出版・アート・カルチャー 美容・健康

TVドラマのヨガ監修者が伝える癒しのメソッド『読むヨガ ポーズをとらなくても心も体も軽くなる!』発売!!

株式会社小学館

体を動かす前に、心を動かせばスッキリ! ヨガインストラクター・密山礼巳さんの、毎日をラクに生きるヒントとテクニックとは?


『読むヨガ 
  ポーズをとらなくても心も体も軽くなる!』

著/蜜山礼巳 
定価/1650円(税込) 
四六判・176P
2022年4月5日発売
発行/小学館
https://www.shogakukan.co.jp/books/09311511



「健やかで美しく幸せな人生」を送るヒントがつまっています!(上野樹里)

主演・上野樹里がヨガインストラクター役を演じるTBS系火曜ドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』(2022年4月19日より放送 毎週火曜22:00~)のヨガ監修者・密山礼巳さんの初の著書には、上野さんからこんなコメントが寄せられました。

ドラマでは、現代を生きる私たちの心を癒してくれる呼吸法やヨガ哲学の数々も見どころとなっていますが、『読むヨガ』にはそういった、いまの時代にこそ取り入れたいヨガのエッセンスが凝縮されています。

<ヨガ=ポーズをとること>と思いがちですが、ヨガの目的とは「心の波を穏やかにすること」。ネガティブな感情を鎮めて、「心地よく生きるためにはどうしたらいいか」を追求するステップの中のひとつとして、ポーズがあります。

ヨガのポーズをとると、リフレッシュできて気持ちがスッキリします。ただ、「体を動かさなくても、ヨガの考え方を日常に取り入れれば、ポーズをとったときのように心はスッキリします」と密山さんはいいます。


「自分が自分のお医者さんになって処方箋を出すように、心の波に冷静に対応ができるのです」

撮影/白田光孝



ヨガで大切なのは「自分と向き合うこと」

「人と比べてしまう」「がんばりすぎて疲れてしまう」……。
皆さんも同じような思いをしたことや心当たりはありませんか?
そんな、現代人が抱えがちな悩みも、ヨガの考え方をヒントにすれば解決できます!

密山さん自身、ヨガインストラクターになる前の会社員時代には、まつ毛のエクステ1本のずれも許せないほどいつも鏡を見て、ブランド品を身につけ、外見をばっちり整えていないと不安だったそう。

「いま思えばそれは、自分の内面に自信がないから、ブランド品という目に見える装飾品でなんとか自信を持とうとしていたんですね」(密山さん)。

仕事でも「できない」と言えず、自分には大きすぎるミッションでも、周囲に頼れずひとりで抱えこみ、勝手に苦しむことに。あげく、体調を崩し、結局休職してしまった……。

密山さんは、休職するところまでいってようやく、「自分を無視して走り続けていた」とわかり、自分と向きあうためにヨガのレッスンを受けるようになりました。

当時は、自分に満足なんて一生できないと思っていた蜜山さん。だからこそ、ヨガのインストラクターにかけられた
「今のままで十分です」
「完璧を求めないで」
といった言葉に、最初は疑問符だらけだったといいます。

それでも、ヨガと向き合っていくうちに
「負けず嫌いなクセがでたなぁ」
「隣の人と比較しちゃってた!」
と自分の内面を知り、悩みを解決するヒントが見つかっていったそうです。

密山さんは、モヤモヤしていた悩みを、ヨガで体と心を動かしスッキリさせていった経験から、同じように悩んだり迷ったりしている人たちに伝えていきたい、とヨガインストラクターになることを決意しました。


「ポーズをとっている時だけでなく、ちょっとした意識をもつことで『ヨガのある1日』を過ごせます」
撮影/白田光孝



目標がなくたって、いいんです!

本書の中で、「えっ!?」と皆さんが驚くであろうフレーズのひとつが、
「目標がないと幸せになれないんて、誰が決めたのでしょう。 何者かにならなくたって、目標がなくたって、いいんです」

競争社会を生きていると、「目標がないなんて、そんなフワっとした生き方でいいの?」と人から言われたりするかもしれません。

でも、たとえば「人にやさしい自分でいたい」というテーマで人生を送ってもいいと密山さんはいいます。

自分が「どうなりたい」ではなく「どうありたいか」を軸に考え、したいことを積み上げて、自分を作っていくという生き方も心地よい、と。

これを読んだだけでも、モヤモヤが晴れて心がスッと軽くなりませんか?


ヨガのポーズをとるのは体の硬い自分には無理、恥ずかしい……という方から、ヨガをやったことはあるけれど、考えには深く触れたことがない、という方まで、心と体が自然とほぐれてくること、間違いありません!


【密山礼巳さん プロフィール】
みつやま・れみ。ヨガインストラクター。元大手IT企業のwebプロデューサー。多忙な会社員生活の中で、ヨガに出会い、自分と向き合う大切さを知る。自分を深く知ることで穏やかになり、忙しくても笑顔に包まれた生活を送れるようになった経験を多くの人に伝えたいと、「RYT200」(全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター資格)を取得し、ヨガインストラクターに転身。現在は、都内スタジオやオンラインを中心に、ヨガレッスンを開催。初心者にもわかりやすく効果のある動作誘導に定評があり、企業向けレッスンや、ブランドコラボレッスンも行う。2022年TBS系ドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」のヨガ監修を務める。「美的.com」にて、「ヨガ講師・密山礼巳の『れみストレッチ&エクササイズ』」を連載中。
Instagramアカウント:@remi21
https://instagram.com/remi21


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)