ホテル・レジャー

【メディア向け内覧会・4月21~22日開催】世界遺産・熊野古道のヴィラ型コンテナホテル「SEN.RETREAT CHIKATSUYU」開業

株式会社日本ユニスト
緑豊かな里山で、日常のストレスをリセットする「リトリート体験」を

株式会社日本ユニスト(大阪市、代表取締役・今村亙忠)は、世界遺産・熊野古道沿いの街・和歌山県田辺市中辺路町近露に、無人運営のコンテナハウスヴィラ「SEN.RETREAT CHIKATSUYU」を2022年4月28日(木)、開業します。開業に先立ち、4月21日(木)・22日(金)に内覧会を開催することになりました。施設の内覧をはじめ、当ホテルのコンセプトや、自然の中で日常のストレスをリセットする「リトリート体験」の提供内容などについて、メディアの皆様に向けてご紹介します。 ※内覧会の詳細・ご案内は、メディア関係者限定の特記事項をご覧ください。



公式サイト〉 https://sen-retreat.com/



熊野古道に点在する宿「SEN.RETREAT」


「SEN.RETREAT」は、大自然の中でストレスをリセットする「リトリート体験」ができる無人運営宿のブランドです。熊野古道の主要な参詣道「中辺路」沿いに泊まり歩ける宿を計4カ所作る計画です。第1弾として、標高300mの山間にある集落・田辺市中辺路町高原で、空き家をリノベーションした一棟貸し宿「SEN.RETREAT TAKAHARA」を2021年10月、開業しました。



SEN.RETREAT CHIKATSUYUについて


続く第2弾として、古くから熊野詣でにぎわった宿場町・中辺路町近露に、「SEN.RETREAT CHIKATSUYU」をこの度開業します。コンテナ1棟を1つの客室としているため、外から直接部屋に出入りでき、密を避けられるつくりとなっています。
山中で大自然に囲まれたTAKAHARAとは対照的に、CHIKATSUYUのテーマは「遊び心満載の、ちょっとルーズで心ゆるまる宿」。愛犬と過ごせるプライベートガーデンや焚き火を囲めるテラス、宿泊客自身で焼くことのできるピザ窯などを備えています。非日常にワクワクしたり、気の置けない仲間や家族とゆったり過ごしてホッとしたり、リラックスできる空間に仕上がる予定です。「熊野古道を訪れる観光客=トレッキング目的のみ」という現状を変えるべく、さまざまな観光目的の方に楽しんでいただける宿を目指します。





自然由来の地元食材を使い、お客様自身で料理を作る


❖本格石窯で自ら焼き上げるピザ・燻製・犬用ジャーキー

和歌山の食材を使って、自ら料理を作り、味わう体験をお届けします。発酵したピザ生地に、地元産の野菜やベーコン、チーズをトッピング。窯で3分ほど焼けば、生地がこんがり、チーズもとろりとしたピザが出来上がります。ピザ窯の横に設置する燻製窯では、紀州材チップを使ったベーコン・チーズ・ナッツの燻製のほか、地元で捕獲された鹿(ジビエ)の犬用ジャーキーも作れます。ピザ窯と燻製窯は、クラウドファンディングで多くの方から資金協力をいただき、製作できたものです。




❖プライベートガーデンで仲間や家族と作り上げる夕食
地元食材をプリペアードスタイル(用意されている食材をお客様で料理する形式)でご提供します。
 ・溶岩プレートで紀州うめぶたBBQ
 ・熊野野菜のチーズフォンデュ
 ・低カロリーのアヒージョ


❖豆から挽いたコーヒーとともに、ホットサンドを味わう朝
朝は近露の自家焙煎珈琲店「CABELO」から取り寄せた上質な有機栽培コーヒーを、お客様ご自身で豆から挽いていただきます。朝食には、ベーコンやチーズなどの具材を挟んだホットサンドをご用意しています。
※画像はイメージです
※画像はイメージで


リトリート体験で素直な自分と再会する


都会の日常生活ではできない体験に触れ、健やかな心身を取り戻すお手伝いをします。プライベートガーデンでは、夜風に吹かれながらスクリーンで映画鑑賞をしたり、朝日を浴びながらヨガで心身を整えることができます。敷地の中央にある焚き火台では、マシュマロを焼くアウトドア体験も可能です。就寝前にはハーブティーを飲んで、旅の疲れを癒してください。

※画像はイメージです



和歌山の味覚を堪能する


「地産来消」を実現するため、地場産品にこだわりぬいた“オール和歌山”の地物で、熊野古道の旅に彩りを添えます。和歌山の食材を使用したドリンクを、オールインクルーシブ(※)でご提供。みかんジュースや梅サイダー、地元のクラフトビールなど、地場産品にこだわりぬきました。バーベキューのお肉には、ブランド牛「紀州和華牛」をご用意。和歌山の豊かな自然の中で育った、脂肪が少ない上質な赤身肉となっています。
※宿泊料金にドリンク類の料金が含まれており、好きなだけ召し上がり、お持ち帰りも可能な形式





施設概要






企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)