出版・アート・カルチャー 外食・中食

世界に名を轟かせた 『料理の鉄人』から30年…新人YouTuber【91歳、道場六三郎!】が伝授する時短、節約のアイデアたっぷりの家庭料理とワザが一冊に!/「料理の鉄人」での思い出のレシピも公開

株式会社主婦と生活社
あの伝説的料理対決番組「料理の鉄人」にて、初代「和の鉄人」として名を轟かせた「道場六三郎」さん。あれから30年の時を経て、YouTuberとして復活! チャンネル登録者数は13万人を突破し、91歳にしてますますの活躍を見せています。そこで、株式会社主婦と生活社では、道場六三郎さんのご活躍を一冊にまとめました。本書では、YouTubeで披露したレシピや料理のポイントに加え、家庭料理を楽しむ極意、91歳まで現役を続けられるヒントなどの読み物や、「料理の鉄人」での思い出のレシピも収録。料理の心とワザを、存分に伝授される1冊です。『91歳のユーチューバー 後世に伝えたい! 家庭料理と人生のコツ』4月22日(金)発売予定。





●道場六三郎といえば……言わずと知れた、日本を代表する料理人
かつては、平均視聴率14%以上を誇る料理対決バラエティー番組「料理の鉄人」で、名だたるシェフを次々と負かした伝説の“和の鉄人〞です。番組が始まったのは約30年前。当時、道場さんは60代に入ったころ。その年齢にして、カメラの前で料理の腕を競うことは、無謀ともいえる挑戦だったのではないでしょうか。それなのに、伝統にとらわれない発想と確かなワザで生み出す斬新な料理は、視聴者の目をくぎづけに! 日本料理に変革をもたらしました。
そんな道場さんが、今度はユーチューバーに!? 91歳を超えてなお、新しいことへの挑戦は衰え知らず。流行りのYouTubeで、料理を伝授しようというのです。その動画には、「前日にベッドの中でひらめいた」という、簡単なのに目からウロコの驚きのメニュー、“使い回しができて助かる〞冷蔵庫の残りものでつくるソース、“時短、節約〞で家計にやさしい料理ワザなどなど。どれも、今すぐやってみたくなるものばかりです。
そして、画面に登場する道場さんは、楽しそうにつくって食べて「うん、うまいね」といつもニコニコ。超一流の料理人にもかかわらず、コツやワザをいともやすやすと披露して。料理のレジェンドは軽やかで、じつにチャーミングなのです。
本書は、YouTubeで披露したレシピに加え、家庭料理を楽しむ極意や91歳まで現役を続けられるヒントなどの読み物も満載。YouTube動画と合わせてお楽しみいただける1冊です。








●道場六三郎流 家庭料理と人生を貫くコツ
YouTubeで見せる道場さんはハツラツとして元気そのもの。背筋はシャキッとして、小唄を歌う声は朗々として、まさに“レジェンド〞。なぜなぜ? いつまでも若々しくいられる秘訣はどこにあるのでしょう。道場さんに心のうちとは…?

以下、道場六三郎さん ー本書よりー

〈ユーチューブは、家庭料理のヒントを伝えるために〉
90歳でYouTubeを始めたなんて、驚いたでしょう? 見てくださっている人が13万人以上もいらっしゃるそうで、ありがたいことです。じつは僕、YouTubeを知らなかったんですよ。見たこともなくてね。月に1回ぐらい「料理の鉄人」のときのディレクターが来て、動画を撮っていたんだけど、そのディレクターが「料理のYouTubeをやらないか」って言ってくれたんです。30年来のつき合いで、お互いに信頼しているから「やってみよう」ってことになって。料理をつくるのを動画で撮ってもらっているうちに、YouTubeってものがようやくわかってきた。料理のYouTubeというのは、家庭の人が見るものなんだよね。その人たちが見てつくる家庭料理は、あるものを生かして、お金がかからなくて、簡単にできて、健康によくて、おいしい、といったことが大事でしょう。家庭料理は料理の原点だと思うんです。僕が家で料理をつくるようになったのは、女房が病気になってから。毎日のようにつくりました、残り物を使いこなしてね。冷蔵庫の中身を見て、これとこれで何かできないかって考えるんです。“きれいに早く〞というのが僕の信条だけれど、家庭料理も同じですね。近ごろは両親共稼ぎでみんな忙しい。手近なもので、手早くできて、見た目もよくて、おいしいって最高じゃないですか。そういう料理を、YouTubeという新しい方法でたくさんの人に伝えられるのはいいな。そう考えると、現役のとき以上に、この仕事に意義がある気がするんです。YouTubeで何をつくるか、撮影の前日までちゃんとは考えていません。
料理のことはいつも考えているけれど、「ちょうどいい材料が届いた」って聞けばそれを使うし、冷蔵庫見て「こういうのいいかな」って思えば、それをつくる。調理場に入ってからぱぱっと、ほとんど勘だね。やっているうちに、「あれもつくりたい、これもできるな」ってひらめくんです。
僕は日本料理店をやりながら、いろんな食材や調味料を取り入れてきましたからね。昔、京都でみそ汁の全国大会がありました。僕はみそ汁の中に、牛乳とかチーズ、オレンジジュースとか、あるものいろいろ入れてみた。具はなすびや油揚げを切って入れて。それが、うまい! 優勝したくらいですよ。
ユーチューブで紹介した「ハムネーズ」も、冷蔵庫の掃除のために撮影の朝ひらめいたもの。つまり、料理には“あれがダメこれがダメ〞というのがないんです。基本は押さえつつ、自由な発想でよりおいしくつくる。YouTubeを見ると、自由で簡単で「こんなんでいいんだ」と思われるでしょう。心はいつも少年のごとく。どうやったら面白がられるかをいつも考えているんです。




【書籍概要】
『91歳のユーチューバー 後世に伝えたい!家庭料理と人生のコツ』
発売日:2022年04月22日
著者:道場 六三郎
定価:1,650円(本体1,500円+税10%)
ISBN:978-4-391-15713-0
発行所:株式会社主婦と生活社
〈HP〉https://www.shufu.co.jp/bookmook/detail/978-4-391-15737-6/
[Amazon]https://www.amazon.co.jp/dp/4391157136/
[楽天ブックス]https://books.rakuten.co.jp/rb/17048641/


【プロフィール】道場六三郎(みちばろくさぶろう)
1931年1月3日石川県山中温泉に誕生。1948年、知り合いの魚屋で初めて包丁を握ったのを機に料理人を志し、銀座「くろかべ」、神戸「六甲花壇」、金沢「白雲楼」、赤坂「赤坂常盤家」で修業を重ねる。1971年「銀座ろくさん亭」を開店。1993年にはフジテレビの伝説的料理番組「料理の鉄人」に出演し、初代「和の鉄人」として名を轟かせる。そのほか、有明でのワールドカップ、香港決戦、1995年1月事実上の引退試合となった最強鉄人決定戦など、あらゆる料理対戦でタイトルを獲得した。2005年には厚生労働省より卓越技能賞「現代の名工」を受章、2006年園遊会に招かれ、2007年旭日小綬章受章(勲四等)。2021年「銀座ろくさん亭」を、50年続いた銀座8丁目から6丁目へと移し、91歳になった今なお仕事にゴルフにバリバリ取り組む。YouTube「鉄人の台所」ではひらめきの家庭料理を披露し、13万人以上のフォロワーを楽しませている。

YouTube「鉄人の台所」/【極上おにぎりの作り方】道場六三郎の家庭料理レシピ#1


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)