ネットサービス・アプリ

元データアナリストが「習慣化」を科学したアプリ、継続成功ユーザー10万人突破

bondavi株式会社
新社会人、新入生の 「新しい習慣」 づくりにも

アプリ開発ベンチャーbondavi(ボンダヴィ)(本社:神奈川県、代表取締役:戸田大介)の習慣化アプリ「継続する技術」で、前年度に「本を読む」「筋トレをする」などの目標を30日間継続できた人数が10万人を超えました。 同アプリは、元データアナリストの社長が100万人以上の行動データから 「三日坊主になる心理」 を徹底的に分析して開発されており、従来のアプローチと異なる 「スマホアプリだから可能なデータ分析」 を活用した結果、継続成功率が高まっています。




4月は新しい目標を立てる時期。しかし、続かない。
新年度に入って環境が変わる4月は、
「社会人になったから毎日キャリアアップのために本を読もう」
「大学に入ったし、心身ともに成長するために、筋トレでも始めよう」
といったように、新しい目標を立てる人が増える時期です。

しかし、残念ながらそういった目標の多くは、生活に定着せず、三日坊主で終わってしまいます。
( 「新年の抱負は、達成どころか、覚えられてもいない*」 という事実と同様と考えられます)
* https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000066061.html


「続かない習慣」 に、データ分析でピリオドを打つ


せっかく意気込んで目標を立てたのに続かず、挫折してしまう。
そんな問題を解決するために作られたのが、習慣化アプリ 「継続する技術」 です。

「継続する技術」 は、当社の社長が広告代理店でデータアナリストをしていた時代に作り始めたアプリです。
社長は当時、「データ分析」の実務を通じ、その技術の可能性を強く感じていました。
アプリを使う本人も気付いていないような微かな感情から生まれる行動の違いも、大量のデータを通すことで、はっきりと理解することができます。(後述)

そして、「この技術を何か価値あることを役立てたい」 と作られたのが、アプリ 「継続する技術」 でした。
データ分析で 「三日坊主になる心理」 を徹底的に理解し、一つずつ対策して 「習慣化を科学」 していけば、継続成功率を格段に高められるのではないかと考え、このアプリは作られました。


「習慣化を科学する」とは、どういうことか


例えば、「社会人になったから、読書をしよう」 という目標を立てる時、
「毎日した方がいいのか。それとも、平日だけの方がいいのか」
という疑問があったとします。

この時、普通の実験方法
「200人を実験対象に、1. 毎日読書する100人 2. 平日だけの100人 に分け、継続率を比べる」
では、その問いに答えられる可能性はかなり低いと考えられます。
200人では少なさすぎて、結果が単なる 「誤差」 にすぎない可能性が高いからです。

その問題は、膨大なデータがあれば解決できますが、「実験協力者を10万人用意する」 といったことは現実的にはほぼ不可能です。

一方、スマホアプリではそれが可能となります。
「継続する技術」 は100万人以上にダウンロードされています。
そのため、「毎日の方がいいのか」 といった問題にも一つ一つ、統計的に信頼できる答えを出すことができます。
(ちなみに、毎日の方が続きます)

「継続する技術」 は、このような数パーセントの地道な改善を一つ一つ積み重ねて、継続率を高め続けています。
前年度は、「毎日読書する」 などの目標を30日間継続できた人の数が10万人を超えました。

新年度に新しい目標を立てる方々に、少しでもお役に立てれば幸いです。


余談:お金で買えない数字
ダウンロード数も知名度も、お金で買うことができます。
たくさんのお金を払って広告を打てば、どちらも必ず手に入ります。
しかし、実績を買うことはできません。
「本当に誰かの役に立てた」という実績を示す数字を、お金で買うことはできません。


アプリ「継続する技術」概要


リリース日:2016年6月19日
価格 : 無料
App Store : ‎https://apps.apple.com/app/apple-store/id1120239484
Google Play : https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.bondavi.consistency&hl=ja&gl=US
画像素材 : https://drive.google.com/drive/folders/1X05F3k3m8znxzop2wB1XLHSDIf9gthjF?usp=sharing


会社概要
会社:bondavi株式会社 神奈川県横浜市青葉区荏田西1丁目12番地39
代表取締役:戸田 大介 (とだ だいすけ)
HP:https://bondavi.jp
アプリ開発ベンチャー。無名企業ながら、累計ダウンロード数は340万超。「ユーザーファースト」 の精神から広告やアプリ内課金を断念し、当然ながら経営難に陥っている。資金が尽きる前に黒字化しないと倒産する状況となっており、「寄付だけで黒字化」 という不必要にチャレンジングな目標を強いられている。
https://bondavi.jp/donate
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)