医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysm、 富士フイルムメディカル社の読影ビューワ SYNAPSE SAI viewer との 連携機能を提供開始

LPIXEL
 エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:鎌田富久、島原佑基、以下「エルピクセル 」)は、富士フイルムメディカル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 川原 芳博)と提携し、同社が販売する読影ビューワ SYNAPSE SAI viewer と医用画像解析ソフトウェア EIRL Brain Aneurysmの連携機能のサービス提供を開始いたしました。 本連携機能により、SYNAPSE SAI viewer の導入施設が、EIRL Brain Aneurysmをスムーズに導入、利用開始できるようになります。  また、2022年4月15日(金)~17日(日)にパシフィコ横浜で開催される「2022国際医用画像総合展(ITEM2022)」では、富士フイルムグループのブースにて、SYNAPSE SAI viewerと接続したEIRL Brain Aneurysmが展示される予定です。


【「SYNAPSE SAI viewer」について】
「SYNAPSE SAI viewer」は、CT・MRI画像からの臓器自動抽出や椎体・肋骨の経時差分表示など、富士フイルムがAI技術を活用して開発した画像解析機能・画像診断支援機能・診断ワークフロー支援機能を備え、医師の画像診断を強力にサポートする読影ビューワです。
※ 詳細については、製品サイト(https://www.fujifilm.com/jp/ja/healthcare/healthcare-it/it-imaging/sai-viewer)をご参照ください。

【医用画像解析ソフトウェア EIRL Brain Aneurysmについて】
脳MRA画像より2mm以上の嚢状動脈瘤候補点を検出しマークを表示することで、医師の読影をサポートするAIソフトウェアです。医師単独で読影した場合と比べ、本製品を併用し読影することで約10%の感度向上が認められ、2019年10月に深層学習を活用した脳MRI分野のプログラム医療機器として国内初の薬事承認を取得、販売開始いたしました。2021年6月には偽陽性数を削減するなど検出精度を向上させた新モデルをリリースいたしました。本製品を含むEIRLシリーズは累計200以上の医療施設に導入されています(2021年10月末時点)。

販売名:医用画像解析ソフトウェア EIRL aneurysm
承認番号:30100BZX00142000
製品サイト:https://eirl.ai/ja/eirl-brain_aneurysm/


関連するプレスリリース
2019年10月15日「医用画像解析ソフトウェア EIRL Brain Aneurysmを発売」
https://lpixel.net/news/press-release/2019/9757/
2021年6月4日「医用画像解析ソフトウェア EIRL Brain Aneurysm、一部変更申請の承認を取得」
https://lpixel.net/news/press-release/2021/10319/


【AI画像診断支援技術について】
高度化するモダリティとともに、医療画像診断の作業は膨大化しています。AIを活用した独自のアルゴリズムによって、脳MRI、胸部X線などの医療画像情報を解析し、効率的で、正確な診断が出来る環境の提供を目指します。
EIRLプロダクトサイト(医療従事者向け):https://eirl.ai/ja/

【AI画像診断支援技術について】
高度化するモダリティとともに、医療画像診断の作業は膨大化しています。AIを活用した独自のアルゴリズムによって、脳MRI、胸部X線などの医療画像情報を解析し、効率的で、正確な診断が出来る環境の提供を目指します。
EIRLプロダクトサイト(医療従事者向け):https://eirl.ai/ja/

【エルピクセル株式会社について】
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持ち、医療・製薬・農業分野において画像解析技術とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウエアを開発してまいりました。医師の診断を支援するAI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」、創薬に特化した画像解析AI「IMACEL(イマセル)」を軸に事業を展開しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)