暮らし 医療・医薬・福祉

「インターペット大阪」 開催決定!

メッセフランクフルト ジャパン株式会社
2023年6月16日(金)-18日(日) インテックス大阪1・2号館

一般社団法人ペットフード協会(会長:児玉博充)、一般社団法人日本ペット用品工業会(会長:赤津功一)、メッセフランクフルト ジャパン株式会社(代表取締役社長:梶原靖志)は、西日本エリアで初となる「インターペット大阪」の開催を発表、出展者の募集を開始しました。2011年にスタートした「インターペット」は「人とペットの豊かな暮らしを提案する」をコンセプトに、さまざまな製品、アイデア、サービスを国内外から集結させた日本最大級のペット産業国際見本市です。会期前半はペットビジネス従事者らの商談の場として、後半は一般来場者にも公開され、ペットオーナーがペットと一緒に来場できるペットイベントとして、規模を拡大しながら東京ビッグサイトで開催しています。


2021年のビジネス来場者は商社・卸・問屋、ペットショップ、ECサイトなどの小売業者が全体の25.8%を占め、続いてペットサロン従事者が17.7%でした。2022年4月の東京開催では、465社の出展者がペットフードやグッズ、自動車、インテリア、IT家電などを、43,755名の来場者と18,513のペットに披露しました。初開催となる大阪では、約150社の出展者と3日間で12,000名の来場者を見込んでいます。

一般社団法人ペットフード協会の「全国犬猫飼育実態調査」では、2021年の新規犬飼育世帯は約 38 万世帯と推定され、2019 年比で 22.2%増加。新規猫飼育世帯は約 36 万世帯で17.9%増加しているなど、新型コロナウイルスの影響がペットとの生活にも少なからず変化を起こしていると推測できます。また、2019年以前と比べて「心穏やかに過ごせる日々が増えた」 「寂しさを感じることが減った」と飼育者が感じる割合が高く、ペットの社会的価値や心理的な価値が高まっていることもうかがえます。特に比較的世話の負荷が少ない猫の飼育頭数は緩やかな増加傾向が続き、20-30代の若飼育者の増加にもつながっています。

これからも期待されるペット業界のさらなる発展に貢献するため、「インターペット大阪」でもペットビジネス従事者には充実した商談と、最新情報の発信や収集に役立つ場をサポートします。一方で、一般来場者にとってもペットと一緒に楽しむイベントとしてだけではなく、ペットの生体や飼育についての正しい知識やマナー啓発につながる学びの機会を提供します。

■開催概要




「インターペット」に関する最新情報は、以下にてご確認ください。
公式サイト:www.interpets.jp
公式インスタグラム:www.instagram.com/interpetsofficial
公式ライン:https://page.line.me/?accountId=238rihtb

出展に関するお問合せ先
メッセフランクフルト ジャパン株式会社
インターペット事務局
Tel 03-3262-8460
info@interpets.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)