美容・健康 医療・医薬・福祉

消防団員に多発するけがを予防するために! 順天堂大学と消防基金が共同で開発した運動プログラムを動画で公開

学校法人 順天堂
順天堂大学医学部スポーツ医学研究室は、全国にいる消防団員の公務災害補償等の事業を行う消防団員等公務災害補償等共済基金(消防基金)と共同で、国内の消防団員のけが(外傷・障害)予防やその啓発を目的とした運動プログラムを開発し、その動画を公開しましたのでお知らせします。





順天堂大学×消防基金 共同プロジェクト
運動プログラムの開発について ~背景・目的~

消防団員とは、市町村の非常備の消防機関である消防団において、他の本業を持ちながら消防防災活動を行う非常勤特別職の地方公務員で、全国で約80万人が活動しています。このような消防団員の活動の多くを占めているのが“非常時に備えた演習訓練”ですが、特にその訓練のひとつである消防ポンプ操法訓練において、けがが多く発生(公務災害のうち約50%)していることが消防基金による調査から明らかになりました。けがの中でも圧倒的に多いのが、1.太ももの裏側にある「ハムストリングの肉離れ」などの下肢の筋腱断裂・損傷と、2.足首を内側にひねることで生じる「足関節捻挫」などの下肢の脱臼・捻挫で、これらは競技中のアスリートにもよく生じるけがです。
そこで今回、消防団員のけが予防を進める消防基金と共に、スポーツドクターをはじめ理学療法士やアスレティックトレーナーが在籍し、アスリートのけが予防に豊富な知見を持つ本学医学部スポーツ医学研究室がプロジェクトを立ち上げて、運動プログラムを開発。スポーツ医科学の観点から消防団員に多発するけがに特化した運動プログラムをつくり、全国の各消防団で取り組みやすいように動画で公開しています。

動画のポイント


消防ポンプ操法訓練で多発する「ハムストリングの肉離れ」や「足関節捻挫」の説明をはじめ、けがが生じやすい場面やその動作などについて理解が深められるよう、スポーツドクターによる解説動画を公開しています。
「ハムストリングの肉離れ」などの下肢の筋腱断裂・損傷や「足関節捻挫」の予防には、日頃のウォームアップやトレーニングによる十分な体づくりが重要であることから、それぞれの目的に合わせて実施できるように「ウォームアップ編」と「トレーニング編」に分けた2つのエクササイズを動画で紹介しています。


スポーツドクターの高澤祐治先生(スポーツ医学研究室)が消防団員に多発するけがについて説明する「解説編」
「解説編」では、けがが生じやすい場面やその動作について紹介
「筋や腱に対するストレッチング」をテーマに構成される「ウォームアップ編」
自重で負荷をかけるトレーニング”を中心とした「トレーニング編」






運動プログラムについて
~スポーツドクターからのコメント~
本共同プロジェクト設立の背景には、全国に約80万人いる消防団員の訓練中に、下肢の怪我が多く発生していることが明らかとなったことがありました。この運動プログラムは、アスリートがけがの予防やパフォーマンス向上のために日常的に行っている方法を、簡単に短時間で行えるよう改良しています。ご自身の体力を過信せず、是非、取り入れてみてください。
(スポーツ医学研究室 医師 高澤祐治)

~理学療法士からのコメント~
本運動プログラムは、消防団員の「非常時に備えた演習訓練中」に生じるハムストリングなどの肉離れや足関節捻挫の予防に特化するだけではなく、肩回り、体幹、股関節の動きの連動性に着目したエクササイズが含まれており、身体機能の向上に貢献することができます。トレーニングの「コツ」も解説しているため定期的に本運動プログラムを実施して演習訓練中のけが予防や基礎体力作りに役立ててください。
(スポーツ医学研究室 理学療法士 宮森隆行)

消防団への運動指導を実施して
動画内のエクササイズは、「ハムストリングの肉離れ」や「足関節捻挫」の予防を目的とした、科学的エビデンスに基づく内容となっています。また、実際に順天堂大学の理学療法士やアスレティックトレーナーがアスリートに対して普段から指導している内容が含まれています。さらに、全国の消防団員の皆様からのご要望やフィードバックをいただきながら改良を進めました。「やってみたら体が軽くなった、温まるのを実感した」など、ポジティブな感想をいただいています。消防団員皆様の健康維持・増進のお役に立てば幸いです。
(スポーツ健康医科学研究所 博士研究員 野津将時郎)
消防団での運動指導の様子。消防団員の皆様の要望やフィードバックをいただきながら完成させました。


今回の運動プログラムに関するチラシ
※チラシはこちらからダウンロードいただけます。
https://prtimes.jp/a/?f=d21495-20220404-a0c5d2c4d228de0893fa45991b689328.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)