑茶による大気汚染肺傷害予防の有効性を発見

学校法人武蔵野大学
~武蔵野大学薬学部 特許出願~

武蔵野大学薬学部(東京都西東京市)田中 健一郎講師は緑茶成分が大気汚染による肺傷害の予防に有効であることを発見し、2022年3月28日、共同先と共に特許を出願しました。



【本件のポイント】


世界初、いまだ確立されていない大気汚染による健康被害を予防する方法として、緑茶成分が有効であることを発見



【本件の内容】


世界の大気汚染による年間死者数が約880万人 (2019年) という状況の中、大気汚染による呼吸器や循環器の健康被害が注目されており、大気汚染が新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) などの呼吸器疾患の発症・重症化へ寄与する可能性も指摘されています。また、大気汚染による健康被害を減らすことは、持続可能な開発目標 (SDGs3:すべての人に健康と福祉を) にも掲げられていますが、その予防法は確立されていません。


武蔵野大学薬学部田中 健一郎講師(代表発明者)は共同先と、大気汚染肺傷害に対する緑茶の機能を解明することを目的とした研究を実施しました。

その結果、独自の大気汚染肺傷害の動物モデル、及び細胞実験系を用いた解析から、いくつかの緑茶成分が抗酸化作用を介して大気汚染による肺傷害の予防効果を発揮することを見出しました。本発見により、緑茶成分が大気汚染による健康被害の予防法として有効であることを世界で初めて提唱することができました。今後、更なる研究とデータ収集を行い、緑茶成分を使って大気汚染による健康被害を予防することのできる新たな方法を開発していく予定です。


【関連リンク】
武蔵野大学薬学部:https://www.musashino-u.ac.jp/academics/faculty/pharmacy/


【武蔵野大学について】

武蔵野大学有明キャンパス
1924年に仏教精神を根幹にした人格教育を理想に掲げ、武蔵野女子学院を設立。武蔵野女子大学を前身とし、2003年に武蔵野大学に改名。2004年の男女共学化以降、大学改革を推進し12学部20学科、13大学院研究科、通信教育部など学生数12,000人超の総合大学に発展。また2021年4月に日本初のアントレプレナーシップ学部、「AI活用」「SDGs」を必修科目とした全学共通基礎課程「武蔵野INITIAL」をスタートさせるなど、2024年の創立100周年とその先の2050年の未来に向けてクリエイティブな人材を育成するため、大学改革を進めている。
武蔵野大学HP:https://www.musashino-u.ac.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)