ネットサービス・アプリ 暮らし

★無料★”動画視聴→オンラインセミナーで質問”『みんなで学ぶ子どものアレルギー』専門医や小児アレルギーエデュケーターが分かりやすく解説!仲間づくりができる交流会も

一般社団法人ヘルスサポーターズイノベーション
3ステップで学びやすい♪【STEP1 会員登録する】【STEP2 都合のいい時に動画を視聴】【STEP3 オンラインのセミナーや交流会に参加する】

妊娠期から子育て期まで切れ目なく専門性の高いサポートをオンラインで提供する一般社団法人ヘルスサポーターズイノベーション(佐賀県佐賀市、代表理事:寺野幸子)は、昨年に引き続き2022年度も小児アレルギーの予防や悩みの軽減を目的に動画の配信やオンラインセミナーを開催します。さらに、今年度は新たに、保護者などが暮らしの中で行っている工夫をシェアするなど仲間づくりの場になる『アレッ子 ママ&パパ 交流サロン』も始まりました。





『みんなで学ぶ子どものアレルギー』の参加方法


CHILWEL(チルウェル)に会員登録(無料)を行ってください。


家族の健康サポートサービスCHILWEL(チルウェル)への会員登録(無料)を行った後、動画の視聴にお進みください。


CHILWELへ▶▶https://chilwel.jp/entry/pass_code 



動画は全部で7種類。興味のあるテーマを選んでご視聴ください。


▼動画視聴はこちら
https://chilwel.jp/news/5wbl3w


○基礎のお話
○小児気管支ぜん息
○アトピー性皮膚炎
○産後すぐからの正しいスキンケア
○食物アレルギー
○アナフィラキシーとその対応/エピペンについて
○食物アレルギーの食事と栄養




動画を観て、もっと聞きたい!ここを聞きたい!という時は【Q&Aセミナー】をご活用ください



小児アレルギー専門医等が動画の視聴者からの質問にお答えするリアルタイムのセミナーを毎月開催します。
参加者の顔や声は画面に出ないウェビナー形式なので、ご自宅から気軽に参加できます。

▼セミナー申し込みはこちら
https://chilwel.jp/news/5wbl3w


●申し込み受付中のセミナー●


2022年4月17日(日)10時~11時 【産後すぐからの正しいスキンケア】

 



佐賀大学医学部教授で助産師の佐藤珠美先生と、小児アレルギー専門医の伊東雅樹先生が、視聴者から寄せられた赤ちゃんのお肌トラブルの悩みに一つ一つアドバイスを行います。

我が子のお肌のことで質問したいこと、お悩みがある保護者(先着5名)は、事前に写真とコメントを事務局へ送ることで、セミナー当日にアドバイスを受けることが出来ます。赤み、ぶつぶつ、ざらざら、かゆみ、長く続いている肌トラブル、現在行っている治療のことなど、どんなことでもお気軽にご質問ください。

▼事前の写真送付についての詳細はこちら
https://chilwel.jp/news/n0glsf




2022年5月22日(日)10時~11時 【食物アレルギー】





食物アレルギーの治療や検査に関することはもちろん、子どもが通園、通学するうえでの不安やお困りごと、保護者だけでなく保育園や小学校の先生方、小児科をはじめ日々子ども達の健康を支える医療関係の皆様、子育て支援センターなどのスタッフやアレルギー児の祖父母など、どなたでもご参加いただけます。

申し込み時にご記入いただいたご質問に優先的にお答えしていきます。(当日もチャットにて質問が可能です)



仲間づくりや情報共有の場 【アレッ子 ママ&パパ 交流サロン】


▼受付中のサロン
2022年4月16日(土) 20時~21時
https://chilwel.jp/news/opeo1j

動画にも登場する小児アレルギーエデュケーター、管理栄養士の上野佳代子さんをホストに、どなたでも参加できる交流会を毎月開催!
「こんな時どうしてる?」気軽に話せる場です。カメラOFF、ニックネームでの参加もOK♪




上野 佳代子
管理栄養士
小児アレルギーエデュケーター

プロフィール
3人の野球少年を育てる母親です。趣味はお菓子作りと山登り。最近は天然石を使用したアクセサリー作りも楽しんでいます。
学生時代は陸上競技に所属しており、スポーツ選手の栄養管理に携わりたいという思いから管理栄養士を目指しました。現在は、食物アレルギーの臨床経験を活かし、保育所での講演のほか、食物アレルギーがある学童児の自立に向けた教室の企画、開催なども行っております。

その他の資格等
福岡県糖尿病療養指導士
NST専門療法士
【学 会】
日本小児臨床アレルギー学会評議員
日本臨床栄養学会
日本臨床栄養代謝学会
日本重症心身障害児者学会
【出 版 物】
食物アレルギーの栄養指導(医歯薬出版)
食物アレルギーのお弁当ABC(第一出版)ほか


メッセージ
皆さんこんにちは。私は、食物アレルギーの臨床に十数年従事しており、現在も地域での食物アレルギーの知識の普及や教室の企画、開催をしております。
お子さまに食物アレルギーがあると、日々の食事が負担になることも多いかもしれません。
また相談相手がいなかったり、周囲の理解が得られないと、1人で悩むこともあるでしょう。
そんなときは、このオンラインサロンに参加してお話してみませんか?最後にはホッと安心して笑顔になれる、そんな場にしたいと思っていますのでお気軽にご参加ください。

主催者情報



主催:一般社団法人ヘルスサポーターズイノベーション
   問い合わせ/contact@healthsupporters-i.com(寺野)

学術サポーター:ふ~やクラブ
共催:佐賀県
応援団:日本生命保険相互会社

*この活動はテルモ生命科学振興財団の助成により実施しています


●チラシ(PDF)↓はご自由にご活用ください(配布、掲示にご協力ください)

https://prtimes.jp/a/?f=d66145-20220405-465dfd1baed8970696c3edac86d8607d.pdf


https://prtimes.jp/a/?f=d66145-20220405-5aaee574b23994c12c3e1a461ebe9bc8.pdf



参考 ”お家で専門家と話せる安心を” CHILWELとは



CHILWEL(チルウェル) https://chilwel.jp/
はクラウドファンディング(https://readyfor.jp/projects/chilwel)により110人もの支援者から寄せられた240万円以上の資金をもとに開発し、近年、注目が集まるFemtech(女性が抱える健康の課題をテクノロジーで解決できる商品(製品)やサービスのこと)の1つとして2021年8月に本格稼働。助産師や保育士、管理栄養士、公認心理師、理学療法士、キャリアコンサルタントなど全国から30名以上の専門家が参画する多職種連携や、広告が入らない当事者視点の運営スタイルが特徴です。


男性の育児休業取得が当たり前になる社会を目指し、子育てを応援する社会を先導する「キッズ・ファースト企業」として、様々な取り組みを行う積水ハウスハウスグループ(https://www.sekisuihouse.co.jp/)にもご導入いただき、対象となる従業員様に無料でご利用いただいています。
詳しくは▶https://newscast.jp/news/5320135
積水ハウスグループが家族の妊娠・育児に寄りそうオンラインサービスCHILWELを導入

CHILWELは個人でのご利用のほか、企業や医療機関、行政などの団体で導入していただくと、その団体に属する全ての方にご利用いただける定額制サービスです。無料トライアルも行っておりますので、お気軽にご利用ください。
団体向け無料トライアルの詳細は▶https://chilwel.jp/news/k4l2yd




CHILWELで出来ること



以下の3つのメニューで、産前産後に必要な「身体」「こころ」「育児」をオンラインでトータルにサポートします。


1)オンラインサロン(両親学級・育児講座・身体ケア、フィットネス、離乳食講座など)が受け放題

毎日開催されるリアルタイムのサロンは、その場で専門家に質問が出来るほか、見逃し配信(アーカイブ)も行っています。参加者のカメラは、ONでもOFFでも好きな方を選べ、顔出しが苦手な人も子育て仲間とつながりたい人も安心して利用できます。




2)大学等と連携した子育てお役立ち情報(読み物や動画の配信)

いつでも好きな時に読めるコラムや視聴できる動画を多数掲載し、【妊娠-出産-子育て-働く】に役立つ情報を発信していきます。また、連携している佐賀大学助産学領域や、西九州大学リハビリテーション医療学部門のほか、小児アレルギー専門医の方々の知見もコンテンツ化してお届け。積み上げてきたネットワークがあるからこそ実現できる豊富なラインナップで、ママ達、パパ達、それを支える子育て支援者のみなさんの「知りたい!」にお応えしています。


3)お家で専門家に聞ける安心を。20分のオンライン相談

助産師をはじめとする各分野のスペシャリストがしっかりお話をうかがって、一緒に考え、モヤモヤが晴れるようお手伝いしています。柔軟な曜日や時間帯で予約枠を設定しています。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)