ビジネス・コンサルティング 医療・医薬・福祉

〈業界初〉ビジネスゲーム型「仕事と介護の両立」研修 けあとの遭遇(R) 紹介動画配信スタート!

株式会社and family
とっつきにくい「介護」をビジネスゲーム型研修 けあとの遭遇(R)で疑似体験

「働きたい人が 働きたい場所で 働ける職場づくりを」をコンセプトにビジネスゲーム型企業研修を通じた研修・コンサルティング事業を手掛ける株式会社and family(東京都中央区日本橋小網町、代表取締役 佐々木将人)は、ビジネスゲーム型「仕事と介護の両立」研修 けあとの遭遇(R) の紹介動画の配信を開始いたしました。  ~ビジネスゲーム型「仕事と介護の両立」研修 けあとの遭遇(R)紹介動画~   https://youtu.be/ga84SGS30uQ


●けあとの遭遇(R)提供の背景


 日本は2007年に「超高齢社会」に突入し、2025年には団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる、いわゆる「2025年問題」が目前まで迫ってきています。
 平均寿命と健康寿命の間には約10年のギャップがあり、誰もがなんらかの「介護」を必要とする日本において、このまま「2025年問題」に直面した場合、団塊の世代の子供世代にあたる働き盛りの40代前後の方々が「介護」に直面し、働きたくても働けない状況に直面する恐れがあります。
 そのような状況において、「仕事と介護の両立」は働いている人はもちろんのこと、その周りの同僚や家族、所属する企業を支えるためにも必要不可欠です。
 とはいえ、「介護」というあまり馴染みのないものを事前に準備するというのはなかなかハードルが高いという方も多いのも実態としてあります。
 これから「介護」を抱える働き盛りの世代が、突然起こる介護のために働けなくなるリスクを最小限にするためにも、本人の心の準備職場の〈助け合い〉を実現することを目的にけあとの遭遇(R)は誕生しました。

けあとの遭遇(R)ワークショップ とは?



  企業の9割が今後の「仕事と介護の両立」に不安を抱えていると言われています。
  その理由は、主に2つ
   制度や研修への従業員の関心が低いこと
   介護を抱えた人が人事や職場で相談をしない・しにくい雰囲気があること
  そのため、働き盛りの従業員が安心して働ける職場をつくりたい企業様は、各種支援制度の「認知度向上」と制度を利用できる「雰囲気づくり」に取り組んでいますが、なかなかうまくいっていない状況です。
  そこで、業界初(当社調べ)のビジネスゲーム型企業研修「けあとの遭遇(R)」で、
   ・ イメージしにくい「介護」による生活や仕事への影響を疑似体験する
   ・ 職場で「介護」が起こったことを話してしまうことを疑似体験する
   ・ 参加した方々の中で「介護」に関する共通言語ができる
  ということを〈体感〉いただく「共有体験」を通じたワークショップ型研修でこの課題を解決いたします。
  アタマで〈理解〉するだけでなく、「共有体験」を通じた〈体感〉によって、お互いが自己開示を含めたチームビルディングを自然と行うことができるようになりますので、 
   「ジブンゴト」化 → 知識の習得
  という流れを無理なく、より効果的な研修として実施することができます。




 ~日経ヘルスアップにて特集されました~


 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO54650080R20C20A1000000


今後の展開
 株式会社and familyは、「仕事と介護の両立」を実現するために、
  1)調   査 (職場診断ツール)
  2)研   修 (介護・お金・キャリア)
  3)相談窓口 (介護・お金・キャリア)
  4)環境整備 (各種制度づくり支援、ツール)
 という4つのサポートを行うプラットフォームを構築し、各専門分野におけるパートナー様と共にクライアント様の「仕事と介護の両立」を実現する『職場づくり』の支援を行ってまいります。


【株式会社and family について】


 会社名 : 株式会社and family
 所在地 : 東京都中央区日本橋小網町8-2
 代表者 : 代表取締役 佐々木 将人
 設 立 : 2019年3月15日
 事業内容 : 「ワーク」と「ライフ」を融合・統合する
       《ワーク・ライフ・インテグレーション》を実現する
       〈職場づくり〉をテーマとしたビジネスゲーム型企業研修を提供        
 URL :  https://and-fam.com/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
 株式会社and family
  E-Mail : info@and-fam.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)