流通 食品・飲料

冷凍パンブランド「Pan&(パンド)」より、冷凍だからこそフレッシュで美味しいパンに合う食べるスープ『雪下にんじんのポタージュ』を新発売!

スタイルブレッド
Pan&(パンド)公式オンライストア(https://pand.jp/)は、2022年4月4日(月)より、新潟県津南町の名産「雪下にんじん」を贅沢に使用した『雪下にんじんのポタージュ』を発売いたしました。





驚くほど甘くておいしい「雪下にんじん」




国内有数の豪雪地、新潟県津南町の名産「雪下にんじん」。畑に植えたまま雪の下で越冬させ、春に雪を取り除きながら収穫されます。雪の力で熟成されたにんじんは、クセが無くフルーツのような甘みが特徴です。じっくり炒めて旨みを引き出した玉ねぎににんじんを加え、少量の生クリームでコクを出し、甘くてクセのない優しい味わいのパンドのオリジナポタージュに仕上げました。



商品概要

雪下にんじんのポタージュ
・販売価格:454円(1袋180g)/定期価格:440円
・商品URL:https://pand.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=560&cat=116119



牛乳を足したり、濃厚な味わいがお好みなら生クリームやチーズをプラスしたり、自分好みのちょい足しアレンジを見つけてみるのもおすすめです。

雪下にんじんのポタージュに合わせるオススメのパン
・ハニーソイ/はちみつ豆乳パン
https://pand.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=6&cat=700127
・ナチュール/国産小麦パン
https://pand.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=4&cat=700127
・メルティ塩バターパン
https://pand.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=559&cat=700133
・絶品チーズクッペ
https://pand.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=536&cat=700133



冷凍だからこそフレッシュで美味しい

■パンドの冷凍スープ 3 つのこだわり


パンドの冷凍スープは「パンに合う」のはもちろん、パンドのパンと同様に、毎日食べても飽きの来ない味わいに仕上げています。
1. 安心して食べて欲しいから、余計な添加物は不使用
2. できる限り国産素材を選択
3. 冷凍なのは、作りたての味わいをフレッシュに活かしたいから

「Pan&(パンド)」とは



厳選素材と伝統製法で仕込んだパンを、焼きたての最高の状態で急速冷凍した極上のプティパン。食べるその時が焼きたてのパンは、暮らしを豊かに彩ります。
封を開け、新鮮なパンを焼く時間は、妙に心が整います。
ほんの数分「待つ」とか「仕上げる」感覚を暮らしに取り入れ自分のペースを取り戻す、そんな自分へのご褒美となる特別なパンを目指します。

公式オンラインストア:https://pand.jp/
取扱い店舗:https://stylebread.com/pand/stores.html



会社概要

会社名  株式会社スタイルブレッド
設立   2006年5月
代表者  代表取締役 田中 知
資本金   5,000万円
事業内容 パンの製造・販売

株式会社スタイルブレッドとは

「Pan&(パンド)」を製造・販売する株式会社スタイルブレッドは、群馬県桐生市の大正時代から続くベーカリーが母体の会社です。今から約20年前、現在の代表・田中知が、まだベーカリー職人時代に、アメリカの冷凍パン工場へ視察に行った際、冷凍パンのおいしさと、「おいしいパンを冷凍するからおいしい」という言葉に感銘を受け、2006年から株式会社スタイルブレッドとして冷凍パンの販売をスタートしました。

自家製の発酵種<桐生酵母>や厳選素材を使用し、生地作りから焼き上がりまで2日間の低温長時間熟成を採用したこだわりのパンを、毎日群馬県桐生市にある自社工場で製造しています。

主にホテル・レストランを中心とする外食産業への業務用販売、現在までの取引実績は3,500以上に上ります。そしてスタイルブレッドの企業理念「パンを通じて上質な時間を創り、パンを通じて心の贅沢を創る。」のもと、2018年3月にコンシューマー向けブランド「Pan&」をスタートしました。忙しい毎日だからこそ、上質と節約を兼ね備えた、パンのある新しいライフスタイルを提案していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)